口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化する可能性もあります。

January 26 [Sat], 2013, 18:04
痛みが発生するのは毎日ではなく不定期で起こります。シアリス
最初は八味地黄丸という漢方を試しましたがいまいちピンとこなかったので次は婦人科系でよく出てくる当帰芍薬散を試しました。
私にはこれが合ったようで、4か月ほどのんで結構効果がありました。
あと、食生活が乱れていたのでお昼も外食はやめて、お弁当にしています。
今では、当時に比べるとかなりマシになりましたがずっとしゃべり続けたり、ずっと何ものまないでいると症状がでますので、その時はガムをかむようにしています。
昔はガムは味が無くなったら噛んでいられなかったのですが、ドライマウス当時はびっくりするぐらいずっと噛めるようになりましたとにかく、舌が痛いのって予想以上にツラいですよね。味もよくわからないですし。
なので、とりあえずの緩和法としてガムを日常に取り入れつつ漢方、サプリをさがされてはいかがでしょうか。
舌の付け根の辺りからその周辺、喉の辺りまでが話したり、物を食べたりする時に痛みます。
痛みが発生するのは毎日ではなく不定期で起こります。
このような症状がでる病気はありますか?
痛みは舌が動かなければありませんし、痛みが強いわけではありませんが、話をしたりするときにうまく話せない時もあります。
口内炎が一番可能性が高いですが何とも言えません。口内炎は口腔内のどこにでも出来ますので、口を開いて見ただけでは分からない場合も有ります。一度口腔外科か歯医者さんでも診て貰えますので受診をして下さい。直ぐには治りませんが、放置するよりは短期間で治ります。
1週間ほど前に舌の下にあるひだの左側が枝豆くらいにふくれているのを見つけました。
最初は口内炎かと思っていましたが、痛みはなく小さくなる様子もありません。威哥王
先の方が白っぽくなっており、端には水ぶくれのようなものがあります。なにかの病気かと心配で来週歯医者に行く予定なのでついでに見てもらおうと思っているのですが、歯医者でも大丈夫ですか?
原因1 同じような症状であっても原因はさまざま口内炎は同じような症状でも、その原因はさまざまです。特に「アフタ性口内炎」や「カタル性口内炎」などは、はっきりこれと言える原因が特定できません。しかし、いくつかの要因から引き起こされることはわかっています。たとえば、「歯や入れ歯が粘膜に当たる」「乱暴な歯磨きで粘膜を傷つけた」「熱いものを食べてやけどをした」「口の中の粘膜をかんだ」といった“物理的刺激”、「歯磨きやうがいをしない」といった“口の中の衛生不良”、「病気や過労などで体力が低下している」「ビタミンB群やビタミンA、ミネラルなどが不足している」といった“体の不調”などが要因だと言われています。また、抗生物質やステロイド剤を多く使用している場合にも、抵抗力が低下し、起こりやすくなるようです。
原因2 ウイルスやカビなど特定の原因がある口内炎もある口内炎の中でも特定の原因があるものもあります。それは、ウイルスやカビなどに感染した場合やアレルギー反応が起こった場合です。「ヘルペス性口内炎」は、単純ヘルペスウイルスの感染が原因。また、口の中に白いこけ状の斑点ができる「カンジダ性口内炎」は、カビの一種であるカンジダ菌の増殖が原因になります。「アレルギー性口内炎」は、特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こしたもの。「ニコチン性口内炎」は、ニコチンというよりも、主に喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こると言われています。口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化する可能性もあります。
原因があればそれに対処することが大切歯や入れ歯が当たる部分に口内炎ができた場合は、歯並びの矯正や合わない入れ歯の修理などが必要になります。また、粘膜を傷つけないために、適切なブラッシングを心がけるようにしましょう。適切なブラッシングは、口腔内を清潔に保つ効果もあります。狼1号