「まつ毛育毛剤副作用」について。クレアの育毛の仕組み検証ブログ

August 25 [Thu], 2016, 1:14
副作用が少ないとされる医薬部外品の育毛剤を比較しながら紹介していきます。チャップアップやポリピュア、プランテルなどが医薬部外品の育毛剤の中で人気があります。育毛剤で有名なものはリアップだと思っていましたが、医薬部外品ではありません。第1類医薬品に分類されるため、薬剤師さんの指導が必要となります。とりあえず今回は、IQOS・BUBKA・CHAP UPの3つを、人気のある医薬部外品の育毛剤として、比較していこうと思います。最も重要な内容である成分ですが、実は医薬部外品指定の有効成分は同じものになっています。一つ目の有効成分は、グリチルリチン酸ジカリウムです。これは炎症を抑える作用があります。ニキビケア商品などにも含まれています。荒れた頭皮を整えてくれるでしょう。次に、塩酸ジフェンヒドラミンです。こちらの成分も、頭皮の炎症を抑えるほか、かゆみなども抑えてくれます。さらには血行を促進させる効果もあります。最後にご説明するのは、センブリエキスです。センブリという草から有効成分を抽出したもので、アマロゲンチンやアマロスウェリンという、毛乳頭細胞を活性化する成分を含んでいます。その作用により、毛髪育成を促進させる効果があります。このように3つの人気育毛剤で有効成分だけをみると3つとも同じものとなっていますが、配合比率やその他の成分、人によっての効果の違いもあるためどれでも同じというわけではないと思いますので口コミ、レビューなども参考にしながら育毛剤を選ぶことをお勧めします。医薬部外品の最大のメリットというのは、女性禁忌の薬とは異なり副作用が少なく多くの人が利用出来るということです。髪の毛が薄くなってきたり、抜け毛が増えたりしたら試しに使ってみるのもいいと思います。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuu
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/htaqipp5grex2x/index1_0.rdf