韓国通信大手SKテレコム 大韓航空と業務提携

October 15 [Sun], 2017, 16:04





 【ソウル聯合ニュース】韓国通信大手のSKテレコムは3日、ソウルの本社で大韓航空と戦略的業務提携のための協約を締結し、大韓航空を利用し中国と日本を訪問するSKテレコム利用者にローミング料金を最大80%割り引く。

 今月8日から年末まで、同地域に出国する利用者に「大韓航空エクセレントTローミング」サービスを提供する。

 利用者は5日間、5万9000ウォン(税別、約5217円)ハイパーヴェノム3-アンダーアーマー バッシュローミングを無制限で利用でき、音声通話発信を100分、ショートメッセージサービス(SMS)を100件利用できる。

 同サービスを利用しない場合、音声通話は現地から韓国に発信すると1分間にそれぞれ2000ウォン(中国)、1200ウォン(日本)、SMSは1件当たり150ウォンかかる。データ通信は「Tローミングデータ無制限ワンパス」に加入すると、1日9000ウォンで使い放題になる。

 「大韓航空エクセレントTローミング」サービス加入方法は、Tローミングや大韓航空ホームページを通じ必要事項を入力する。

 SKテレコムは大韓航空の外国人利用者を対象にしたプログラム「大韓航空エクセレントボーディングパス」にも参加する。大韓航空を利用し韓国に到着した利用者は、仁川、金浦空港内のSKテレコムローミングセンターで携帯電話やルーターを通常の半額の1日1500ウォンでレンタルできる。