絆のホルモン

February 26 [Tue], 2013, 16:39
ミュゼ札幌
寝姿を見ることで、入居者さんが動物をすごく愛おしいと感じることによって「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレス緩和やヒーリングなどに結びついているのです。
学校等大規模な団体生活をする際に、花粉症が原因で他のみんなと同じように外で明るく走り回れないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。
明るくない所では光不足のため見えにくくなりますが、より一層瞳孔が開くため、水晶体のピントを合わせるのに余分な力が使用され、結果的に光の入る場所で物を眺めるよりも疲労が大きいと言えます。
真正細菌の一種である結核菌は、人間が「せき」をすることによって外気や内気に飛び散り、空気中にふわふわ浮遊しているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことで次々に感染します。
トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ機能が一段と有名だと思いますが、それ以外にも肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが確認されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ささお
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ht6s16/index1_0.rdf