お引越し! 

2005年06月04日(土) 22時52分
お家のお引越しのついでに、プログもお引越しすることになりました!
最近、中国語どころか日本語までおかしいと言われつづけている私。
こりゃあなんとかしなくてはいけません。

そこで、師匠のススメで日中バイリンガルで日記書くことにしました。
新サイトのURLはこちら↓


中国語・日本語学習者の皆さんに限らず、
ここの表現こうしたほうがいいよ!とかおかしいよ!とかあったら是非是非ご指摘下さい!

中国でハモネプ?! 

2005年05月17日(火) 23時18分
香港のMTVを見ていたら、梁静茹(LiangGingru)という女性歌手のライブ映像が流れていました。なんか聞いたことある曲だなあと思ってよく見てみると、私の好きな『南海姑娘』を、なんとサンバにアレンジして歌ってる!!元々は確かテレサ・テンの歌だと思うのだけれど、映画『スワロウテイル』の中で、上海人役のCHARAが、夜、焚き火を囲みながら歌ってたのを見てから大好きになった曲。フェイ・ウォンもカバーしてます。

で、そんでもってさらによく見てみると、ステージの上で10人ぐらいでハモネプしてた!!(私が留学に来る前は日本ではやっていたと思うのだけれど、今はどうなんやろう?)

かなりびっくりだけど、すっごくいい感じに仕上がってたので私的には大満足!
早速CD探しに行くぞ!!

ちなみに、梁静茹はBOOMの代表曲『島唄』を中国語でカバーして歌ったりもしてます。
タイトルは『不想睡(眠りたくない)』、もぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜びっくりするぐらい綺麗に歌い上げてます。おススメです。よければ聞いてみてください。

きなちゃんとの・・・。 

2005年05月15日(日) 17時34分
ちなみに、
きなちゃんとのラブラブデートの模様はこちらをご参照くださいませ。

DAYSの4月10日(日)の日記
おみくじは「吉」。↓

「東京行き」まとめ(蒲生邸ツアー除く。笑) 

2005年05月14日(土) 23時19分
私は常々、街と人との間には相性が合って、それが旅先であろうと、生まれ育った場所であろうと、相性が合わなければ居ることは出来ないと思っている。もちろん、住めば都という言葉もあるのだろうけれど、正直なところ、「私には東京は合わなかった。」と、思う。
たぶんそれは、独りよがりな変な思い込みによる所が多いだけなのかもしれないし、私が大阪で育ったからというのも大きな原因ではあると思う。(大阪人は多かれ少なかれ東京に対して変なコンプレックスを抱いている。)でも、初めて降り立った東京の街は春先だというのにびっくりするぐらい冷たかった。私の目に映った東京は、

人があまりにもそっけなさ過ぎて、そして、
必要以上に行儀が良すぎた。

飛行機を降りて一時間もしないうちに寂しくなった電車の中の私は、思わず隣に座っていた中国人留学生にしゃべりかけ、宿のお風呂ではお湯に浸かりながら、北京人の女の子と友達になった。(彼女は中国人なのに私より銭湯の入りか方が堂に入っていた。)

たったの四日間で何が分かるんだ、と言われたらそれまでだ。
そりゃあ、寅さんやさくらのいる葛飾柴又にでも行けば、威勢のいい江戸っ子に囲まれてがははは笑ってお団子を食べていたかもしれないし、現に、浅草のもんじゃ焼き屋の界隈なんて、私の大好きな下町の雰囲気がむんむんしていて最高だった。


でも、中国の首都にはやっぱり敵わないよ。



とはいえ、そんなワガママばかり言っている私がもう一度東京に行ってもいいかなぁと思えるのは、そんな私を東京にいながらにして中国ワールドに引き込んでしまえるキナちゃんがいるからかもしれません。


これからもよろしく。お手柔らかに。

そのわけは・・・ 

2005年05月03日(火) 23時22分
無念にも桜田門を拝むことなく蒲生邸ツアーを終了した私ですが、
なんとしても見ておきたかったもう一つの名所といえば、

「東京駅」

この赤レンガの駅舎めがけてダッシュしてきたわけは・・・



「東京駅の設計者と大連と瀋陽(中国)の駅舎の設計者は同じだから!」



いつか大連と瀋陽に行って見比べないとね。

一人蒲生低事件ツアー! 

