高校のころ その1

December 03 [Sat], 2011, 14:52
は非常に不安定ですね結果と言う面ではそうだろうね。
私達は勝利から敗北へと、あまりにも簡単に流れてしまう。
その中間という物が無い。
ただ、パフォーマンスの継続性という話をするならば、状況は違う。
最近では戦を除けば、全ての試合で継続性は表現されて来た。
昨日の戦もその縮図の様だった。
前半に良いパフォーマンスをし、後半はそれが陰を潜めた。
結果として試合を落としたが、試合の多くは私達がコントロールしていたんだ。
もちろん敗戦が全てを台無しにしてしまうという事実は不動のものだ。
究極的に言えば、私達には勝敗以外に関心は無いのだからね。
だからこ、こうした不安定な状況にはしっかりと目を向けるべきだ。
避けては通れない。
戦や戦、そして戦の様に、結果と言うのは時に些細な事で手からこぼれ落ちてしまう事もあるが、私達は結果の面での継続性を生み出す為の仕事に取り組まなければいけない。
前半を終えた時点では、試合に負けて帰る事になるなんて全く考えもしていなかったよ。
では失点を喫し、最多失点チームという汚名が。
バックラインは懸念材料ですか1目の失点にはその流れの中で、私達の選手が足を滑らせていた事が絡んでいる。
後半に入っても分頃まではが生み出した物は限られていた。
もう1の失点に関しては私達のミスだ。
同点に追いかれた時点でもチームには追加点への意欲がる事が見て取れたし、上を目指す姿勢が垣間見えていた。
ただ、私達はあまりにも真っ向勝負をしてしまったのだろうね。
都合良く事を運ぼうという意識に乏しかった。
私達はもっと試合という物を理解しなければいけないんだ。
これは成長すべきポイントだよ。
今季の私達はピッチの上でのプレイそのもの、パフォーマンスを示す事に相当な意識を向けているが、もしこういうやり方で結果を出そうと考えるならば試合は分で行われると考えなければいけないだろう。
明日のには、どんながまずは今日、全選手のコンディションを確認し、それから判断するよ。
何かしらの変化は避けられないだろうね。
大きくバランスを崩す事はしないが、なんにせよ状態の確認が先になる。
昨日、が全体練習に復帰していますねあぁ、昨日はそうだったね。
今日のトレーニングで彼の状態を見極めた上で判断するよ。
を見るチャンスが私は様々な事を分析、判断しなければいけない。
これは人を交代出来るテストマッチでは無いんだ。
私は3人の交代枠を出来る限り上手く活かしたいが、それは簡単な事では無いんだ。
起用という事も視野には入れるよ。
他の分はピッチに立てない選手との組み合わせなども含めてね。
戦を落とした事は、モラル面でウェディングキューピット 詐欺一歩後退という事に私達のモラルは保たれている。
私達は単に結果に失望し怒りを覚えているだけだよ。
にだって試合への思惑はあったはずだ。
そう多くのチャンスを作れずとも、結果さえ出れば良い、とね。
彼らはその通り結果を出してしまった。
状況的により苦しいのは彼らだったはずだ。
私達は常に勝利への意欲を剥き出しにしているし、私はそれを歓迎している。
私達はを積み重ねたい。
それが目的なんだ。
その怒りは明日のピッチで晴らす事になりますあぁ、挑戦する事になるね。
3日毎に試合をしている状況では、次々と場面が変わっていくものさ。
貴方は、チームが追加点を狙う意欲を示していたと仰いましたが、一部のからは、そのへの意欲が目に見えたのはとなってからだった、ととなった時点で、私はよりクオリティを高める為の選手交代に踏み切っている。
ただ、そう簡単に事を激変する事は難しい。
それでもチームとしては一歩も引き下がる事は無かった。
私達はへ出向き、攻撃的な姿勢で先制し試合を進めるという重要な歩みを踏んでいただけに、こういう敗戦は残念だね。
踏み出した一歩を、すぐに引き返す事になってしまったんだ。
私達にはまだやりかけの事がある。
貴方はを下げるという判断をしています。
その理由は監督はピッチから5、という距離で何かを判断しなければいけない事がある。
それがあの時間だった。
私が見る限り彼はかなり消耗していたし、も挙げていなかった。
それが交代の理由だ。
同じ事は戦でもやったよ。
もちろんがあれば、話は随分と変わるがね。
それに私はを投入したし、中盤とバックラインのと呼べるも投入した。
こうして全体のバランスをとったんだ。
での次への進出と、選手起用の難しさが天秤に乗ります私達は次のへ行きたいんだ。
は当初からの目標の1で、それを放棄するもりは無い。
で競争を行う為にも、適切なローテーションを考えなければいけないね。
週末の戦も重要な一戦なんだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hp6hbwu4jw
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hp6hbwu4jw/index1_0.rdf