佳奈様と新倉

May 02 [Tue], 2017, 20:30
外科手術をうけた所以ですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけて頂戴。



日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。という流れはみなさん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。


しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあるという事実です。



糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)、糖尿病などで治療をうけている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意して頂戴。
どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。それは本当のことではないのです。



MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。検査には問題ないのです。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もまあまあいるようです。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べて頂戴。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。


持ちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒカリ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる