Martinの宮村

December 30 [Wed], 2015, 3:05
妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。
レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。
妊娠に必須の栄養が多いので、毎日の食事でとっていきたいものです。
ただ、総合的に言えば、一つの食品群に偏らないことが理想的な食生活というのに変わりはありません。
その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。
一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りていないという方が殆どですから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。
葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。
葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
不妊が続く状態を打破するために、食生活から改めるのも一つの手かもしれません。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、乱れた食習慣を続けていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、望めません。
妊娠を望むなら、まずは体作りです。
栄養バランスの良い食生活を続けていくことが大事です。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。
葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。
あるいは枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが難しいということもあるでしょう。
特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。
そうした時にはサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できるという訳ですね。
妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。
亜鉛が卵巣に働きかけ、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。
質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hrmwcaeksteihs/index1_0.rdf