コノハチョウで岡村

May 11 [Wed], 2016, 16:20
航行に燃費は絶対!燃費効率をアップさせるクルマの上り側について

車を運転する上で、《燃費》は重要です。
最近は燃費の良いクルマも増えていますが、燃費の素晴らしい上り方を心がけたいですよね。


ポイントは、
◎急旅立ち
◎急妨げ
◎急取っ手


この3つを除けることで、燃費の可愛いエコな運転をすることができます。
それら3つのポイントは、教習所でも習うポイントですから、
要するに燃費の有難い歩き側は教習所で習った通りに走行すると可愛いというわけです。
長期間運転していると、ついつい教習所でののぼり方を忘れ気味ですが、
昨今一度の乗り方を変えてみてはいかがでしょうか?


ただ、完璧に教習所と同じように運転していると、
周囲の支障に至る場合があります。
教習所はクルマの開発ですから、習ったままの航行でも問題ありませんが、
公道に出るとそういうわけにはいきません。
出方の悪賢い乗員もいますから、きっちり法的なのぼり方をしている側は多くありません。
最低限の礼典を守り抜き、急○○を遠退けることで、
燃費を維持して運転することができるでしょう。



可愛い歩き回り方をしていれば、燃費を極端に下げずに運転できるというわけです。
昨今一度、自分の乗り方をチェックしてみて下さいね。

大切な愛車を長持ちさせるクルマの上り側について

愛車は長く大事に乗りたいですよね。
頻繁にクルマを置き換える方もいますが、できれば同じクルマにずっとのぼりたい場所。
もちろん「替えポイント」はありますが、大事に乗じることで、
いつまでも素晴らしい状態で航行をすることができます。



というわけで、クルマを長持ちさせるのぼり方を紹介したいと思います。
まず、クルマを長持ちさせるということは、燃費を維持することが第ゼロになります。
燃費を長持ちさせるためには、
《急旅立ちをしない》《急妨げをしない》などが重要になってきます。
慎重に・・・というとクリアですが、
極端な旅立ちや妨げはクルマの苦痛も大きくなりますので、気をつけましょう。


また、ゆとりクルマに乗らないければ長持ちするのでは?
というのは、間違っています。
運転していないクルマは、逆にガタがきやすいので注意しなければいけません。
身体が汚れることはありませんが、燃費結果が意外と落ちてしまいます。


秘訣をまとめると、
○暖機航行を講じる
○暖機航行後の走行はゆっくり
○急**は遠退ける事象
○こまめにお手入れをする
○ガソリンタンクは満タンに
○オイルは特有を守って定期的に交換する
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナツキ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/htiiteer1neg1h/index1_0.rdf