マンション住み替えのコツについて、見学者は売主の態度も見ている

December 06 [Tue], 2011, 23:57

管理会社の信用度がわかる意外な方法。
物件の紹介の際に、不動産業者が「このマンションは管理会社がしっかりしていまずから安心ですよ」とセールスする場合がある。

やはりそのような言葉は信用せずに、しっかりと自分の目で確かめたい。チェックポイントとしては、購入予定のマンションに入るときのエントランス付近の壁にある「マンション名のプレート」。更に、エレベータのドアレールや廊下などに置かれている消化器もチェックするとよい。このような部分は、普段清掃しにくいところ、このようなところまでしっかりと清掃されているなら、その管理会社はなかなかの実力と言える。

マンション不動産の購入

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


住み替えのコツについて、見学者は売主の態度も見ている。
物件の売却を開始すると、オープンハウスには、様々な購入見学者が訪問にやってくる。

あらかじめ物件の間取りをみて検討する人がほとんどであるために、見学の際にチェックするポイントは、別の部分にあると思った方がよい。具体的にいうと、売主の態度、というのもそのチェック項目の一つであると認識しておいた方がよい。売主の人柄が、その物件の品質(大切に扱われていたのか)という判断基準になる、ということである。

売主の人柄とは、見学の際の、話し方や立ち振る舞い等の点である。例えば、部屋をどたばたと歩く人の場合、当然家を大切にはしていないのではと想像されてしまう。あちこちに物をぶつけているのでは?築年数以上に痛んでいるのでは、と想像されてもおかしくない。見学者を迎えるにあたって、事前に掃除をしておくということ以上に見学時の態度についても、しなやかにしておくのが賢い物件プロモーションと言えるのである。

一戸建ての購入:
http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/buy/uh/all/area/38
この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション住み替えのヒント:自分の家を高く売る「値つけ」の秘訣

December 06 [Tue], 2011, 23:54

住み替えのヒント:自分の家を高く売る「値つけ」の秘訣について。


◆近所の物件の価格を調べる。
不動産の売値と買値は、流動性が高い場合には、基本的には市場の需要と供給にて決まる。住み替えが成功するかどうかは、値つけがポイントといえる。中古物件の売り値は、売主が希望する価格(希望価格)と仲介会社の査定価格との間で調整が行われる。仲介業者が見積る査定価格は、3カ月で売却できるくらいとなるのが一般的である。

最終的には、売主が価格を決めるのであるが、やはり高く売りたいという心理が働くものである。しかし、自分の物件周辺の相場のことを考えずに、かけ離れた額では、結局成約しないだけで時間の無駄になることを覚えておいた方がよい。まずは、売主である自分で、周辺のそれには、周辺の競合物件をよく調査して相場の感覚を養っておく必要がある。相場はどのように変化するか、わからない。

自分の物件は、なるべく早く売却したい場合が多いもの、その際には相場よりも50〜100万円ほど安い価格設定にしてみることをおススメする。もし相場よりも高い価格を出したとしても中古物件、相場の金額まで値切られることも多いのが事実。結局のところ、高い値段設定である場合でも、安くした場合でも余り差異が無いことも多い。

住まいを探す(賃貸)

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


住み替えのコツについて、媒体契約の注意点。


◆仲介会社の信頼性で選ぶ。
自宅を売却する際に、仲介会社を利用する場合がある。その際の契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3つの形態がある。「専任」と書かれた1番目と2番目の場合には、売却業者は1社しか選択ができない。一方で、3番目の一般媒介契約の場合には、複数の売却業者に依頼をすることができるという特徴がある。それぞれ、以下のような特徴があるので、基本的には「専任〜」での契約をして、物件の売却を丸ごとお任せするのがよいと思われる。

・一般媒介契約の方が、業者間の競争意識をあおるので、購入希望者が見つかりやすい。
・しかし、専属専任媒介契約や専任媒介契約の方が、優先的に購入者探しをしてくれる可能性が高い。

しかし「専任〜」という場合にも注意点がある、仲介の契約期間の件である。基本的に、売却を仲介してもらう会社との契約は3カ月が一般的となっている。もしこの期間で購入希望者が見つからない場合には、契約先を見直したり、一般契約に変更することも可能で便利である。しかし3カ月間という貴重な期間を無駄にすることになるので、安直に「専任〜」の会社を決めない方がよい、仲介会社選びは、信頼のおける会社であるか、十分慎重に行っておきたい。


◆一般媒介で競わせるのがいい場合とは。
もし売却したい物件が、買い手に魅力的な条件を備えている場合には一般媒体契約で十分である。魅力的な条件とは、以下のようなものである。特に広告に力を入れなくても、購入者が集まりそうな場合には、複数業者から広告をしてもらうことで、露出頻度を上げる方が効率的と言えるからである。

・物件が最近注目の地域にある。
・中古でも管理がよいことで評判のマンションである。

不動産物件情報(キレイスタイル)
この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション住み替えのコツ、固定資産税を払うのは前住人か新住人か & 月半ばの入居のときの管理費は?

