目の中に浮遊物を確認したら飛蚊症かも

October 09 [Thu], 2014, 10:44
いつから始まったことなのかも定かではないけれど、白い壁や、空などを見上げた時に、ふと視界の中に、何か糸くずのような、ゴミのような、虫のようなものを視認したことはありませんか。一瞬ゴミだと思って、眼をこすってみても、変わらずそこにあれば、それはもしかして、飛蚊症かもしれません。飛蚊症とは、眼球の中の硝子体に濁りがあるために起こる症状で、通常透明なはずの硝子体に濁りが生じると、その影が映りこみ、ゴミや虫が浮いているように見えてしまうというわけです。この、硝子体の濁りは、生まれつきのもの、加齢による物、加齢による、網膜剥離などで症状が悪化している場合があります。生まれつきのものに関しては問題がありませんが、加齢による症状の場合は、網膜剥離などが原因の場合もありますので、目に浮遊物のようなものを確認した時点で眼科医の診察を早急に受ける方がよいでしょう。また、飛蚊症は加齢によるものだけではなく、眼精疲労や、寝不足などで起こる場合もあります。市民税滞納
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しゅんじhq379djw
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hq379djw/index1_0.rdf