都心部の過疎化対策として建てたのが区立住宅,民間住宅を借り上げるなどしたのが区民住宅

December 18 [Sun], 2011, 20:14


都心部の過疎化対策として建てたのが区立住宅,民間住宅を借り上げるなどしたのが区民住宅。
東京都の場合,区立住宅,区民住宅として提供する場合もある。
これらの区立住宅や区民住宅は,公営住宅より所得制限のハードルが低くなっているのが特徴である。


失敗しない賃貸業者選びのコツ。
自分が住みたい地域が決まっている人の場合,その地域にある不動産商社をめぐる場合が多い,その際に不動産業者の入り口にあるウインドウに貼られた物件案内を目にする。
◎地元密着の駅前不動産業者のメリットとは。
もしまだ,どの地域に住みたいか,というのを決めかねている段階で,賃貸物件を探す時には,大手チェーンの賃貸仲介業者を利用するのがよい。
広い範囲での物件を扱っているのに加えて,紹介できる物件数が多い。
大抵の仲介業者の場合には,指定した条件で大量の物件の中から絞り込みができる情報機器を設置する場合が多い。
中古マンション:時を経たからこその魅力、管理組合に実績があることも大きなポイント

賢い賃貸のコツ:賃貸でも公的制度を利用することはできる

December 18 [Sun], 2011, 20:13


賢い賃貸のコツ:賃貸でも公的制度を利用することはできる。
◎公団の当選確率を上げるコツ。
公団の抽選には,何度も落選した人を救うシステムがある,これを利用するのである。
20枚あると,特定の団地について【空家入居待機者】として登録ができるのである。
この空家入居待機者に登録することで,より優先的に入居することができるという仕組みである。


◎安く上げるなら契約日と入居日を近くする。
一般的に,賃貸物件の家賃は,契約日から発生する。
借りる側としては,なるべく契約日と引越しの日は近くにしておきたい。
手付金という形の方が,無駄に【空白期間】をとって家賃を払うよりも,お得である(もちろん,手付金は返却してもらえることが前提である)。
家・マンションを買ったら必ず確定申告をする:「不動産取得税」「贈与税」「住宅ローン控除」

部屋探しはいつごろから始めるか

December 18 [Sun], 2011, 20:12


◎部屋探しはいつごろから始めるか。
賃貸物件を探すにも,最適なタイミングがある。
単身者の場合は20日未満であるが,それは単身者はフットワークが軽いからである。
物件を探す際にチェックする項目が多いからである。
ファミリー層の場合が40日くらい,つまり6週間は確保しておきたい。
その6週間の内訳としては,以下のような感じとなる。
・部屋を探すのに2週間。
・契約から引っ越しまで2週間。
高級マンション購入のために「質問力」を鍛える!



マンションの購入のポイント:超高層マンションの修繕積立金は足りているのか。
例えば月額3600円〜7500円等の場合である。
この修繕積立金は専有面積にて異なるが,安ければよいとは限らない。
この積立金が不足して困るのはマンション購入者自身となる。
では,この修繕積立金は,本当に妥当な金額であるのか,という点を考えてみたい。
【修繕積立基準】によると,専有面積55u以上で,築5年未満の場合,6000円/戸というのが相場のようである。
では,超高層マンションの場合には,どうか,という点も検討してみたい。
超高層マンションの場合,おおよそ6300円/月というのが相場のようであるが,金額的には4000円〜1万円/月と,ばらつきが大きいのも特徴的である。
このようなゴンドラ方式である場合には,修繕積立金は,多くなる。
一般的なマンションの修繕積立金の程度では,積立金がショートする可能性が高いので気をつけておきたい。

間取りよりも広さで選ぶ

December 18 [Sun], 2011, 20:12


◎間取りよりも広さで選ぶ。
このような探し方の場合,物件数の比較的多い賃貸でも,希望の物件が見つからないことが多い。
もし1LDKの部屋を希望する場合には,30u以上の部屋を探すという感じである。
広さを基準にしたことで,この広さの1LDK以外の,ワンルームや2DK等の間取りの部屋もみつけることができる。
賃貸マンション:未来の生活を見据えた「間取り図」の読み方



失敗しない賃貸業者選びのコツ。
賃貸物件の場合,まだ住人がいる状態で契約をすることもある。
しかし,そのような間取りだけの情報から,実際の生活したときの家具の配置などのイメージはできない。
もし可能なら業者に頼んで,前住者の部屋を見せてもらう交渉をすべきである。
もしくは,同じ・似ている間取りの空き部屋を探して見せてもらうのもよい。

賃貸のコツ,室内をチェックするポイント

December 18 [Sun], 2011, 20:10


賃貸のコツ,室内をチェックするポイント。
◎戸別給湯か集中ボイラーかを聞いておく。
キッチンや洗面台のお湯は,基本的には,各戸に給湯機がある。
ガスや水道のメーターも個別になっている。
しかし,賃貸の古い物件の場合,大型ボイラーでの集中供給をする場合もある。


賃貸物件を借りたくて,純粋実質家賃を計算する。
築年数が20年等の物件は,基本的に大家さんも弱気な場合が多い。
通常の安い家賃に加えて,敷金が減ると【純粋実質家賃】としても大きく安くなるわけである。
いい物件にはシーズンオフにチャンスあり

