ハルヒコがアルクゥ

February 15 [Mon], 2016, 13:59
調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、離婚するか気づかないままにするのか決めかねますよね。そうならないように、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。心から信用のできない人間と人生を一緒に歩むのはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう
浮気の裏付けをつかみ取るには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。しかし、探偵に依頼するのは費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵への浮気調査の依頼は、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるでしょう。時間給は、人数×時間で算出した費用です。調査にかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。
結婚した人の不倫を調査を調査員に行ってもらう場合、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを契約を交わす前に取り決めます。探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査にかかる時間が長いほど調査料金が高くなります。興信所などによって、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので簡単じゃありません。変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。
相手に全く覚られずに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が知らない間に客観的な証拠を撮影してくれます。
夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってひどい状況に陥るのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくありません。浮気の現場を直接つかまえるのも1つの方法でしょう。別れるつもりがあるならば、問題ないかもしれません。
離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するのがベストだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hrc01rea11faha/index1_0.rdf