願い事達成のために 

October 04 [Thu], 2007, 23:15
ともさかりえさんのブログで発見したゲームです。ご興味ある方は是非。よく分からないのだが、ブログやってない方は読まない方がいいかも?(アタシみたく小心者な方は、ちと慌てるはず)



このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたったの10分で願い事が叶ったそうです。



このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。


約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。



まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。




1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)



必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。




4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。




5)最後にお願い事をして下さい。




さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。


2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。


3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。


4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。


5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。


6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。


7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。


8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。


9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。


10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。


そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが、当たってませんか?

我が青春のZARD 

May 30 [Wed], 2007, 23:15
ZARDの泉水ちゃんが亡くなってしまった。

最近気に掛けていなかったけれど、18歳から23歳くらいまで、ZARDの曲はよく聴いていた。言わば私の青春時代を過ごした大切なアーティストと言っていい。

泉水ちゃんが40歳になっていた。ということにも驚いたけれど、子宮頸がんを患っていたなんて、、

私の泉水ちゃんのイメージはあの頃のままで、そのギャップにただただショックを受けた。

泉水ちゃんの音楽に励まされた私たちが、あなたに何もしてあげられなかった。それが悲しい。

大切な人を無くしてから思う。その存在はあまりにも大きかった。これからもずっと一緒に歳を取って、同じ世代を生きる泉水ちゃんの音楽をずっと聴いて行きたかった。

ZARDの好きだった曲、あれもこれも、沢山あるよ。
つらい時も楽しい時も一緒だった。ありがとう。
ずっと忘れません。

携帯より 

May 14 [Mon], 2007, 0:01
引っ越しの準備と引越でなかなか日記の更新が出来なかったのだけれど、ようやく新しい生活にも慣れ、ほっと一息。みんなが寝た後お風呂上がりに携帯を手にしました。

今日は母の日ということで、お父さんがちゃりに代わってカーネーションを2本買ってきて(コインと交換してきて)くれました。ありがと。

ちゃりも2歳かぁ。最近、ようやく何やらしゃべりだしたよ。
ちょうちょ、でんしゃ、おとうしゃん、おかあしゃん、ないねぇ、ごちそうさまでしたぁ、など。

最近のブームはジャンプ。「じゃっ!」と言いながらヤクルトジャンプを繰り返します(^^ゞ体が浮くのって楽しんダネ(^_-)-☆

そんなちゃり、昨日家の床で前のめりにコケて、前歯で下唇をザックリ遣ってしまった(>_<)
血がドクドク出て、焦ったぁ。暫くティッシュで押さえていたら止まったので大事には至らなかった。でも傷が痛々しい(>_<)

ふうかぁぁーー!! 

March 30 [Fri], 2007, 16:36
今朝、何気なく『いないいないばぁ』を見ていたら、最後のほうに"ことちゃん"という女の子とワンワンが出てきて

「これから、よろしくねぇ〜♪」とあいさつをした。

ワンワン!そんなにあっさりと!?
ウーたんとワンワンはそんなに簡単にふうかを忘れられるの!?

いつかはこんな日が来ると思っていたけれど、それはあまりにも突然やってきた。

ふうかちゃんの成長をもう見られないと思うと、とてもさみしい(;_;)

他の番組(例えばストレッチマンキッズとか)でもいいから、出て欲しい。

ヒット☆ 

March 30 [Fri], 2007, 14:55
ちゃりのパペット犬。私てきにヒットです(≧∇≦)

長い耳がバーコードおじさんのようになって面白い

かわいい顔に不釣合いな立派過ぎる歯

なんだか笑っちゃうのです。

節分 

February 04 [Sun], 2007, 19:55
お腹が空いていたようで、きゅうりとシーチキンの海苔巻きを大口でペロッと平らげました。

ご飯の後の豆まきではお父さん鬼に大号泣(≧3≦)ギャー!!

スロットで帰宅が遅くなった夫への腹立ち紛れに
『出て行けーー!!("鬼は外"ではない。ここがポイント)』と凄い剣幕で豆をぶちまけたから怖かったのかな!?

まだまだ小腹が空いているちゃりちゃり、その後豆を私の歳の数くらいボリボリ食べました。

お陰で今日はウ○チを4回・・・。
沢山食べたら沢山出るわけだわね(*^^*)

バドミントン 

February 02 [Fri], 2007, 15:04
去年から週1回バドミントンの練習に行っている。

これが楽しくてたまらない(≧∇≦)

何も考えずにただシャトルの行方を追っている時、上手く表現できないけれどなんとも楽しい。

練習にはちゃりを連れて行っている。
体育館は1駅向こうの、どえりゃー坂道の途中にある。
私はその道のりを、自転車にちゃりを乗せて、でへでへ言いながら走る。木枯らしが容赦なくちゃりの顔面を直撃する。(*_*)←コンナカオニナッテル

坂の中腹で自転車を止め、急な坂道をちゃりの手を引き、荷物を担ぎ、でへでへ言いながら上りきる。

行くだけでヘトヘト。でも、母は嬉しくて仕方がないのである。

体育館には大勢の母親大先輩のみなさんも練習に来ている。

ちゃりは1週間に1度会うくらいではまだまだ周囲の状況に慣れていなくて、着くなり大号泣。私から片時も離れようとしない。

持ってきたおもちゃやお菓子を総動員してちゃりのご機嫌を伺い、コーチにちゃりをお願いして母、練習開始。

が・・・バドミントンの基礎打ちの間中、泣きっぱなし゚(T^T)゚。
体育館に響き渡る、ちゃりの泣き声。
遠くのほうで、豆粒くらいのちゃりちゃりがこちらを見ながら泣き喚いている。

