「チャップアップ成分表」を調べてみると・・・。のんのFAGA予防検証ブログ

September 04 [Sun], 2016, 14:13
副作用が少ないことが特徴の医薬部外品育毛剤についてご紹介していきます。CHAP UP、BUBKA、IQOSなどが、 医薬部外品の育毛剤の中で人気商品といえるでしょう。CMでもお馴染みのリアップ。育毛剤として真っ先にこれを思い浮かべる方も多いですが、リアップは実は第1類医薬品。薬剤師さんの説明と指導を受けなければ使えない商品です。本日は、チャップアップ・イクオス・ブブカの3つの商品を医薬部外品の育毛剤代表とし、比較してみたいと思います。医薬部外品の育毛剤の有効成分は共通しているので、まずはそれらをみていきましょう。最初は、グリチルリチン酸ジカリウムです。これは皮膚の炎症などを抑える働きをします。ですので、頭皮を正常な状態に戻してくれます。次に、塩酸ジフェンヒドラミンですが、かゆみや炎症を抑える効果と血行促進効果が期待されている抗ヒスタミン剤です。センブリエキスには毛乳頭細胞の活性化により毛髪育成の促進効果があるとされるアマロゲンチンやアマロスウェリンが含まれています。3商品とも、含まれる有効成分は同じなので、サンプルで実際の使用感を試したり、使用者の口コミを参考にして育毛剤を選んでみてはいかがでしょうか。医薬品育毛剤のいい点は、女性禁忌のプロペシア等の薬とは異なり、制限が少なく幅広く使える点です。抜け毛や薄毛が気になるとき、まずは副作用が少ない医薬部外品育成材を試してみることをお勧めします。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yua
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hryiwomtnnav1m/index1_0.rdf