今回レビューする「Galaxy Active neo」は、落としても大丈夫というのがウリのスマートフォ

January 25 [Mon], 2016, 16:45
今回レビューする「Galaxy Active neo」は、落としても大丈夫というのがウリのスマートフォンだ。iPhoneの画面が割れている人をやたらに見かける昨今だけに、強靱なスマートフォンに魅力を感じる人も少なくないだろう。
アイフォン6シャネル

【詳細画像または表】

 製品を初めて見たとき「なかなかスリムだな」と感じた。高耐久スペックに対応した京セラの「TORQUE G02」と比較してみよう。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 本体サイズはあまり変わらないのだが、重さにはずいぶんと違いがある。「スリム」と言えるほどではないが、「ヘビーデューティー過ぎない」と表現するべきだろうか。
ルイヴィトンiphone6sケースTORQUE G02のようなやり過ぎ感がないのだ。

「アクティブ」という名前が付いていることからも分かるように、Galaxy Active neoはアウトドアやヘビーな用途だけでなく、日常的にガンガン使って、落としても壊れにくいというわけだ。
CHANELマフラー

やり過ぎることなく強靭
 Galaxy Active neoは、ゴリラガラスの最新モデルを搭載し、さらに割れにくい設計になっている。本体を車のバンパーのような形状の外装で包み、さらに液晶の縁を高くすることで、画面が地面などに当たるのを防いでいるのだ。
エルメスiPhone6s plusケース

 Galaxy Active neoは、おそらく一般的なスマートフォンの何倍も強靱だ。しかし、地面に硬い突起があれば、割れることもあるだろう。
iphone6s plusケース万一落としても「大丈夫な可能性が高い」というだけのことだ。この堅牢なボディーでも、間違いなく傷は付く。
シャネルiphone6ケースサムスンのウェブページには「落としても平気」と書かれているが、高価なスマートフォンにちょっとでも傷が付くと悲しくなる僕は、「落としても平気」ではないと思う。
 auからリリースされる「isai(イサイ)」シリーズというスマホ。
手帳型 iphone5ケース製造メーカーであるLGの高い技術力を反映した高性能なモデルに、ちょっと異質なバリエーションが加わった。ハンドメイドで仕上げた本革モデルの「isai vivid(イサイ ビビッド)」だ。
アイフォン6エルメスデジタルなのに超アナログな、匠の技巧が新鮮だ。なぜLGはこんなスマホを生み出したのか?過去に発表された個性的なケータイを見れば、アナログ感覚にこだわる、ヒューマニックな姿勢を理解できるはずだ。
シャネルマフラー

■植物性タンニンなめしの天然本革を使用

 auが5月29日より発売中の「isai vivid」。美しい液晶にF値1.8のレンズを採用した1600万画素の高性能カメラ、プライバシーを守る高度なシークレット機能などが特徴。
CHANELマフラーラウンドした優美なデザインに約5.5インチの大画面が印象的。しかも防水防塵対応。
iPhone6sケースグッチ“最強スマホ”のひとつといえる、最先端のスマホだ。従来はシャンパン、ホワイト、ブラックの3色展開であったが、11月20日より本革の2タイプが追加になった。
シャネルiphone6 ケース

 牛の皮に植物性タンニンなめしを施した天然皮革を贅沢に用いる本革の背面カバーは、革製品の弱点である、熱に対する抵抗を高めるための後加工処理や、縫製の糸目が緩まないようにするコーティングなどを手作業で行っている。また、縫製自体もミシンを職人が施すため、ピッチの揃った美しい仕上がりになっている。
シャネルiphone6 ケース

 iPhone 6sを初め、最近は背面カバーが外せないスマホも多くなっているが、このisai vividは取り外し可能。別売の予備の電池パックを持っておけば、出張や旅行でも安心だ。
iPhone6sケース防水についてはこの本革背面カバーのタイプでも、本体部分については有効だが、革の部分は濡れると色落ち、変色、変形があるので要注意。

■デジカメそのままのケータイ

 覚えているだろうか? スマホがここまで支持を受ける以前に、ドコモは「PRIME、STYLE、SMART、PRO」という4シリーズでケータイを展開していたことを。
6Plusケースシャネルそのうちの「docomo PRO series」は、ややマニアックな端末を展開していた。その2010-2011年冬春モデル28機種の中でPRO seriesは3機種を展開。
アイフォン6エルメス「L-03C」というモデルをLGが製作していた。

 クラシックテイストのブラックorシャンパーニュボディに、ペンタックスによる沈胴式の光学3倍ズームレンズと1/2.3型CCDセンサーを搭載。
iPhone6ケース シャネル風1210万画素でクリアな画像を撮影することができた。3インチのタッチパネル液晶をもち、まさにコンパクトデジカメといった操作性を実現していた。
グッチiPhone 6sケース

■家具、インテリアデザインのビッグネームとコラボ

 家具やインテリアなどのアイテムを中心に、ロンドンを拠点として活躍するデザイングループ「CONRAN」。そのプロダクトデザイン会社「Studio Conran」によるシンプルデザインのストレートケータイもまた、LGが製作したユニークなケータイだった。
iPhone6ケースグッチ「docomo STYLE series」からリリースされ、その名の通りスタイリッシュなデザインは、ロンドンの街をイメージしたもの。これがドコモ2010年夏モデルの「docomo STYLE series L-04B」であった。
iPhone6 シャネル

 176°の「く」の字型ストレートフォルムは、画面とキーの角度を人の自然な動きや形に合わせて微妙に曲げられたもの。おかげで通話の時には顔にフィットし、ポケットに入れた時には体にフィットする。
シャネルiphone6ケーススマホ時代の現在でも、ストレートフォルムが使いやすいという人も多い。“通話”にフォーカスを当てるのなら、アナログ感覚のヒューマニックなデザインが、人にはフィットするようだ。
シャネルiphone6 ケース
 落としても割れにくい、かつ傷も付かないことを望むなら、ケースに入れればいいだけの話だ。Galaxy Active neoは、さらに防水にも対応しているし、ボタン類がしっかりしたサイズで押しやすいなど、アクティブに使うためのデザインが各所に施されている。
ルイヴィトン マフラー

 ヘビーデューティーを気取りたいならTORQUEをおすすめする。あまりやり過ぎることなく、強靱なスマートフォンを使いたいならGalaxy Active neoがマッチしている。
ルイヴィトンiphone6sケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:segtevxe
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hrfdsvxe/index1_0.rdf