IFIリレーメッセージChloeのパワー

April 10 [Wed], 2013, 18:22


地下鉄のホームで見知らぬ女性に、「あなたも、Chloeのショーを見てきたところですか?」と声をかけました2003年の10月のパリ、全身をChloeでキメて、穏やかな満ち足りた表情をした女性でしたChloeの2004年SSコレクションは、見ている人をHappyにする素晴らしいものでした。テクニックやトレンドを超えた、幸せを運んできてくれるファッション。等身大のフェミニン、お茶目なセクシーさ当時、伊勢丹のバイヤーだった私のショーを見る基準は、まず「売れるか?」そして「どうやって売るか?」ビジネスバッグ TUMI。目の前を闊歩するモデル達を見ながらも、心は展示会。アイテム別の予算の配分やら、前年実績をクリアするには?プライスラインはどうする?等、邪念(?)が飛び交う状態それが当たり前になっていたのに、Chloeのショーが始まった瞬間にそんな思いは吹き飛び、フィービー フィロの創り出すHappyでRelaxした世界に没頭喝采の中、フィービーがランウェイを端まで闊歩し幕を閉じたショーは、感動的ですらありました今までに味わったことのない、幸せな気持ちを誰かと分かち合いたかったのか、私は、ショー帰りと思われるその女性に声をかけたのでしたいきなりの質問に戸惑いながらも、彼女は微笑みながら

「ええ、そうよ。すごく良かったわよね。感動したわ。」

「今、とっても幸せな気分になってません?」

「そうよね。何が一番よかったって、まだ残ってるこの気分かしらね。」

彼女はアメリカの専門店のオーナーバイヤーで、自己紹介と情報交換をかねて10分ほど話しました私は2004年8月から、Chloe、SeeByChloeのマーチャンダイジングを担当していますちょうど、地下鉄で女性に声をかけた一年後には、ChloeのMDとして、ショーを見ることとなったわけですが、あの時の、Happyな気持ちは更に増幅され、

自分がChloeで働いていることを誇りに思いましたしかし、同時に自分の重責具合もひしひしと感じたわけですが・・・Chloeはトレンドを変えていくパワーがあると確信しています。それも御仕着せではなく、自然に心から沸き立つ共感とともに。このHAPPY FEELINGを、一人でも多くのお客様に伝えるために、頑張っていこう、と奮闘している毎日です,おまけ・・・ファッション侍、参上!

私、イノウエモトコ♪

♪クロエのMDやってますぅーっていうじゃなぁーい?

でも、MDっていっても、(n)目方で (n)ドン! の略ですからーああっっ!残念っ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ビジネスバッグ TUMI
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像モンクレール 店舗
» IFIリレーメッセージChloeのパワー  (2013年10月25日)
アイコン画像モンクレール ダウン
» IFIリレーメッセージChloeのパワー  (2013年10月09日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/huashs/index1_0.rdf