成年後見制度

September 03 [Tue], 2013, 16:48


通常の判断ができない人人が行った契約は無効ですが、判断力が低下していたという証明が難しいことが問題になっています。
このような事例を防ぐためにも、CFPになろうとする人にも知っておいて欲しいのが成年後見制度です。

成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があります。
法定後見制度では、下記の3タイプの人を後見・補佐・補助します。
成年被後見人は、日用品の購入など少額取引以外で、成年後見人の同意を契約はできません。
被保佐人は、取引はできますが、財産に関連した行為の場合には同意が必要です。
被補助人は範囲を決めます。
うちに、任意後見制度を利用して成年後見人を決めておき、判断力が不十分になったときに後見をスタートさせることもできます。

あいのの出来事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛伽507
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/htqwmnvy/index1_0.rdf