ビーグレンでほうれい線を消す!しわにも効果があるんです!

July 21 [Thu], 2016, 16:18
ほうれい線はしわの中でも特に頑固だと言われていて、治すのが大変だと言われるものの、ビーグレンでほうれい線がなくなったという人の声が意外とたくさんあるんです。

ビーグレンでしわを消す効果がどれくらい高いのか?ほうれい線を消すのにビーグレンを使う意味はあるのか?詳しく検証してみました。



■ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因は、肌の弾力がなくなってしまうからです。本来ならば一時的にできる表情しわを元に戻すことができなくなっているわけです。

肌の弾力を担っているのは、コラーゲンです。肌に潤いを保つ役目を持っているコラーゲンは強い伸縮性があって、肌の張りを維持してくれるんです。



しかしコラーゲンの量が減ってしまうと肌に潤いがなくなってしまうだけじゃなくて肌のハリと弾力まで低下していまい、ほうれい線の原因となるんです。

コラーゲンの量が減るとさらに肌表面の角質まで乾燥して硬くなりがちです。その結果、肌から剥がれ落ちにくくなり、そうしている間にも次々と新しい角質が生成されていきます。



乾燥した角質層が分厚く積み重なることも肌の弾力を失わせることになるので、コラーゲンの量を増やすのがほうれい線解消には必要不可欠なんです。



■ビーグレンでコラーゲン増量

コラーゲンと言えば、食べ物にもたくさん含まれているし、肌に塗るタイプのコラーゲン美容液なんかもありますよね。

ただ、コラーゲンを口から体に取り入れても、コラーゲンは体中で使われる成分ですから、どれだけ肌に回るのかはわかりません。



それに、コラーゲンは分子サイズが非常に大きくて、肌に直接塗ってもほとんど浸透できないんです。せいぜい肌表面に薄く浸透して終わりです。

コラーゲンを肌に塗っても決して肌に定着するわけじゃなくて、一時的に肌の潤いを高める効果しか期待できないんです。



ビーグレンではそこで、あなたの肌が本来持っているコラーゲンの生成力を高めてくれます。保湿10-YBローションに含まれるEGFとFGFがコラーゲンの生成を促してくれるんです。

EGFとFGFが配合された化粧品は他にもいろいろありますが、浸透力が強化されていて、真皮層近くまで浸透できるのはビーグレンだけです。



コラーゲンを生成できる細胞は肌の奥に存在しているので、浸透力が強くなければ、EGFもFGFも本来の機能を発揮できないんです。

実際にビーグレンでほうれい線対策をした人の口コミを見てみると、早い人だと1ヶ月でしわが薄くなってきたという実感を得ています。



しわを本格て消すには通常、6ヶ月くらいは時間がかかると言われているものの、ビーグレンを使えばより速いタイミングでほうれい線を消せる期待があるわけです。

頑固なほうれい線だって跡形もなく消してくれるビーグレンのしわ消し効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓








しわができる原因 ビーグレンでしわができにくい肌へ!

July 21 [Thu], 2016, 16:16
しわができる直接的な原因はコラーゲン不足です。コラーゲンが充実していれば、皮膚は柔軟に伸びたり縮んだりしてくれるので、しわなんて出来っこありません。
では、なぜコラーゲンの量が不足しがちになるのかというと、一つの原因は加齢です。加齢によって細胞の働きが衰えてしまうんです。

年齢の影響は絶対にゼロにすることはできないものの、コラーゲンを壊したりコラーゲンの生成を邪魔する紫外線の影響を減らすことはできます。
日中に出かけるときにはしっかり日焼け止めをすることで、ほうれい線を始めしわができる原因を和らげることができます。

紫外線の影響がなくなれば、シミができるのを防いでくれるし、肌の中で活性酸素が生まれることもなくなるので、年齢に負けない肌を作りやすいですよ。