確認できた 

March 03 [Fri], 2006, 20:39
今日は、彼の優しさを確認できた。
それがよかった。

彼の優しさをすごく、確認した。
そうしたかったんだな、って思った。
確認したかったんだな、って思った。

やっぱり彼じゃなきゃだめなんだな、ってことを確認できて、
幸せを感じたりする。
あーやっぱりよかった、彼でって。
あーほっとした。

自分を癒してますか? 

March 03 [Fri], 2006, 12:23
師匠のメールでは「自分を癒してますか?」というメッセージがあった。
それで、自分を、癒してますか?

そうかもな・・・。
人のことはさておき、自分を癒さないとな・・・。

自分の好きなもの、を集める。
花を飾ったり、おしゃれをしたりしてみる。
そして、自分に優しく、人に優しく・・・、してみる。

自分に厳しすぎるのだろう。わたしは・・・。

魂の栄養 

March 02 [Thu], 2006, 20:19
さあて、魂に栄養を与えなくちゃ。。。

相手に敬意を表してなかったかも 

March 02 [Thu], 2006, 20:13
そうかもしれませんね。
わたしは、堅苦しく考えて、
相手に対して敬意というものを表してなかったのかもしれません。
そんなことがいま感じられます。
自分もそうして欲しかったのなら、相手に対してもそうしなければなりません。
そう、思います。
大切な関係を育んでいくのであれば、
それをしてゆくべきでしょう。
相手を責めるだけではなく・・・。
相手との心地よい距離をもって・・・。

彼も相当・・・ 

March 02 [Thu], 2006, 19:46
傷ついているかもしれないですよね・・・。
(でも、なんで?って思いもあるけど・・・。)

カードをひいたら、イゾルトをひいた。
カードには夫には一貫した敬意を表するように書いてあった。

そうか・・・。敬意を表さないとね。

大きな変化 

March 02 [Thu], 2006, 0:53
ほんとうに大きな変化をしたと思う。
なにもかも変わった。
なにもかも。

いままでのような、表面だけの、なにか繕うような感覚でなく、
もっと深く自分の人生に向かうような感じを受ける。
深く落ち込むことは、思わぬギフトがある。
意識的にそれをやりとげることはよいことだ。
誰にでも進められることではないけれど。
できるのであれば、徹底的に落ち込んでみるのもよいだろう。

今日は、自分の家の家賃の件とショップのやり方について、
明確な方向性がみえてきた感じがする。
これをひとつクリアーしてゆく。
楽しみである。

彼がどういったとか・・・ 

March 01 [Wed], 2006, 22:04
彼がどういったとか、誰かがなにかしたとか、
アルバイトさんが、取引先が・・・、
ということではなく、
とことん、自分が納得のいくショップにしたい、と思う。

そのためにひとりになる。
今回は自分が納得のいくようなショップにする。
誰かになにかを言われたからというようなことではない。
自分が納得のいくようなカタチでショップを運営する。
そして、誰かになにかをいわせない。

しっかりしろ。目を覚ませ。

ガイダンス 

March 01 [Wed], 2006, 17:20
それでもいいです。
たくさん泣いてください。
それでも許されますよ。
たくさん泣いて下さいね。
それは、あなたにしかできない仕事なのです。
つらくても、そこでがんばって、そこにいて、
自分の悲しみを受け止めてください。
あなたのいままでの経験や思い、
すべてをわたしたちはわかっています。
ですから、できる限り、わたしたちはそばにいて、
あなたを支えていますから。
だからそのまま涙をみせてください。
泣いているあなたをみせてください。
ただ、ただ、悲しく思うあなたをみせてください。
それを隠すことなく、それをごまかすことなく、
あなたは悲しいのでしょう。
あなたはずっと泣いていたのでしょう。
あなたは、ずっとがんばってきたのですから、
そのことについて、わたしたちは、あなたを認めています。
大丈夫です。泣きたくなったら、いつでもないて下さい。

時間がかかってもいいから 

March 01 [Wed], 2006, 13:41
ひとつずつ自分と折り合いをつけていこう。
いまどんなに苦しくとも、自分の中心にいて、
自分と一緒にいて、とりあえずひとつひとつできることをしてゆこう。

宮沢りえちゃんのように、
毎日ちゃんと生きていこう。
彼女は奇跡みたいな人だ。
荒川さんもそう。
奇跡みたい。

ひとつひとつ逃げずに、自分と折り合いをつけてゆく。

少しでも彼が 

March 01 [Wed], 2006, 12:20
少しでも彼が・・・
なにかに気づいてくれたらいいと思います。

考えてみたら、ずっと彼と一緒にいる必要もないかもしれませんね。
離れていた方が、相手に対してよいエネルギーを送ることができます。
これに少しずつ慣れていくことができれば。
わたしは、魂を表現したいだけだから。
自分の魂と恋をしたいわけだから。

わたしはわたしのなかでロマンティックななにかと一緒にいることができれば、
それで素敵なことだなあ、と感じます。
彼がいなくても、そういう時間をもつことができるでしょう。

P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:houhou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる