雪男と坊さん

June 19 [Sun], 2016, 12:01
インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

例えば、ブリッジ治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行うためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を優先して良いでしょう。
どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできると言うことで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、すべて自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛向ことができてるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は主治医とよく話し合い、計画的に進めていって頂戴。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。しかし、この治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)法も決して万能ではなく、留意すべき点もあります。



まず挙げられるのは、インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を受けるには条件があると言うことです。

インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をご検討の方は知っておいて下さい。

いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)、心臓病、高血圧などをおもちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。そみたいな場合は別の方法に頼るしかありません。



インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしてください。
治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)技術が進歩しても、結局大切なのは自分自身でのケアなのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が終わってからも歯医者さんに通うのが大切と言うことですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あかり
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hpnroeohrtmtig/index1_0.rdf