失敗しない賃貸業者選びのコツ

December 18 [Sun], 2011, 20:09


失敗しない賃貸業者選びのコツ。
失敗しない賃貸業者選びのコツ。
◎ことわるときは不満点をきちんと伝える。
不動産業者と共に下見を行ったが,自分の希望する物件でないので,断りを入れるケースと言うのは多い。
業者も断られないような物件を選んで紹介するようになるので,自分の希望する物件を見つけやすくなるし,物件探しの時間短縮にもなるので,物件を探す人にても不動産業者にとっても効率的にことを進められるのである。


賃貸物件を選ぶときのコツについて。
◎契約書はとっておく。
どのような手続きが必要かという点は,契約書に書かれていることが多い。
基本的に賃貸物件は2年ごとに契約更新となる,契約解除の通告時期や方法については契約更新よりも前から準備をしておいた方がよい。
マンションに最適な収納スペースは専有面積の6%が目安

賃貸のコツ,手軽に利用できるサービスを活用

December 18 [Sun], 2011, 20:08


賃貸のコツ,手軽に利用できるサービスを活用。
◎不動産業者の端末機で目安をつける。
もちろん,インターネットでも駅などにある検索機でも希望の物件を見つけることができるが,実際に大手の不動産屋に行って,コンピュータの端末機を利用するのもよい。
まだその地域で物件を決めると考えていない場合でも,細かいエリアごとの家賃相場などの情報が分かるので,便利である。


賃貸物件の探し方の秘訣。
賃貸物件の探し方の秘訣。
◎部屋探しするなら午前中から行動開始。
例えば休日に部屋探しをする場合,のんびりと午後から部屋探しをすることが多い。
物件を探すシーズンを意識することが大切である。
転居にもシーズンがあるので,そのタイミングからずらすと物件選びが効率的になる可能性が高まる。
日本の場合は,入学・卒業,入社・異動等のタイミングの4月,そして9月や10月も異動や結婚が多いシーズンと言える。
1月下旬〜2月下旬とか,7月〜8月という時期,または5月や連休明け,そして11月〜12月に物件を探してみるといい物件に出会える確率があがる。
マンション住み替えのコツ、リフォームよりは補修の方がよい理由とは? & 築5〜10年のマンションがベストな理由とは?

賃貸物件の場合,エアコンが設置されている場合が多い

December 18 [Sun], 2011, 20:07


賃貸物件の場合,エアコンが設置されている場合が多い。
古いエアコンの場合には,大きな音がするものも多い,更に年期の入ったエアコンの場合には,出てくる空気にいやなにおいがする場合が多い。
また,エアコンの取り付け位置にては,部屋全体に空気が届いていない場合もある。


住み替えのコツtについて,見学者は売主の態度も見ている。
物件の売却を開始すると,オープンハウスには,様々な購入見学者が訪問にやってくる。
具体的にいうと,売主の態度,というのもそのチェック項目の一つであると認識しておいた方がよい。
売主の人柄が,その物件の品質(大切に扱われていたのか)という判断基準になる,ということである。
売主の人柄とは,見学の際の,話し方や立ち振る舞い等の点である。
築年数以上に痛んでいるのでは,と想像されてもおかしくない。
計算上の3LDKの最低面積は60平方メートル、マンションの間取り目安となる

賃貸物件を決める条件の一つとして,どの沿線にするか,というのがある

December 18 [Sun], 2011, 20:00


賃貸物件を決める条件の一つとして,どの沿線にするか,というのがある。
たしかにマイホームを購入する場合なら,多少の通勤時間はガマンできるが賃貸ではその必要はない。
やはりどの沿線でどの駅にするか,というのは重要な賃貸物件選びの条件である。
電車の乗り換えの要素にも気をつけておきたい,大きな駅からは何本も路線が出ているのか,乗換えが何回必要なのか,乗換えにどれくらいの時間がかかるのか,という点である。
築5〜10年のマンションがベストな理由、賃貸物件をの退去の際にそなえて契約書はとっておく



住み替えのコツ,リフォームよりは補修の方がよい理由とは。
自分の物件(マイホーム)を売却し,希望に近い中古物件を購入しようとする人の場合,購入後,ある程度の手直しを想定することが多い。
そのために,物件の購入価格以外の出費を想定して予算を見積もっている場合が多い。
手直しを前提としたときには,リフォーム済みの中古物件を購入するよりは,購入後に自分の方で自由にリフォーム(手直し)ができるような【ややお値段が安い】物件を選択することをおススメする。
自分の好みに合わないリフォームを押し付けられて,結局は再リフォームすることになり,逆に出費が増えてしまう可能性もある。
売る側も買う側も,物件の価値をむやみに上げるようなリフォームは考えものである。
実際に,購入後の生活に支障をきたすような不具合が無い限りは,リフォームの必要性は無いと考えられる。
もちろん,簡単な壁の修理,ふすまのサンの修理等のレベルのリフォームはしておいた方が,購入者の下見の際に好印象を与えるので好ましい,更にそのような改修の場合にはあまりコストも掛からない。
手直しを前提としたときには,リフォーム済みの中古物件を購入するよりは,購入後に自分の方で自由にリフォーム(手直し)ができるような【ややお値段が安い】物件を選択することをおススメする。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/housebaribari/index1_0.rdf