子育て中のママさん必見!!赤ちゃんがカーペットをハイハイすると喘息・アレルギーになる!?

December 19 [Sat], 2015, 17:27
カーペットと赤ちゃんの関係、聞いたことありますか?

私は我が子を産んですぐにこの事をお医者さんから聞いたのですぐに気をつけられましたが、
今現在、自宅でカーペットや寝具の上をハイハイする赤ちゃんがいるママさんには
絶対に目を通してもらいたい内容です。


赤ちゃんが体の抵抗が弱いのは周知の事実だと思います。

そして、カーペットや寝具には大量のダニが付着していることもご存知ですか?

最近はテレビでもだいぶこの辺りの事が取り上げられるようになってきているので、
敏感な方も多いと思います。


でもハッキリ言って、ダニがいない家なんてないと思いますよ。
どの家にも湿気、埃、温度は存在しますから。
まぁダニが原因で死んだ友達もいないですけどね(笑)


でもそれは大人だからなんです。
大人が布団にいるダニのせいで体が痒くなったりくしゃみが止まらなくなったりするのですから
子供が喘息やアトピーになるのも当然です。

ではそれが赤ちゃんだったら…?と思うと怖くなりますよね。


でもうちはちゃんと手入れしてるから大丈夫!という方にこそ知ってもらいたいのですが

ダニ退治には
・掃除機
・紫外線
・洗濯機
・乾燥機
・圧縮袋

などは効きません。

なぜかと言いますと…

・掃除機
ダニは物凄く小さな生き物ですが、爪はかなり鋭くなっています。
生地の繊維にその爪をしっかりとひっかけて
その上小さいので当然体も軽いですから、ダイソンの掃除機でさえ吸引するのは難しいです。
一匹も吸えないとは言いませんが、ほぼ効果無しです。
一説によると、ダニがあまりに小さいので吸い込んだダニが、
掃除機の排気口からまた逃げていくというのも聞いたことがあります。
恐ろしい話ですよね。

・紫外線
ダニは紫外線では死滅しません。
80〜120℃くらいの熱で死滅することはありますが、
外干しをしたからと言ってダニが死滅することはありません。
残念ながら、あのレイコップもダニには効き目がないということが最近叩かれていますよね。
あの紫外線も同様です。

・洗濯機
掃除機で言ったように、あの程度の流速ではダニを生地の繊維から引き離すことはできませんし、
水の中で死滅することもありません。

・乾燥機
熱で死滅するのは事実ですが、実際のところダニもそこまで馬鹿じゃないので
熱を察知した瞬間から逃げ始めるんです。
乾燥機の扉ってそこそこ密閉性が高く作られているように思えますが、
ダニにしてみればあのくらいの隙間は逃げられてしまいます。
逃げなければ退治できますが、実際は逃げられてしまいます。

・圧縮袋
圧縮したからと言って死にません。
残念ながら圧縮した上に乗っかり、足で踏んだとしても死にません。
ダニは本当に小さいですから、繊維と繊維の隙間に潜り込むだけで
潰れたりはしないんです。そもそも目視は出来ませんから…



そう思うとダニって相当厄介ですよね。

ダニの何が問題かと言いますと、
小さなダニがカビを求めて集まり、
更にそのダニを食べようとツメダニという少し大きなダニが寄ってきたり
その糞を吸い込むことによって喘息やアレルギー、アトピーになってしまうのです。


ましては赤ちゃんは私たちより遥かに床と近い距離に顔があり、
その状態で常に生活をしています。



じゃあ一体どうすれば良いのか?


私のおすすめは「おやすみミスト」というスプレーです。
あの有名な屋久島の杉の木から抽出したエキスをスプレーにしたものです。

木の香りって、人にとっては
リラックスできたり、イライラを抑えたり、集中力を高めたり
自律神経を安定させる効果があることで知られています。

しかし一方で、虫は嫌がる成分が入っています。
木は害虫から身を守る為に、あの独特の香りやエキスを出しています。

なので、このスプレーのいいところは人間には無害
むしろ良い効果をもたらしてくれて
ダニは嫌がって逃げていく(浴びると死滅するので、掃除機で吸引可能)
というところです。

拡散型のスプレー(バルサン)なども悪く無いのですが、
如何せん人体への害が否めません。


最初にも言いましたが、どこの家庭にもダニは潜んでいますし、
それは当然のこと。
何もおかしくないです。
でもなかなか日々のお手入れで駆除できないのも事実。


このスプレーだけでもダニの量が全然違いますよ。
私は愛用してもう半年くらいになりますが、
今のところうちの子は顔にボツボツできたりしていませんし、
赤くなったりもしていません。

手軽だし、とってもおすすめですよ。
気になる方は下記の公式ホームページからチェックしてみてください↓↓↓