月鏡のまなざし 

May 14 [Sat], 2011, 13:34
漆黒の闇に 冴え冴えと光る
白き月か 私を見る
たおやかな君の まなざしのようで
吾が心に 点る灯火

君を君を待ちわびていた
時空を越えて 私の心 焦がすほど

夜に月 朝に暁の如く
私の腕の中へ
永久に 守り 続ける
いとけなき君を

玉砂利を踏んで 歩みゆく社(やしろ)
月鏡(つき)も共に 私を追う
両腕を広げ 月光を抱く
瞳閉じて 君を抱く如

淡き淡き月の絹糸
それは君と私 繋ぐ運命(さだめ)の糸

川に水 空に鳥が踊るように
ここへと おいでなさい
憂い 惑い この手に
全てを預けて


君を君を待ちわびていた
時空を越えて 無言の声が 聴こえたでしょう?

夜に月 朝に暁の如く
私の腕の中へ
永久に 守り 続ける
いとけなき君を
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kao
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる