Jamesのゆりっぺ

February 04 [Thu], 2016, 17:00
インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。高い費用も、一括払いには限りません。多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:スミレ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/htiilluagimhsu/index1_0.rdf