お供え物に果物が喜ばれる訳は?

August 31 [Mon], 2015, 21:12

う〜ん。法事なのに大切な用事が重なってしまった・・・・。

大事な法事に参加できずにバツが悪い気持ちになっているあなた。
心配することはありません。代わりにお供え物を送ればいいんです^^

行けないものはしょうがないです。よくあることです。



では法事に何を贈ればよいか。
お供え物に喜ばれるのがズバリ果物だという現実を知りましょう。

なぜなら、果物は他の食べ物と違ってアレルギーの心配もないし
好き嫌いが比較的少なく誰でも口に出来るものだからです。

法事に参加できなくても、少し高価なフルーツギフトなど、
普段の生活ではほとんど手が出ない希少な果物とか、
旬で新鮮なフルーツを送っておけば無難ですよ。


実際に私たち家族も親戚の法事に出られなかったときに、
宮崎県産の太陽のたまごをお供え物として贈って
かなり喜ばれましたし、出席するよりも好印象だったかも?

その時に使った通販がギフトパーク本店という
新鮮な果物をカットして販売している珍しいショップさんでした。


それ以来、自分用はもちろん、ちょっとしたお祝い事や
友人の誕生日や出産祝いなど多用してます♪
内祝いにも気軽に贈れて、ちゃんと喜ばれてます。

あれこれ考えて余計なものを贈ってしまうよりも
やっぱり食べ物でも果物が一番♪無難だと思いますョ。


最近の家庭は子供の好き嫌いを治さなかったり、
アレルギーの子が多かったりしますので、果物だったら
それらを心配することも無いので楽だし簡単!

法事のお供え物のときも果物送りましたし、
お盆の時も集まれなかったときにお供え物として果物が
やっぱり定番というか、それ以外に選択肢が無いという感じ(^_^;)


フルーツの入れ物は法事用のがちゃんとあって、
黒い籠(かご)を使った入れ物になっていて見栄えもイイ(^^)b


お供え物の果物といっても2千円から高価なものは2万円とか
いろいろレベルに合わせて選ぶことが出来るのでお勧めです。


法事用の黒籠フルーツセットが気になる!」と思った方は
下記の公式ページでご覧になってみてくださいね。

↓↓法事用に果物を贈るならこちら↓↓






故人をしのぶ法事のお供え物とは?

June 19 [Thu], 2014, 21:12

お供え物にも神式のとき仏式のときキリスト教など
いろいろ宗教上の理由でお供え物に相応しいものと
相応しくないものがありますよね。

日本人なら知っておくべきお供え物の常識(^^)

神式なら食べ物全般OK。
ただし蝋燭や線香はダメですよ。
常識的には果物とかお酒がベストですね。

仏式のお供え物でNGは肉、魚などの生もの。
これはダメです。

仏式で相応しいのは果物や個人の好きだった食べ物、
それからお線香、ろうそくもOKです。

仏式では灰色か黄白の水引、短冊には「御供」「御霊前」と書きます。
送り主の名前は下の段に記入しましょう。

キリスト教は言わずと知れたお花(生花)のみ。

お祝い用の果物も新鮮♪即納!

June 19 [Thu], 2014, 21:10

スイカ、梨、メロン、もも・・・
旬の果物は新鮮さが命ですからね!

当日配達もしてくれるギフトパークは
産地直送の新鮮フルーツでも送料無料なんです。

あ、マンゴー食べたい!

って思ったら即注文してみてくださいね!
即効で届けてくれてしかも美味しい!
旬だからこそ味わえるあの甘みとトロミ♪

年中オールシーズン、その時々の旬のフルーツが
手軽なお値段でいただける人気のショップさんですよ。