December 06 [Tue], 2011, 23:48

住み替えのコツ、経費について確認しておく。

◆固定資産税を払うのは前住人か新住人か。
家の所有者は、固定資産税を払う必要がある。その年の1月1日を基準に住戸の持ち主に対して納付書が送られてくる。物件を売却または購入する際には、1月1日時点での持ち主は誰か?という点に注意をしておきたい。例えば、3月に物件を購入して引っ越した場合、当然前の持ち主に固定資産税の支払の義務がある、という形である。簡単に言えば、納付通知書を受け取った人が固定資産税の支払を行うと覚えておけばよい。その際には、固定資産税の関係などの書類をコピーしておき、売主と買主の双方が持っていると、混乱が起きずに良い。


◆月半ばの入居のときの管理費は。
マンションを購入した場合、月の管理費の支払は、どのタイミングで売り手から買い手に移るのか、という疑問が生じる。共用部分の光熱費やゴミ処理費用など管理費の名目で支払う金額はマンションにてまちまちであるが、支払の移行については、おおむね売買決済の日で所有権が移ったと同時、ということが多い。で、管理費はその日を境に日割り計算をするのが一般的である。

不動産賃貸物件
マンション賃貸や戸建購入:地盤にも善し悪しがある、地域ごとの地盤を判断する

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


住み替えのコツについて、水回りの清潔さは高得点を演出できる。
中古物件を購入した後に、ある程度はリフォームをすることを購入者は前提とする場合が多い。特に浴室や洗面所などの水回りについては、積極的にリフォームをするようである。購入者が実際にリフォームをすることができるのは、物件の購入契約が済み、実際に入居をした後となる。売主がまだ住んでいる時にはできないので、当然である。

売主としては、購入者の見学の際に、ある程度水回りをキレイにしておくとポイントが高い。実際に購入者が購入後に、リフォームをする、というのを想定していても、実際に汚い状態で使用されているトイレや洗面所をみたら、購入への印象が悪くなるのは事実である。他の部分が清潔に保たれていても、やはり水回りが汚れていることでの、印象の減点は大きいようである。同じ理由で、仲介業者や不動産業者の査定の際も同じである。やはり、査定(査定金額)に影響を与えるものである。特に水回りに注意をして、清潔に保つように心がけておきたい。

中古の住宅やマンションを購入する(キレイスタイル)

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション住み替えのコツ、玄関は「家の顔」である & 査定額が適正かどうかを知る方法

December 06 [Tue], 2011, 23:46

住み替えのコツ、玄関は「家の顔」である。
マイホームを売却する際に、購入希望者から見学の依頼がある、そして見学者が訪問してくる。その際に、一番に目に入るのは当然その家の玄関である。もちろん、見学者を受け入れるオープンルームというのがあるが、その前に目に入るのは、当然玄関となる。

印象をよくしたいので、やはり玄関を入念にキレイにするというのは売却への近道だと思ってよい。ゴミが無い、散らかしていない、というのがポイントとなる。そうすることで、少しでもキレイに広く見えるので、物件の印象も良くなるのである。また、そのように普段から整理整頓をする家庭であることを印象つけることができれば、家を大切に扱っていると購入者に安心感を与えることができるのでメリットと言える。

玄関をよく見せるコツの一つとしては、玄関を出来るだけ明るく見せるということである。そのために電球を交換してできるだけ明るい空間として演出する、履物はきちんと整頓しておく、等のことをしておきたい。家のイメージは、第一印象で決まるということを肝にめいじておくのがよい。更に、印象のよい、品のよい靴を1〜2足出しておくのも効果的かもしれない。

住宅やアパート借りる(キレイスタイルの賃貸物件)

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


住み替えのヒント:自分の家を高く売る「値つけ」の秘訣について。

◆査定額が適正かどうかを知る方法。

住み替えの検討を開始したら、まずは自分の家の査定から、である。仲介行業者に相談すれば、基本的には無料で査定をしてくれる。もちろん、その仲介業者を、その後利用する義理も義務も発生しないので安心してよい。査定のチェックポイントは以下のように多岐にわたっている。

・最寄り駅からの距離。
・敷地面積や間取り。
・マンションの場合は、区分所有の面積。
・建物内部の様子や傷み具合。

基本的には、その仲介業者が独自に持っている査定用のチェックシートに記入された上で、査定の為の売却価格を決めてくれる。その際に、近所の土地の相場、同じような物件の価格、マンションの場合には、隣の値段などの情報も参考とされる。仲介業者にそれらの値段を聞いてみて参考にするのもよい。

不動産の物件検索(http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/)
アパート・マンションは、一人ひとりの価値観も違う人同士が共同住宅に住むということ

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

マンション住み替えのコツ、新居購入の決定は売却価格がわかってから

December 06 [Tue], 2011, 23:40

住み替えのコツ、新居購入の決定は売却価格がわかってから。
買い替えしたいと思って物件を探すると、ちょうど希望に近い物件を見つけることがある。しかし軽率に現在の住まいを、すぐに売りに出すようなことはしない。まずは売り値であるが、購入予定の物件の価格を念頭に決めてはいけない。新居の価格や頭金が頭に残ってしまい、相場よりも高い価格設定をするとなかなか売却ができない、結果住み替えが進まない、という典型的な結果になる。しっかりとプロに査定してもらうのが大前提。

自宅を処分して新しい家を買うのは、いまの自宅が確実に売れるという前提での住み替えである。新居探しのベースは、今の自宅の正確な査定額である。その金額を元に手に入れることができる新しいマイホームを探すのが賢いやり方である。

マンション を大阪で探す(キレイスタイル)

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


物件選び:新聞広告の物件は割高なものが多い。
新築マンション広告などで新聞の1ページ全部を使った広告がある。

見聞きで派手に扱われている造成住宅地の売り出し案内等の具合、床や壁面、水田りなどのグレードが高く、高齢者対策にバリアフリー採用等の付加価値がある物件を紹介する。このような物件は割高なものがほとんどであると思った方がよい、新聞広告という高い宣伝費をかけても、元が取れることが計算づくであるということ。十分に利幅がとれる高額物件だと判断してよい。実際に新聞広告を出す理由としては、建設・販売会社自身のイメージアップになる物件が採用される場合がほとんど。やはり、割高な物件と思ってよい。

アパートや住宅を購入するには
マンションの防音対策:床材については遮音等級がL45以下がよい

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)