薬師寺でヨコチュー

September 04 [Sun], 2016, 23:06
育毛に良いとされる食べ物はたくさんあります。たとえば、コンブ、ワカメといった海藻類。その他、タンパク質補給のための大豆、ビタミンやミネラル豊富な緑黄色野菜、その他、いろいろな食物が挙げられてきました。青魚、唐辛子も育毛に効果ありと、民間療法として伝わってきました。ただし、これらは食べ物なので、一度に多量に食べて効くものではありません。育毛に良いとされる食べ物を中心に、多彩なメニューの献立で食べるよう注意を払っていきましょう。栄養のバランスが崩れると、抜け毛も増加を招いてしまいます。
髪を健康にしていくためには、頭の皮膚を、柔らかくするためのマッサージが有効です。指で血行が良くなるように、マッサージしてみれば、育毛の助けになるエネルギーが吸収されやすくなります。頭皮を傷つけないために、爪が伸びていないか確認してから丁寧に指先を使ってマッサージしてみましょう。やりすぎると逆に頭皮の状態が悪化してしまいますから、やりすぎないように注意しましょう。
東洋医学で頻繁に目にするツボの中には、健康な髪にするのに効果のあるといわれる便利なツボもあるといいます。マッサージで頭皮を揉むことがあれば、そのようなツボを刺激するのも一つの方法です。ただし、ツボをマッサージしたとしても明日にでも効き目が現れるわけがないのです。そのようにすぐさま髪が生えてくるなら、薄毛で悩む人なんていなくなるはずですもんね。
亜鉛は健康な髪にとって必要な栄養です。育毛に必要だからと言って亜鉛を食べ物から摂取したいところですが、体内への吸収が高くないため、それほど容易ではありません。亜鉛が含まれる食べ物を食事に取り入れるだけでなく、亜鉛の吸収を邪魔する加工食品などには気を付けて、避けて食べなければなりません。元気な髪を育てたいなら、亜鉛の摂り方はサプリなどが確実です。
育毛と言えば近年では薬を使用する方も増加しています。薬の中には育毛効果がうたわれていものがありますが、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、副作用というリスクはどちらにも付きまといます。安いという理由で、専門家である医者の処方をないがしろにすると、ネットで見かける個人輸入を使うと、偽物がまぎれ混んでいる可能性も私の知っている限りでは存在しています。
薄毛や抜け毛で相談に来られる方のなかには、体質的なものではなく、栄養の偏りが原因になっているパターンも少なくありません。栄養素が不足していると本来備わっている肌や体毛のターンオーバー機能が働きにくい状態となり、生えてくる毛より抜け毛のほうが多くなってしまいます。外食の多い方はもちろんですが、マーケットの惣菜などの出番が多い方は野菜の付け合わせがあっても少量だったりするので、注意が必要です。あるいはレトルト食品(カレー、丼の具、パスタソース)やパンだけで食事を済ませてしまう方、お菓子(特にスナック菓子)についつい手が伸びてしまう方、おつきあいの外食は仕方ないですが、それ以外の食生活を改善するべきでしょう。髪や地肌のための栄養をバランスよくとり、不健康な発毛サイクルから脱却しましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠馬
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる