浅見が津本幸司

June 05 [Mon], 2017, 17:45
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大切なポイントだと言えますね。
熱によって失われやすい葉酸は、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。加熱が必要な食材やメニューの場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、熱は通す程度にした方が良いと思います。こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを利用するのが手間がかからず良いと思います。
栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。こちらの会社が販売している葉酸サプリには幾つかの種類があります。殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。複数のサプリを飲む必要が無いので、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けに挑戦してみました。その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安でドキドキしていました。結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。産み分けをして良かったと思っています。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活を見なおしてみるのは大切だと思います。精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が劣悪だと妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望めません。妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。健康的な食生活を続けていくことが大事です。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。赤ちゃんの健やかな成長を促すために、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸の摂取を心がけてみてください。
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが適切な摂取方法だと言えます。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よく働けるという訳です。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですからサプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。例えば、妊娠前から葉酸を摂取するように、と何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを利用すれば良い、とも書いてありました。葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
友達の話ですが、妊活中に漢方を服用していました。その子によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心感があると思います。漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠できたので、良かったと思っています。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。排卵誘発剤の服用を始めると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:花音
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hsmrc6torhu2yu/index1_0.rdf