ブッチが小野塚

April 21 [Thu], 2016, 20:23
看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。
ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。

決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。
看護婦はハードな仕事と言われていますが、必要とされる度合いがとても高いですし、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。



入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。なので、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。



他の交代制のお仕事と同様、睡眠時間をうまく調整できない場合はうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。
数年間、専門機関で学んで資格を取得する介護士は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。


より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。

トップに位置するのは、ほとんどの介護施設では看護部長や総介護士長がトップにあたります。

実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、一目置かれ、認められるような存在になることが必須になります。
階級が高くなるほどに高収入になる事は間違いないでしょう。医師の仕事と介護士の仕事の間の、大きく異なっている点があります。
端的に言えば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、病気をいかにして予防するかを助言したり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。
他方、介護士の場合は、お医者さんに従い、医師が診療を行う際に、その補助をすることや心身ともに患者のケアするのが主な業務です。
一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり収入の面で恵まれている印象を受けます。

もちろん、介護施設では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均して高水準を続けられることが分かっています。



景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士はメリットの多い職業だと言えます。ここのところ、介護士不足の傾向にあると考えられています。

介護士の免許を持っていても、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。介護士不足が起こる原因は最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。

具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の方が多数を占めている職場ですから、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。
比較的、高い給料をもらえる介護士ではありますが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。


介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、納得のいく額が支払われることになるでしょう。ところが、個人介護施設の方では、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、結局は院長先生の考え次第となるようです。
決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。



介護士として外科で働く際の長所と短所を知っておいた方が無難です。まず、手術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、介護士としての技術が学べることです。

マイナス面としては、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。
介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。

夜勤においては医師や介護士など、人の数がかなり減り、また、夜中になってナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。
かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。
よく介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
例えば二交代制の介護施設勤務だと、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。
こういった長時間労働の現実も一般的に、介護士の勤務というものが大変だと思われる一因だと思います。


皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。
「介護士」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないときちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

職業柄、ストライキをすることも介護士にとっては困難で、経営者サイドが考慮することが大事なことだと思います。


ドラマのようには上手くはいかないのが介護士の仕事です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、業務時間以外にも仕事が多くあり、仕方なく残業することも日常茶飯事です。


しかし、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。
少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。介護士は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。

ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。
ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ふつうに授業を受けていたなら、たやすい部類に入るのではないでしょうか。
そして、介護士を育てる専門機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学や学部の人気が高まっているようです。介護士として働いて、もう数年になります。


それで、気になったことがあります。どうやら介護士は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。
禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。

こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。



介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の介護施設にすることです。
もともと、介護士という職業が専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして希望者が多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することでこれ以上の安定性はないですよね。



公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的ですよね。一般的に、介護士は離職率が高いです。
そのため、転職率も高いですね。


このような傾向から、転職サイトの中でも介護士専用のものが多くあります。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用して、より良い転職先を見付けましょう。



正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必要不可欠になります。

そもそも、卒業が受験資格になっているのです。



しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。



ですから看護学校受験のための予備校に通って勉強する人もいます。
いま准介護士として働いているけれど、今後のために正介護士の資格が欲しいという人は、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。

介護士の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。


勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、たいていの介護士は、体内時計を狂わせてしまって、そのうちに体調を崩すこともあるのです。



ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。

交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。

病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日が休日になるでしょう。
予定にない急な出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。



あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。
介護士になるための手段として、皆さんご存知のように、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。それに対して、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。


交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。

当然、休みはきちんともらえますけれど、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大勢いる、というのが現実です。

出産し、子育てを始めるとなるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかし最近になって、子育てが済んだということで職場に戻ってきたりする人もじりじりと増えていっているようです。
介護施設などで介護士という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも往々にして起こります。仕事自体で間違ってしまうことや患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。そうはいっても、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいと感じることも多くあります。

先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。

事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、これを行なう介護施設がかなり増えました。

個人ごとの能力を測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。この評価は、介護施設により月一のこともあれば、一年に一度だけということもあります。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な休みでしょう。
休日や休みの時間に友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする事が悩みのタネになっているようです。

他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。


こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。


「看護士」と「介護士」、両方とも発音は一緒です。
漢字だと、この二つになります。
以前は男性のことを表すのは看護士、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。
2001年の法律改正を機に、性別に無関係に使用できる「介護士」を使うことでひとくくりにされることになったのです。



少子化や高齢化のために、介護施設などの介護の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。なので、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、なぜ介護士がそんなに足りていないのでしょう。
それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。
高い給料をもらっている介護士でも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。一般的なほかの職業とは違って、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。ですが、本業で勤めている介護施設で副業を禁止、としていることもあります。また、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。

シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体調を崩してしまうならば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。
重要なポイントとして、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、やはり、夜勤で働く介護士よりも給料が少なくなってしまう事があります。



現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。介護士になろうと思ったきっかけは中学の時の職場体験で、介護施設に行ったのですが、そこの介護士さんに心を動かされたのが契機となりました。将来は、こういった職業で働いていきたいというように思い続けて看護学校に行くことを決め、現在は介護士として勤務する毎日です。

楽しいことばかりではありませんが、毎日が充実しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Airi
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hp3gteaslrre1n/index1_0.rdf