愛、このようににぎやかで、情のため豊富な字、川をかち渡って過ぎる後で、略顕は疲れきっています。

May 03 [Fri], 2013, 11:19
2人の偶数は会って、1基の都市の昔の事、浮かぶは世その足どりを囲んで、突然遠くて突然近くて、そんなにのは真実ではありません。

追憶は茶の味をみて酒をつぐもしことができるならば、過去1度のかつて蘇ることがない夢で、こので酔って、傷はこの。よく世の変転の中で、世の中で忘れて、浮かぶ世の恩讐を揺すぶり始めて、依然として溶けることができないでそれでは騒ぎ立てて、このようにつきまといます。エルメス ケリー 28 クロコダイル ポティロンオレンジ×シルバー金具 バッグ

心、自分ので、あの中の詰めたのところがいっぱいのあなた。はっきり知っているのは望みがなくて、またとても馬鹿な堅持で、実は結末はやはり早く到着します。エルメス ケリー 32 ギリーズ ルビー×ゴールド金具 バッグ

あなたに触れることができなくて、それで明日やさしい心に会って、消えてなくなる承諾の下でひそかに隠れて、歳月とっくにそっと伏線を下へ埋めて、浮き雲がだんだん暗い時、袖は風向きを見て行って、錯乱している盤面、お茶は涼しくて、あなたの影は風の中で方々に漂って、隠れて見えなくなるのについて。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hsdgy/index1_0.rdf