小田島が広(ひろし)

December 12 [Mon], 2016, 9:24
重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、理想的には授乳が終わるまでとされています。
それは長すぎるというならば、少なくとも妊娠中期の終わりまでは葉酸を多く摂るよう心がけてください。


葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。


母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので欠乏しないように意識的に摂ることが必要とされています。

現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくらい生まれているかというと全国の出生数に対して、平均4%と言われます。

高齢での出産など、様々な要因が考えられますが奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えば葉酸だといえます。胎児の細胞分裂が盛んな初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、妊娠がわかったときから、葉酸は絶対欠かせない栄養素と言っても全くオーバーではないのです。妊娠を視野に入れている、後、妊婦さんでなら、胎児の健全な成長のため、積極的に葉酸を摂取なさってくださいですが、摂取する量には注意するべきです。



摂取しすぎると、欠点があるみたいです。

どのくらい摂取すればよいのか、ぜひ確認してみてください。基本的に、妊活と聞くとどうしても女がメインにする事だと思われがちですが、子というのは夫婦の合意があって作るものなので、当然ながら男性も、妊活を考え実行する必要があると思います。



特に女性の排卵の仕組みを知って、どういったタイミングでセックスをすると、子供ができやすいのかということを正しく把握しておくことも男性にとっての立派な妊活だと思います。


妊娠を望んでいる方は毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。ビタミンB群の一つである葉酸は、摂取しても尿に溶け出しやすいので毎日補充しないと不足してしまう性質を持った栄養素なのです。


モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。


妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に摂取した方が良いでしょう。
妊娠初期だけに葉酸が必要と言われますが、、実はそうでもありません。

妊娠中期から妊娠後期の期間にもお腹の胎児の発育を助けたり、悪性貧血から母子を守ったり、妊娠中毒症の予防となるなど妊婦には欠かせない役割をするのです。

授乳が終わるまでしばらくの間は、継続して葉酸を取り入れていきましょう。

何とかして女の子を授かろうと思い、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを全部調べ上げました。例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど真偽のほどはわからないのですが、できることは全てやってみました。

何とか赤ちゃんを授かって、重いつわりで食べられなかったときも葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか無事生まれてきたのは女の子でした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruka
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる