俊介のあや

May 02 [Tue], 2017, 21:05
残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告することで初めて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスをうけられます。医療費控除をうけようとすれば歯科医を利用し立ときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいて頂戴。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されていますね。

沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。



ネットのレビューなども参考になるのです。



人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。


インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいますね。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。


よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっていますね。
利点も多いインプラントですが、治療をうける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実にうけるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいますね。


痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するでしょう。



入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛向ことができて、見た目も義歯とは分かりません。この最新の治療法には、歯科医を初め、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっていますね。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良い理由はなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。


毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)を完璧に行ない、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はまあまあの費用を要することは確かです。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アンナ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる