5・2 左水晶・右水晶 第2弾

May 06 [Sun], 2012, 11:13
先日日記にアップさせていただきました、左巻き水晶右巻き水晶ココownerid16213081いやいや中々面白いです。
詳しく説明すると本が1冊書けちゃうくらいの情報量なので実際本が出版されています、みなさんが分かりやすいように簡単にまずは水晶ってなんでしょう一番簡単に言うと石英Quartzクォーツと言う名前の鉱物の六角柱状をした結晶です。
石英は地球上の至る所に存在しています。
海岸の砂の中や、山の砂の中、川底の砂の中。
幼稚園や小学校の砂場の中にももちろん見てとれます。
鳴き砂で有名な京都府日本海側の琴引浜などはこの石英が多いので、それがこすりあわされてキュッキュッっと音がします。
さて、少し詳しく水晶を化学的に説明すると、水晶の化学成分は珪素シリコン、元素記号はSiと資f元素記号はOの二種類の元素で、それらの原子が個数で1対2の比率で組み合わさり、成分を示す組成式ではSiO2とあらわされます。
珪素原子Siには二つの資f原子Oが共有結合し、その資f原子を株式会社ドリーム わいわい介してまた別なSi原子が共有結合して連なり、全体的には立体的なジャングルジム構造昔、化学室なんかに置いてありましたよね。
に配列した高分子です。
水晶の結晶をSiO2で表すのは水晶の分子を示すのではなく、水晶の構造の最小単位を言います。
って、これだけでもめっちゃ難しいですよねこれらの文章は取引業者のパンフレットにある説明文です。
で、左水晶右水晶ってなんでしょう左水晶とか右水晶は水晶の化学的研究から見つけられた光学的性質の違いによる区別を言います。
偏光と言う特殊な光を水晶の単結晶の特定の方向に透過させると、出てきた光の偏光の振動面は左または右に回転します。
偏光の振動面を左に回すものは左水晶、右に回すものは右水晶を名づけられました。
と言うのも両方とも化学的にはまったく同じものですが、先の説明にあるように珪素の立体配置が左巻き、右巻きと逆になっており、両者の関係はちょうど鏡にうつした鏡像の関係にある、ある意味では別種ともえるものだからです。
上記の文章の中に分からない言葉や記述があればご自身で検索されてくださいね。
右水晶光学的性質は透過した偏光の振動面を左に回す珪素の立体配置は右巻き螺旋状に配置エアリースパイラル左回りの渦巻き左水晶光学的性質は透過した偏光の振動面を右に回す珪素の立体配置は左巻き螺旋状に配置エアリースパイラル右回りの渦巻き珪素の立体配置と光学的呼び名では逆になっていることに注意してくださいね。
上記の説明だけでは少し分かりにくいですよね。
もっとみなさんい分かりやすく説明すると、陰陽の図ってありますよね。
白と黒の勾玉オタマジャクシって言った方が良いかなのようなものが2つ書かれた図。
あのオタマジャクシの頭から尻尾が左回転で伸びているのが左水晶頭から尻尾が右に伸びているのが右水晶なのです。
どうです、おもしろいでしょ上記に書いてあるエアリースパイラルは、水晶結晶の内部構造を反映して見える虹の渦巻きのことです。
渦巻き、螺旋の左と右は自然界に多く存在します。
エネルギー的に言うと左手に左螺旋水晶を持ち高いエネルギーを大地から吸収し、右手に右螺旋水晶を持ちエネルギーの流れを高めます。
上記で説明させていただきましたように、水晶には必ず左巻きと右巻きがあります。
もちろんあなたがお持ちの水晶も左巻きか右巻きのどちらか。
ある特殊な偏光板と特殊なフィルターの複雑な組み合わせでこの左水晶右水晶の渦が見れるのですが、例外的に双晶や結晶に転位がある場合は干渉像が乱れて見えるそうです。
玉がガラスなどの非晶質練り水晶含むでできている場合はどの方向から見ても干渉像に変化がなく、本物の水晶か、ガラス玉かを見極めることが出来ます。
私のところにその装置があるのですが、色々みているとおもしろいですよ¥そんな左巻き水晶だけで作ったブレスレット右巻き水晶だけで作ったブレスレット実際腕に付けてみると、両方が混ざり合った通常の水晶クリアークォーツのブレスレットに比べてエネルギーが安定しており、ヒーラーの方、エネルギーに敏感な方、霊等から干渉を受けやすい方にはとてもお勧めです。
ownerid16213081
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hpig1bl02o
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hpig1bl02o/index1_0.rdf