赤堀が大西

April 24 [Sun], 2016, 16:35
介護士の存在は法律上、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。

とはいえ、急変時や、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験豊富な介護士であれば、一部の介護行為を認められる必要もあるのではないかと考えます。



介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。メイクをする女性の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのがおススメです。
スッピンとはまた違って、周囲の人が感じる印象もまた違ったものになるでしょう。よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。
それから、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、介護現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。

大変だと知りつつ、介護士という職業を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらいメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。


多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。階級として、婦長などは比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。

最近はパートの介護士や看護学生が介護施設で勤めているケースも珍しくありませんので、資格を持った正介護士という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。

収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。

介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが介護士の帽子といえるでしょう。そうはいっても、昨今では、少しずつ介護士の制服も変化してきており、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。



単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも物悲しく思えますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。人気が高いと思われる介護士ですが、意外と未婚の人が多いようですね。

調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、キャリアアップを最優先に考えるため、結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。



当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置の方法が変わってくるのです。


配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、視野を広げて、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。
将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人介護士の意欲も湧きやすいようです。
治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、職場においての有用性、必要性は高く、意義の感じられる仕事です。
病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、どこの介護施設でも日勤、夜勤とシフトを組んで交代でこなしていきます。


こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。
介護士は、患者と接する場合が多いので、印象の良いヘアスタイルにも配慮することをおススメします。
介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。


とはいえ、職場の環境や方針次第では、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを理解しておきましょう。二年ほど前から、介護施設事務として勤務しております。


普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、常にみなさん忙しく働かれています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。
けれど、私の心配とは無縁に、柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。



なんと子供を連れてきている介護士さんが結構目立つんです。
先生達も、歓迎している様子でしたし、和やかで楽しい会となりました。


夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える介護士ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。

入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。


簡単な伝言で済むレベルのものも少なくないですが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、とりわけ介護職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。


したがって、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。

毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、なぜ介護士がそんなに足りていないのでしょう。



それには改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが要因となっています。
介護士を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普通やることもたくさんあるのですが規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。

しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。さっきまで愚痴っていた人が突然笑顔になるのです。時々、介護士は女優みたいだなと思うことがあります。意外に思うかもしれませんが、介護士の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。


実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、ぴったりの職場でしょう。ちなみに、どういった仕事かというと介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。
日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。
介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの介護士がものすごい激務に追われているのです。少しずつ介護士を志す男性も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は深刻な現状を表しているといえます。特に90年代の終わり頃でしょうか、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であることを、知らない人はあまりいないはずです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族が食べていけるようにできる程です。こうしてみるとよくわかりますね。
介護士は高給を得られる仕事であるのは確実です。

比較的、高い給料をもらえる介護士ではありますが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。



一方、個人経営の介護施設になると、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。


勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。

一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。
あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。


会社員も会社によって給与が違うように、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。

総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。ですので、一口に介護士といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。


ですが、介護士であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそうとは言えないことも多いです。
ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規職員として勤務している安定している介護士に限って言えることであり、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。他業界の労働者と介護士を収入の面で比較してみると、少なくとも平均年収においては介護士の方が上なのだそうです。介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く一定数以上の需要が常に見込まれるので、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという専門職らしい長所もあるのでした。

ただ、良い面ばかりではありません。
高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。

介護士の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、もしも離職している期間があっても、再び介護士として働くことが比較的容易だということです。なぜそのようなことが可能かというと、介護士の職業が専門職であるからという理由と人が足りていないことが深く関与しています。
どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ条件に合えば50代だったとしても、復職が可能です。収入に関しては、介護士は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
介護士の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、Wワークをしようと思えばできるのです。
とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。ここのところ、ますます介護士は不足気味です。かつて介護士資格を取得したけれど、介護士をやっていないというケースは少なくありません。このように介護士が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは結局のところ、介護士の離職率の高さにあると言えるでしょう。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。



なんと、常勤介護士で約11%にも上るのです。職場の大半を女性が占めており、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。
介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。



とは言え、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。

新卒ですぐに勤めた介護施設では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。



でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。介護士が働ける場所というのは介護施設に限りません。それはどこかというと、介護施設です。

そのうちのグループホームでも介護士の活躍が期待されています。グループホームで生活しているのは、基本的に認知症の方ばかりなので、特別な配慮が必要となってきます。

介護関係に携わりたいという介護士の方は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。

この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。介護士の養成を目的とした、専門の教育機関はいくつか種類があるのですけれど、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることがほぼ確実なのです。



将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。

介護士としての勤務は、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。それが理由なのかはわかりませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。



しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと耳にすることがあります。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最もいいと思います。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/htesewt9etsrs7/index1_0.rdf