2011備忘録

December 22 [Thu], 2011, 1:39
今年は本当に色んな事がありました。
社会的にも個人的にも。
ほら今日だって北の訃報。
こんな一年きっと一生忘れない。
思い出したい時のために、自分に向けて書いておきます。
だらだらと長いのですがまとめて歌うとこういうことです。

ソフコメ、ヒ、ト、ニ、ウ、マヒワナ砲咾辰蠅靴燭掘匹Δ靴討いい錣蕕覆辰拭任發匹Δ靴討いい泙世錣辰討い覆ぁEご屬盈修氾貪鼎良垤暖紊覆気鵬廚弔い討い訝罅∨佑麓砲良垤暖紊覆気鵬廚弔い討い拭0貎佑凌祐屬箸靴峠侏茲觧呂辰討皸貎佑離潺紂璽献轡礇鵑箸靴峠侏茲觧倭瓦覆辰拭2山擇膿佑魑澆Δ箸靴討眞量湘戮覆韻譴个燭世稜簗捷坩戮砲覆辰討靴泙Α9垢砲燭箸┥緤佞世韻任癲⊆里笋蠅燭ぅ優謄屬丙酩呂箸討睫詰世箸盪廚辰拭0貳峪爐未戮C麓覆里法海Δ靴得犬P笋咾討靴泙辰討い觧砲眷柴世任C覆辰拭潺紂璽献轡礇鵑禄个慌擦函修良床舛瓦討覆里世板亡兇靴泙靴拭襯坤爐砲弔い萄G貌辰討蕕は辰砲覆辰討い襯ぅ戰鵐拭七鵐譟璽戰襦ぅ戰鵐拭爾箸いΔ里呂匹海發修Δ覆里世韻鼻蕕呂泙衫匹け修亙垢覆辰拭修譴任睨傭瓩瓩討い詬諭垢瞥彖任修海砲呂辰燭掘邱臺氏の紹介もあって月に初めて出演させてもらった。
回ライブに出ただけでオムニバス参加の話をもらえたのは余りある僥倖で、更に震災後のライブに腰の重い僕達を引っ張り出してくれた。
そこであえて演ったみんなしねばいいのにが本当に不謹慎になってしまう空気だったら、ステージに立のは暫く控えようとも考えていた。
それを温かく楽しんでもらえて、まだ大丈夫なんだと思えた。
そのままレギュラー的に出演が重なっていって一箇所と懇意になる状態をよく思わない声もあるけれど、今まででこのバンドが絡んだレーベルイベンターの中で一番まともだったし、会場で出している自家製牛すじカレーが旨くて、ここはちゃんと信用できると思った。
ギャグみたいな話だけど細部まできちんと作り込む姿勢が共感したし、やはりエンターテイメントというのはそうでなくてと思った。
僕もその頃から、MCも音色も歌も演奏も楽器も、もっとちゃんとやろうと考えだしたように思う。
にいてオルガズムとならんでバンド野外露出素人美人に激的な改革をもたらしたのが埼玉県西川口に開設した持ちスタジオ、である。
これは正確にはドラム栗原氏のメインバンドのもので、持ちスタジオとえくおとさずが言うのはおこがましいが、去年暮から本格的に使わせてもらっている。
僕は過去に度程、同じような計画を立てて頓挫した例を他で見ているので当初は正直あまり期待していなかった。
その度よりも過酷だと思われる状況から見事に完成させた栗原氏とは本当に素晴らしいと思う。
僕は何もしていない。
完成したのを使わせてもらっているだけだ。
だがお陰で時間を気にせずリハーサルとレコーディングとミーティングを行う事ができて心から感謝している。
でもなんでサイトみたいな名前なんでしょうね。
ワゴムスタジオじゃいけなかったんでしょうか。
たぶん栗原氏は、僕の想像以上にロングスパンで人生や物事を捉えているのだと思う。
そのあまりに遠すぎる目線に何も見ていないと感じてしまう時もあるけれど、きっと誰よりも執念深くてゆっくりそして確実に成功を手にする人なんだと思います。
歌とインストにいて年前から歌をうたいはじめて、その理由にいては色々説明してきたが、今現在の言い方としては見せたい絵は同じで入れたい額縁があると言います。
ただ、歌の額縁があまりにもお粗末なのでなんとかサマになるように頑張ってたらそっちばかり夢中になってしまっているという形です。
そしてやはりわかりやすい額縁というのはどうしても歌の方なので、先述の震災で感じた人を救うための知名度というのも、考えないでいる事はできないです。
その渦中でインスト中心で臨んだ新宿は、様々な要因がうまく噛みあった事もあって音楽になる前の音楽というえくおとさずインストのテーマに一の答えを出せたと思う。
来年発目のライブでは逆に歌モに対しての答えが一出せるんじゃないかと思っている。
あくまで自分の中でだけなのだが。
今年の目標にいて今年最初に書いた事。
@5分早く起きるA発言に気をけるB最低一回は帰省するC熱帯魚に餌をやりすぎないD機材にかかる出費を抑えすぎないE演奏の上手さにいてもう少し考えてみる@Aは完全にアウト。
月に帰省したのでBはクリアか。
父親とキャッチボールと母親に弾き語りの首筋痒痒コンボにいての、是非の判断は来年以降に持ち越したい。
Cは餌量よりも水槽拡大と濾過システムの見直しで状況は改善された。
魚が餓死するということは殆どないが、やはり餌はきちんとあげたい。
D機材は今年は沢山揃えた。
ギターなんてジャーっていってりゃいい、ボーカルマイクは音が大きくなればいいが信条だったが、やはり作品クオリティに音質は重要らしいと、当たり前の事に気がいて、必要な物をできる範囲で徐々に揃えた。
機材に資金を回せたのものお陰です。
Eにいては、特に下半期からずっと考えていたように思う。
そのお陰か、先月あたりから色々なものがわかって気がする。
色々な音が抜けるようになってきた気がする。
言葉でうまく伝えるのは難しいが、長年の口内炎が完治したような清々しさが今はあります。
下にいくにれて達成できている。
なんだか本当に音楽バカみたいじゃないか。
プライベートにいておおかた、上に挙げた月のような内容です。
ただ一違うのはなにかやり残したような後悔は僕にはなく、やりきったというのは大げさですが、今日死んでも納得できる気持ちがあります。
明日からも生きていくならやりたい事成し遂げたい事はたくさんありますが今日までの内容で人生が終わっても後悔は無いです。
自分のペースで自分の物事を動かせている快感、苦痛、そして充実感。
これはもう、みなさんのお陰です。
これを読んでいるあなたのお陰です。
あなたのお陰で僕の人生は、穏やかな刺激に満ちあふれた、幸せなものになっています。
本当にありがとう。
お返しできるものは何もないけれど、一番効果的な恩返しはやはり音楽で結果を出すなのかもしれない。
それがたとえ、あなたを傷ける事があったにしても。
そういう道を僕は選んでしまっています。
だからもう、進んでいくしかないのです。
嫌なら縁を切ってもらっても構わない。
それでも温かく見守っていていてくれるのなら、来年もよろしくお願いしますいもありがとう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hqmv3qb0xf
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hqmv3qb0xf/index1_0.rdf