掌で刻むことを大切にすることを

September 27 [Fri], 2013, 20:36
はかつてこのような時間があることを想像することがなくて、この翻る雨の夜で、世界は塗られて最も曇るほこりの色調になって、あなたは言います:私達は別れるのについて!よくすべての日を大切にします . 双方はすべて気をつけてあの記憶を触れて、心は恥じてとがめる中でぶるぶる震えて、数回が跳んで口もとの話がまた涙にまで(へ)そっと飲み込んで帰ることがありません。人生はこのように数え切れない残念な思いの中で前行に揺らめいて、いつも時間の補うことがある思っているようにしましょう。いつもこのような時間私達もあるすべての機会がすべて失ったことを知っていて、握るのは掌の手形や小切手の控えですでに破損した枯れて黄ばみます。規模が雄大で勢いのすさまじい心は冷たい霜の寒い雪を始めて、すべてのは持つすばらしい光景がこのように好機をみすみす逃してしまうことを渇望して、あなたはそっと私の涙に拭いていって言います:よくすべての日を大切にします .私達はもう若くなくて、夢のもう一つのでもう幸福を捧げて懇ろに待っていることを空想しません。無数な悲惨な境遇の日の過去は私達が依然としてひどく貧しい時に。夢は目が覚めて、目の前で悲しみ痛んで横柄なことに別れます。私達の得たのはすでに少なすぎて、1部まだ最も貴重なこれを失わなければなりません。雨のひっきりなしに続く下、私達は沈黙して、最後はあなたは私達の別れについてを言うようにしましょう!よくすべての日を大切にします .私達は以前の一寸の時間ごとにに感謝して懐かしんで、等候はあります,夢はあります,有無は助けて、更にいくらでもある楽しくて貧しい様子は守ります。日の出の山の山頂で、朝焼けの光の浅海で、かがり火のミカンの皮を干したものの光影の中で、私達のしたい放題をしたのは青春の風采に金銭を浪費しています。華麗な高音が落ちる時に、ついに人生がもう一つのページに入るべきなことを知っていました。時間は古くなって、あなたの顔つきは数年の間変わっていないで、ご光臨に別れて、ずっと多い言葉のあなたは意外にもこのように長い間沈黙しています。掌で刻むことを大切にすることを、世の中は花が咲いて、また落ちるのに関わらず、私の心は永遠に氷結して待って、その温かみの春を待って、あなたはかるやかに歩いてきて、象のとても長い前のその明け方、上品に再び私を呼び覚まします
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hqvvosu/index1_0.rdf