発想の転換で!“苦手な人とでも平気で話せる3つのコツ”

January 29 [Wed], 2014, 14:10
精力剤精力剤


誰にでも「苦手だな」と感じる人はいますよね。苦手な人と会話をするのはそれだけでもストレスです。

今回はそのストレスを少しでも軽減するために、“苦手な人とでも平気で話せる方法”をいくつかご紹介したいと思います。


●自分で会話を仕切ろうとしない
会話をするのが苦手だと感じている人の多くは「自分が話題を提供しなければならない」と勝手に思い込んでいる傾向があります。

その思いこみからくる焦りとストレスで変なことを言ってしまって自己嫌悪・・なんてバッドスパイラルに陥ることも。

まずはその思いこみを捨て、話し手ではなく「聞き手役」に徹してみましょう。

特に話題がない場合は、 無理に話をしようとせず、相手が話しはじめるのを待ってみましょう。

相手が話しはじめたら、相手が気持よく話せるよう、その話を深堀したり、広げたりしてみてください。

もしかしたら会話の中で、新しい発見があり相手の印象が変わるかもしれませんよ。


●苦手意識を封印!
苦手な人とはうまく話ができなかったとしても、家族や仲のいい友達とだったら楽しく話ができますよね。

そう。「苦手な人と話ができない=話下手」ではないのです。

苦手意識を持ち、自然体でいられなくなることが、うまく話ができない原因。

それを解消するためにはまず相手のいいところを考えて、「相手が好き」と無理やりでもいいので思いこみましょう。

「苦手」という意識を「好き」という意識で上書きすると、徐々に話しやすくなってきますよ。


●嫌われたくないと思う気持ちを捨てる
「誰からも嫌われたくない」と思っていませんか?実はその考えが苦手な人をつくる原因となっているかもしれません。

嫌われたくないと思い、人に好かれようとすればするほど、他人の目や評価が気になるものです。

相手に受け入れてもらおうと自分を偽ってしまう時もあるかもしれません。

しかし実際は、その行為があなたにとっては大きなストレスになっているのです。

なかなか理解できない相手の場合、無意識のうちになんとか好かれようとしていて、神経過敏になってしまうこともあります。

よく言われる話ですが、全員から好かれることは難しいもの。

人から嫌われたっていいやくらい軽い気持ちで接するようにしてみましょう。

もちろん人が嫌がることをしてもいいということはでありませんのでそこは注意してくださいね。


いかがでしたか?全ての人に好かれようとするとそれだけで窮屈な毎日になってしまいます。

適度に距離を置いたり、考え方を変えてみたりして上手に人付き合いをしていきましょう。
by 西田ひより双効バイアグラ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hsewesewgsd/index1_0.rdf