フェンディのレザーとファーの世界

April 09 [Sat], 2016, 12:47
ブランドのデザイナーで絶えず大風を遊んで吹いて、雲が雲の下ろす今日が起きて、くら替えして、人がいる人がいます...明らかに1みごとな長期協力は更にますます十分に貴重なことに見えます。私達がKarlLagerfeldに話が及んだ時に、無意識のように彼直接をChanelと連想していっしょにいて、すべてKarlLargerfeldしかしもっと早いのを忘れてFendiのアイデアの総監督を担当します。

2016年はFENDI創立する90周年で、ブランドコピー 代引きFendiにとって相当して重要です。特にいつもこれを迎えるため、KarlLagerfeldは今年少しとっくにFendiが初めて高訂隊列に参加するのを宣言して、今年に7月に高にレザーとファーのシリーズを決めるように出します。ちょうどFendiが日本市場に入るのも同様に第50周年で、ブランドもその他にPeekabooProjectがいっしょに祝いに来を出すでしょう。

ブランド動作しきりに、ブランドイメージの再生の策略です。流行する界でFendiはレザーとファーの同義語で、しかしFendiはレザーとファーの商品、ブランドの数年来いろいろと配置しかないだけではありません。男女の既製服、香水と部品を出して、更に環境保護意識の頭をもたげる時間で、転じて人造のレザーとファーを出します。
KarlLagerfeld1970年に代わってFendiの設計する手稿、彼が大胆に既製服の概念をレザーとファー設計に溶け込みが見えることができて、Fendiのために全く新しい姿を注ぎ込みます。新入生がどうしても俗っぽくて帰って向こうへ行きを少し見るのを話して、Fendiは1925年に創始者EdoradoFendi夫妻から創立して、1家がもっぱら皮の製品の部品の弊店をしてから。

それは精致な専門の皮革の技術が次第に名声に累積した後にで、Fendiは技術の上で更に古きを退けて新しきを出して、1938年に医者が包みを霊感にしてSelleriaシリーズのハンドバックを出します。1946年の後に一族の第二世代の5人の娘から協力で一族の事業を受け取って、後KarlLagerfeldがアイデアの総監督を担当するのを招聘してブランドの革新のために第1歩が変えるのをします。

角度をかえて考えて、50年続く協同関係はどうしても人にKarlすでに7、80の高齢を意識させました。KarlLagerfeldの活力はこの問題を更にこんがらがってはっきりしないにの見えるようです。一人の職業の生活、ほとんど2つ目の50年がなくて、まして更に瞬時に千変万化する流行する小屋なのはなおさらです。Fendiの50年はおよびKarlLagerfeldの次が驚喜するのを期待します。