ラグナとカレン

July 26 [Wed], 2017, 18:28
妊娠中、経過が良好であれば、医者に少しでも体を動かす習慣を続けるよう指示されるかもしれません。
赤ちゃんを産み落とすのにとんでもない体力を消耗するので、妊娠中はできるだけ体力を付けておいたほうが良いのです。
また、体重増加を緩やかにする目的もあります。


しかし、お腹の張りが頻繁に起こるなど運動を制限されている人は、お医者さんの指示には従ってください。
どんな場合でも、軽い運動を取り入れるのは経過が健全な人にだけ許されています。妊娠中に注意しておくべきことはたくさんあります。


季節を問わず、とにかくお腹を冷やさないこと、重い荷物を担いだり、棚の上などに手を伸ばさないこと程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、早寝早起きをして健康的な生活リズムを作ること。どれも妊娠中は誰もが注意されることだが、もう一点、私が何よりためになったと感じていることはこれである。


産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。
優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉は忘れられない日々である愛する旦那様との赤ちゃんって本当に嬉しいですよね。妊娠を知った時、すぐに旦那に言いました。



しかしこの後おそってくる悪阻が非常につらかったことを覚えています…。



私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、軽く朝食を摂るとまた吐き気に襲われました。日中はそのままずっとベッドの上。


夕方は旦那の晩御飯を、途中で吐いては調理し、必死の思いでつくりました。ピーク時は全く作れませんでしたが…。けどいつかは必ず終わるものなので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう。
妊娠している間は大変太りやすくなります。この前、夫婦二人きり最後の旅行に出て、全力でハメを外し、美味しいものをいっぱい食べました。

家へ帰ってきたら出発前より3kgも体重が増えていました。

たった2日で3キロも太ったのは生まれて初めてでした。



妊娠前は食べ過ぎても次の日に食べる量を抑えたらちゃんと体重が戻ったのですが、妊娠期間中は違いました。

ご飯を食べなくても痩せないのです。

栄養を取りながら体重管理をするのは苦労しますが、可愛い赤ちゃんの為にはここが頑張りどころです。

妊娠している間は体重は増えやすくなります。


私はあまり太らない体質でどんだけ食べても太らないし、仮に太ったとしても痩せると思い、好物を気の向くままに食べていました。

しかし、最終的には15キロも太ってしまったので、料理、洗濯など、日常の動きがとても大変でした。もう産後1年経ちますが、まだ体重は戻っていません。世間や医師のいう事は正しく、栄養のことをちゃんと考え、食事にも気を付けて、運動をすることが大切だと思いました。

妊娠中にでべそのようになり不安を抱える女性が多いです。


お腹が大きくなってくると当然お腹の皮膚も伸びるため、おへその窪みが浅くなることは避けられず、外におへそが出ているような、いわゆるでべそになりやすいのです。



赤ちゃんや子宮が大きくなることで、内側からおへその窪みが浅くおへそも押し出されるようになっても当然のことなのです。


妊娠中に気をつける事は、食べ物や栄養バランスを見直すことです。

お腹の子は自分自身で栄養をとることが出来ないためお母さんからもらうことから、母親がとるものは気をつけなければなりません。
カフェインは絶対にダメです。



コーヒー、ウーロン茶、紅茶にはカフェインが含むので控え、お酒やタバコもやめましょう。


また、コンビニなどのカップ麺のようなインスタントは塩分が高めなので控えてください。
体に優しい家庭的なものを摂取することが大事です。
フルーツなどビタミンが多い食べ物もいいですよ。


臨月に入ると、積極的に体を動かし、出産に向けて体力をつけるよう勧められます。簡単なウォーキングであれば血液循環がよくなり、むくみや妊娠中毒の予防につながります。


出産時にはかなりの体力を消耗するので、体力をしっかりつけることも欠かせません。
一方、過度な運動をすると、お腹の張りがきつくなることもあるので、適度に、のんびり気分転換できる程度に留めましょう。
妊娠中は簡単に体重が増えてしまいます。



基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、もし太ってもまたすぐに痩せると思い、好きなものを好きなだけ食べていました。しかし、あっという間に15キロも太ってしまい、普段の家事ですらかなり大変でした。
出産してから一年経ちますが、まだ増えてしまった体重は落とせていません。世間や医師のいう事は正しく、栄養を考慮して食事も制限し、運動も欠かさずにすることが重要だと感じました。出産するまではのんびりめの生活に浸りましょう。
妊娠初期の間は病院の診断でお腹の張りと言われてもなんとなくしか理解できないと思いますが、なにはともあれ負担をかけないことです。



気持ちは普段の身体のつもりなのでこれは問題ないとかたくさんやることがあって忙しいと気持ちが急ぎがちですが、必要以上に動くと切迫流産で入院することがあります。



ちょっとでも疲れを感じたら、体を休めるのがもっとも良い方法です。
リラックスしたスローライフも気持ちがゆったりして良いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優衣
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hslpeoiwomo05s/index1_0.rdf