ちんちんの皮と放射能。

July 09 [Sat], 2011, 7:10
息子がカワイイです。タイトルが下ネタっぽいですが、ちんちんの皮の方は女性に読んで貰いたくて書いてます。本当に。ちんちんの皮男の子の母親になるとちんちんの皮が気になるようです。大人の男性のとも違うんで、ちょっとおかしいんじゃないかと。お医者様でもむいて洗って下さいとか訳わかんないこと言う人いますけど、無理にむかないでください。ただの児童虐待です。普通なのでほっといて下さい。他の子供と同じでしょ医者の判断に従う前に、必ずセカンドオピニオン別の医師の診断を仰いで下さい。一人の医者の判断が必ず正しい訳ではないので、こういう単語が存在してます。旦那様にも必ず相談して下さい。自分の中で一番説得力のあった記載哺乳類の動物全ても発情時以外では皮が被っており、基本的には性器を一回も洗浄しないが炎症は起こらない。持ってない人が集まって、持ってないモにいて相談しても無駄です。その相談に基づいて行動なんか起こさないでください。三人寄れば文殊の知恵ではなくてただの烏合の衆です。無理矢理むいた後に旦那に全力で殴られたとしても、たしかに家庭内暴力ではありますが自業自得です。無抵抗の子供にそれの何倍も酷いことをしていることに気づいてください。子供を思っての行動のもりかもしれませんが、無知が原因のただの虐待です。炎症起こす方が痛くないし、その時に診断して貰えば十分です。インターネットのネタで聞いたことがあったのですが身近でそんな話を聞いたのでせめて読んだ人だけでも避けて頂ければ幸いです。お茶の放射能お茶の放射能、静岡県の対応が納得いかない。規制値が納得いかないのは同じだけれども。お茶の製造過程で報道されているのは生葉荒茶製茶生葉は水分たっぷりで、荒茶にすると重量が15になるらしい。まり放射性物質の濃度は5倍程度になると見込まれている。荒茶で規制値をを超えるには生葉でのラインが怪しい。静岡県の発表したデータで生葉のデータでは伊豆に至ってはもありそれに対して製茶のデータ荒茶のデータと思って差し支えない伊豆は計算するまでもないが推定される荒茶のデータもちろん、伊豆にはのデータもあるし必ず5倍でもないのでありえない数値ではないんだけど。静岡県は規制がおかしいと主張しも現行の規制値を超えそうなに近いエリアは徹底的に調査して超えそうな領域は全てチェックしました。出荷したお茶で規制を超えるはありえません。と言う対応を取るべきであった。しかし今の対応は静岡県が上で公表したデータからは、規制値を超える事が推測でき、どう考えてもたまたま規制値を超えてないサンプルデータを持って来ただけにしか見えない。これで静岡の安全宣言出されて納得できる奴がいるのだろうか案の定、県が製茶のデータを公表する寸前に自主検査で生葉のラインを超える地域から、荒茶で規制値越えが発表される。さらにそのラインを超える地域のお茶がフランスで輸入規制される。お茶碗10個持ってきて、この中の1個に1滴だけ雑巾の絞り汁が入っています。絞り汁は煮沸したのでお腹を壊さないし、ほとんど大丈夫だからどれでも好きなの飲んでねと言われて水が枯渇していない今の日本で飲む奴いるかどう考えても他の飲み物飲むよね。農家を守ろうとした、静岡県の対応は結局消費者には静岡茶は危険なお茶が含まれているかも静岡のお茶は危険と伝わってしまい、茶の木や茶農家の高齢化と重なって今年で廃業してしまうお茶農家が出てしまうのではと心配している。内心放射能騒ぎでタダで広告になってウチのお茶を思い出して買ってくれてラッキーとか思ってたんだけどそんなに事態は甘くなくなったかもしれんいや売上げは下がっているとは思うんだけどね。個人的には福島原発の事故がチェルブイリの1位放射性物質をまき散らしているというのがずっと気になっているんだけど今でも不明。いや、臨界したときのエネルギーと運転停止に近い程度のエネルギーとの差のスケールが10倍程度しか違わないのって何か単位が間違っているような気がして。実際には放出された放射性物質の量なので単純にエネルギー差と同じではないんだろうけど。福島原発の総発電量が約万、チェルブイリが万と約5倍程度異なるので、単純に放射性物質が5倍蓄積されているとして原発の規模が同じ位と想定して、福島原発の規模が15だとすると福島はチェルブイリ150程度の放射性物質を放出したはず。それでも臨界と運転停止に近い状態のエネルギー差ではありえなさそう。どちらにせよ中の容器が破損しているので放出された放射性物質の量は内在する放射性物質の量と容器の水素爆発と臨界の爆発による破損具合が問題なのかもしれん。も暫定規制値で科学的根拠がないという批判をよく聞くが、批判している人が採用している数値にも根拠がないと思います。あるなら下さい。を提案している論文を読んだが、そのデータが正しいとすれば程度の食物を摂取しづけても、統計上有意な結果をだせそうにない。あと放射性物質を扱う施設のクリアランス領域の数値を基準にする人もいるけれど通常そういう領域は自然放射線より低い数値になっていると思うので論外。納得いかないのは、荒茶の規制値は肉、魚、卵、その他の分類でこの分類全体で全食事ののウェートで占めさせている。茶葉がこの分類の内のいったい何を占めているのだろうしかも茶葉のままで。防災指針における飲食物摂取制限指標の改定にいて須賀新一市川龍資日本原子力研究所国際原子力総合技術センター元放射線医学総合研究所万単純に出力を足し算。万
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hqq6xpfnic
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hqq6xpfnic/index1_0.rdf