枕と夢

March 29 [Mon], 2010, 17:54
寝返りうっても、頭が落ちない大きさが私の理想の枕でした。
でも大きさにこだわると、高さが自分に合わなかったり、中身が気に入らないものだったり...となかなか自分に合うものが見つかりませんでした。
定評あるブランドの枕も買ってみましたが合いませんでした。
高ければ良いというわけではないんですね。
でも探せばあるものなんです。何度も買って試してみて、今の快適枕に巡り会うことが出来たのです。

子供の頃、枕の下に好きなアイドルの写真を忍ばせて寝たことがあります。
『枕の下に好きな人の写真を置いて寝ると、その人の夢をみる』と聞いてやってみたのですが、全然だめでした。
でも今考えると、『好きな人の夢が見れる』と期待しながら眠りにつくことで、ぐっすり眠れていたのだと思います。
ですからその日一日イヤな事があっても、布団に入ってからは楽しいことを考えながら眠るようにしています。おまけに自分にあった枕ならぐっすり眠ることが出来て、目覚めの良い朝を迎えることが出来るに違いありません。

枕の働き

February 18 [Thu], 2010, 14:23
枕は、その人の体型によって、合う高さというのがあるのです。
本来、枕の役割は寝ている時に敷き布団と首の間に出来る隙間を埋め、リラックスさせる状態に保つことなのです。体の大きい人、痩せている人、また首のカーブの深さによっても適した枕は違います。
体型に個人差があるように、枕にも個人差があるのです。

自分にぴったり合った枕で朝までぐっすり眠ってみたいと思いませんか?
私が枕にこだわるようになったのもそういう理由からでした。

フカフカ枕だから気持ちよく眠れるというわけではないのです。

その人に合った枕選びのアドバイスをしてくれるピロフィッターって知っていますか?
枕について専門知識をもつ、いわゆる『枕のプロ』です。
彼らの意見は本当に参考になりますよ。
枕について知らないことは意外とたくさんあるのです。
わからないこと、自分にどんな枕がピッタリなのか知りたい時には、ピロフィッターのアドバイスを参考しすると、最適な枕選びが出来ると思います。

枕いろいろ

February 06 [Sat], 2010, 4:04
たかが枕と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、枕はとても大事な働きをするんです。

寝心地の悪い枕で寝た時の、朝の目覚めの悪さは最低です!
出張先のホテルの枕なんか最悪でしたね。硬すぎて首が凝ってしまいそうでした。
値段の安いビジネスホテルだったから仕方がないですが、翌日、取引先との商談中、ずーっと首が痛くてたまりませんでした。あれはひどい目に遭いました。
出張の荷物が少なければ、『MY枕』を持って行きたいくらいです。

いい枕で寝たら、ぐっすり眠れます。
私は結構枕にこだわっています。
一番気にいって使っているのはLOFTYの枕です。
一番私に合っていると思うので手放せません。
おまけに寝相が悪いので、何度も寝返り打つのですが、この枕はどっちを向いて寝ていても首がいたくありません。中身も偏ることがないんです。
この枕で寝ていると落ち着きますし、自然と眠りにつくことが出来ます。だから同じ枕を何度も買っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:howmakura
読者になる
lancetとBMJを和訳で読む喜び臨床医を目指す医学生のためのlanncetとBMJの活用法を紹介する。
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/howmakura/index1_0.rdf