花粉症になる原因って?

June 15 [Wed], 2016, 22:01
花粉症は、アトピー性皮膚炎(痒みのある湿疹が継続して出る皮膚炎です)や喘息等と同じアレルギー疾患の1つになりますよね。アレルギーとは、何かの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で異物が身体に入り込んだ時、その異物を排除しようとする身体の防御反応が過剰に起こってしまう事です。つまり、花粉症の場合、アレルギーを引き起こしている原因となる物質であるアレルゲン(血液検査などで特定できることもありますが、はっきりとはわからない場合も少なくありません)が、「花粉」と言う点もとなります。アレルゲン(ハウスダストや花粉、フケ、カビなどの他、特定の食べ物がアレルギーの原因になってしまうこともあるでしょう)となる花粉の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)は、現在国内でおよそ50種類以上、一説には約80種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)もあるのです。代表的なものには、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバ等が挙げられます。このなかでも、一般的に良く知られているのはスギ花粉(北海道には杉が少ないため、スギ花粉症が少ないといわれています)で、スギ花粉(日本特産の針葉樹である杉は、貴重な木材である反面、毎年、多くの人をスギ花粉症で悩ませています)は毎年2月から4月にかけて飛散します。このとき期にクシャミや鼻水(水分が抜けると鼻くそと呼ねれます)という典型的な花粉症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が2週間程度続いたとしたら、アレルゲン(アレルゲンではないのに、類似したアレルギー反応を引き起こすものを仮性アレルゲンと呼ぶこともあります)はスギ花粉(花粉症の原因として知られていますが、飛散する量と症状は必ずしも比例しないそうです)だと考慮してもいいかも知れません。また、スギ花粉(花粉症の原因として知られていますが、飛散する量と症状は必ずしも比例しないそうです)と並んでアレルゲンとして良く有名である花粉が、ヒノキ花粉です。ヒノキ花粉が飛散することはスギ花粉よりも少し遅く、3月から5月にかけてです。もし、スギ花粉(雄花と雌花があり、二月から四月の開花時期には、風にのって大量の花粉が飛散します)のピークが過ぎても、花粉症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が治まらないと言う方は、スギ花粉と共にヒノキ花粉にもアレルギー反応を起していると考えられるのです。また、ブタクサやヨモギの花粉は、秋頃に多く飛散します。花粉症はアレルギー疾患の1つですので、アレルゲン(アレルゲンではないのに、類似したアレルギー反応を引き起こすものを仮性アレルゲンと呼ぶこともあります)となる花粉を身体に侵入させないようにすることが、花粉症予防には効果的といえると思います
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/htmbnwei0ceerb/index1_0.rdf