2005年05月03日(火) 22時58分
東京三日目。
大事な用事はさっさと済ませて、午後からは、一人官公庁街歩きです。
その名も『一人蒲生邸事件ツアー!』

・・・・・・・・・
ええ、なんていうんですか、あのぉ。
たまたま私、宮部みゆきの『蒲生低事件』という「2.26事件」を題材にした小説を読んだばかりで。ええ。妄想癖があるのは昔からですが、小説の世界にどっぷり浸かってしまったら最後、なかなか抜け出せません。そんな折にに決まった東京行き。何が何でも、その舞台に行かねば気が済まなかったものですから。。まあ、しばしお付き合い下さいませ。(※場所柄、写真はご勘弁下さい。笑)

土地勘も無いのに、とりあえず小説に出てきたという理由だけで、勢いで降りてしまった「赤坂見附」。「桜田門まで歩きたいのですが。」というと、かなり冷ややかな目で駅員に止められました。それでも負けませんよ。コンコースを歩いてまずは永田町へ。地図とにらめっこしながら、土砂降りの中、スーツとヒール、昨日買ったばかりのリクルートカバンをもって、最高裁判所の雨に打たれる桜を愛で、皇居のお堀をぶらぶら。かなり不振人物に近い様子で、国会をぐるりと一周。警察官の娘としてはなんとしても、「警視庁」をこの目で!!と意気込んでいたのもつかの間、時間切れのため無念のリタイヤです。いいもん!次は絶対に桜田門メインで来るから!(あほ)

東京VS大阪?! 

2005年05月03日(火) 22時40分
お昼はきなちゃんと見つけた
「もんじゃ焼き屋さん」で
お好み焼きミックスと切りイカもんじゃ。

「本場大阪の味!」とうたってるだけあってお好みやきはほっぺが落ちるうまさでした。

もんじゃは?!
ごめん、きなちゃん。
正直に言います。

もんじゃはやっぱり・・・・・・
おいしかったけれど、グロデスクです。(笑)

二年ぶりの桜。 

2005年05月03日(火) 22時27分
今年はいつもより遅く咲いてくれたおかげで、
桜の季節にも間に合いました。


留学前、しばらく見なくても大丈夫なよう思う存分見てきたはずなのに





やっぱり毎年恋しくなるのはこんな桜の季節。

おのぼりさん気分を味わいに。 

2005年05月03日(火) 1時18分
一週間前に決まった突然の東京行き。

今回の日程は3泊4日、
前後二日はホテルと空港の往復のみという
超強行スケジュール!

そんな慌しい中、
私のガイドさんになってくれたのは、
北京への短期留学以来5年ぶりの再会となった、

きなちゃん。


今日ははおのぼりさん気分を味わいに、
浅草・上野ツアーに連れて行ってもらいました。

東京の街へ出てきました。 

2005年05月01日(日) 22時35分

実は生まれて初めての上京。
東京についてはびっくりするぐらい何も知りませんでした。

そんな私がネット上で適当にとったホテルは
上野のビジネスホテル。

「あんた、なんで上野なんかに泊まってんの?」
「上野ってネオンギラギラな所だよ。」
「ピンク系の店いっぱいあるよ。」

挙句の果てには、
「中国人のツアーでだって使わない。」 

散々な言われ様。

めちゃくちゃ小さいシングルだったけど、
下町の一昔前の下宿先といった雰囲気が私は結構好きでした。
(ネオンからもちょっと離れてたよ。)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:huahuachina
読者になる
Yapme!一覧
読者になる