プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:htxwcbkkjihftk
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【ブログ】参院選での民主党の敗北、小沢氏の勝利を意味するか? / 2010年07月13日(火)
 11日投開票された参院選で与党民主党が惨敗し、菅直人政権は打撃を受けたが、1人の民主党議員は陰でほくそ笑んでいるかもしれない。小沢一郎前幹事長は、民主党が目標にしていた改選54議に届かなかったことを受け、菅政権の敗北を喜んでいる可能性がある。

 小沢氏は、自身が比例代表に擁立した柔道の女王、谷亮子氏が当選したことを、今回の選挙では数少ない明るニュースであると主張する可能性さえある。

 今回の選挙結果は、9月末の民主党代表選に向け、菅直人氏に宣戦布告することにより、党の隠然たる実力者という非公式な肩書きを取り戻すという小沢氏の野心を手助けすることになる。日本の政治に詳しい米コロンビア大学のジェラルド・カーティス教授は「菅氏は、身をかがめて守りに入るだろう」と話す。

 政治と金をめぐるスキャンダルで鳩山由紀夫前首相とともに辞任に追い込まれ、脇役に追いやられていた小沢氏は、選挙戦の最後の2週間、菅氏批判を強めていた。民主党の選挙運動の標語やスタイルから離れ、人里離れた地区で少数の群集を前に小沢氏は菅氏の政策を手厳しく批判した。かれは、菅氏が消費税を10%に引き上げる提案には特に反対した。この消費税引き上げ提案が今回の選挙での民主党敗北の決定的な要因となった。

 読売新聞によると、参院選応援のため兵庫県朝来(あそご)で街頭演説した小沢氏は、菅氏の消費税引き上げ提案について「経費は何兆円も省くことは可能だ」と訴えた。小沢氏は選挙戦が始まった6月24日以来、14回の演説――「ポピュリスト」のイメージ通りにその多くはビールのケースの上に立つ時もあった――を行った。演説でのトーンは次第に対決色を帯びるようになった。

 小沢氏は地元・岩手県奥州市での非公式な談話の中で「菅首相は消費税について話している。しかし他の候補は苦労しているようだ」と話したという。小沢氏は同市にある民主党候補の事務所を訪ねたが、同候補は留守だった。

小沢氏は再度、党での実権を握るため戦いを仕掛けるかもしれないが、過去の栄光だけでかれが権力の座に戻れるかは不透明だ。かつて民主党国会議員423人のうち、約4分の1が小沢派グループだったが、党の資金を握る幹事長職を辞して以来、その権勢は衰えているとされる。

 さらに国内メディアは小沢氏の取り巻きの数などを過大に報道する傾向があった。上智大学の中野晃一准教授は、いわゆる小沢チルドレンについて、かれの命令に進んで従うかは所与のものではないと指摘している。

 また、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑を不起訴とした東京地検特捜部の処分につて、検察審査会が今月末に2度目の「起訴相当」の議決を下せば強制起訴される状況にある。

【7月12日10時18分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000003-wsj-int
 
   
Posted at 02:39/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!