畑山のテディ

April 22 [Fri], 2016, 12:15
法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、訴訟では分が悪いでしょう。どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定する場合もあるのです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。


思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことは本意ではないはず。
だからこそ、調査で証拠を確保することをおすすめします。探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。パートナーが信用できなくなってしまうと人生を一緒に歩むのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。
探偵社に任される仕事というと、その大半は素行(不倫)調査ではないでしょうか。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でご説明しましょう。


普通の調査では、依頼者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、ここぞという日時に限定して追跡し、証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。


過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。
お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。
とはいえ現在は、ウェブを見ればまともな会社かそうでないかは評判を集めるのは可能です。


安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところを見つけ出すしかないのです。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。
厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに体の関係を持つことを指します。もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。相手が油断している間がチャンスです。



探偵業者に依頼して、不倫の裏付けをとってもらい、多額の賠償を請求することによって不倫関係を一気に解消させることにも役立ちます。不倫調査で興信所を利用するなら、平均的な料金は知っておくべきでしょう。個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者だってないわけではありませんから注意が必要です。
そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、規定外作業や割増時給だの、割高な支払いを要求されることもあるので、コストテーブルについては事前に、きちんとした説明を求めるようにしましょう。なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。


最も確実な浮気の証拠は、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠をゲットするのはトラブルの要因にもなりかねませんし、代わりに探偵社に依頼することも候補に入れておくといいかもしれません。

本人に気づかれないようにして、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要とされる技術および機材があります。せっかく撮った浮気現場の写真も、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にはできません。探偵なら浮気調査をする場合、用途に適するサイズのカメラも用意し相手にバレないように顔がはっきり判る写真を撮ることができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉愛
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hr3ngabwaiocte/index1_0.rdf