男のコーチには『男やろ!男のくせに泣くな!』と言われている。
(まだ1歳9ヶ月で、男たる者論を押し付けられて、男のコって辛いね(>_<))

ご、ゴメンネ、ちゃり。母の道楽のせいで・・・。

正直、自分の楽しみのせいで幼いちゃりに不安な思いをさせることに、かなりの葛藤があった。周りの人にもちゃりがいることで迷惑をかけているに違いない。

だのにお母さま方は『絶対練習来いね!全然遠慮することないから』と言って、代わる代わるちゃりと遊んでくれる。

おばさまたちはカラッとしていて、パワフルで底抜けに明るい。バドミントンも私とは年季の入れ方が違って上手い。

私はそんなおばさまたちのお言葉に甘えさせてもらっている。

子育て中は一日中赤ちゃんとべったりで、全てが赤ちゃん中心に回っていて、赤ちゃんのことしか考えてなくて、そんな毎日も私は気に入っていたけれど、1週間に1度、何も考えずにただ体を動かす2時間半がとても貴重で、ただただ楽しいのだ。気分は高校生(*^^*)ポッ

旦那さんが働いている間に自分は子育てほったらかして好きなことして楽しんで、ほんまええ身分やけど。

旦那さんの『いいやん。行ったら?』の言葉に甘えて、毎週いそいそと出かけている。

ちゃりはというと、1時間ほど経つとすっかり慣れて、色んなお母さんのところへ行って愛想を振りまいている。かわいい〜かわいい〜、とチヤホヤされ、ご機嫌だ。沢山可愛がってもらっていいねぇ、ちゃり。

最近は、小さい子供連れで吹奏楽の練習をしたり、そういうママさんたちのコミュニティーも広がっているらしい。みんなキラキラ気分は高校生で、日常生活にも張りがでてくるみたい。

そんな毎日が送れるのも旦那さまや地域のみなさんのお陰。日々アリガトウです。

カリオスタット 

November 29 [Wed], 2006, 16:25
先週行った虫歯菌の強さを見る検査の結果が送られてきた。

結果は『緑』(´A`)ヤッパリ…

「やや汚れています。おやつは時間を決めて、甘いおやつ・のみものはできるだけさけましょう。」

おやつの時間は決まっているし、甘いものはできるだけさけていた。でも・・・

毎日チュウしてるし、健診でも歯垢が付いているって言われていたし、最近前歯のおもてっ側を磨かせてくれなかったし、緑くらいの気ぃはしていたんだ。。

12月に入ったら歯垢を取ってもらいに行こう。
ついでにリンゴ酸もぬってもらおう。ガンバレちゃり。

にしても最近、ちゃりの抵抗がスゴイ。(≧3≦)ギャー!
今まで楽しく歯磨きできていたのに(-公- )

一番虫歯が出来やすいのはやっぱり「前歯」なのだそう。
スジが歯ブラシに当たったりすると嫌になっちゃうんだって。上唇をめくって磨くといいらしい。

で、歯磨きは1日1回でいいのだろうか。

保護観察からの卒業 

November 24 [Fri], 2006, 15:20
今日はちゃりを生んだ愛染橋病院での1歳半健診だった。

身長体重・頭囲胸囲を測り、問診に答え、先生と遊んだ後、私だけ別室に呼ばれた。(((( ;゚Д゚)))ドキドキ

『はい、いいですね。今日で卒業ですね。』と先生。

卒業キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

この日をどれだけ待ちわびたことか。
不安と戦いながら1年半ひたすら待ち続けました。
早産するということ、それがどれほど母子の精神的苦痛を伴うかが身に沁みて分かった。

病院を出る時、ちょうど妊婦が救急車で担架に運ばれてやってきた。1年半前の私を見ているかのようだった。
『大丈夫。きっと大丈夫よ。私もちゃりもこんなに元気だよ。』担架の上でうずくまる妊婦さんを元気づけたかった。

ここまで無事に元気に育ってくれて本当にありがとう、ちゃり。ちゃりと初めて会った日のこともう、つらい思い出じゃなく、嬉しい思い出にこれで出来るよね。

ある方のブログに載っていた歌を最後に転記させていただきます。(いっでん きばいもんそ!!より)

『願い』

瞳にうつる小さなキャンドルの炎 目を閉じればあふれる想い
こぼれてゆけ涙となって
小さな小さな本当に小さな 命に祈ってた ガラス越し
神様どうか この命が続きますようにと
押し寄せる不安かき消すように 何度も何度も長い道通いつづけた
流れる歌が負けそうな私に 明日を信じることで前に進めるんだと
教えてくれた
小さな小さな本当に小さな ぬくもりを抱いた腕の中
ごめんね ごめんね ただそれだけをくりかえし泣いた
何があっても負けないように 小さな体を胸に抱きしめた
きっと神様はよくばりな私に 本当に大切なものは
何かを教えるために この子を授けたんだ
今 母として この小さな命のために 何が出来るだろう
手をつなぎ 前を向こう 強く生きていこう
瞳に揺れる灯火 大きな命 小さな鼓動よ 時を刻み
力強く生きつづけますように
同じ明日を歩めますように

1歳半健診 

November 21 [Tue], 2006, 20:22
今日は柏原市の1歳半健診だった。

母は朝から緊張気味だった。
みんなは1歳6ヶ月でここに集まっているわけだけど、ちゃりは修正月齢で1歳4ヶ月。その差を感じるのが恐くて。

保健センターに行ってみると、ちゃりと似たような背格好の子供が沢山いた。手に届くものを触っては散らかしたり、あちこち歩き回ってお母さんを困らせている様子はちゃりと同じだ。安心した。
なかにはちゃんとイスに座ってるおりこうさんもいた。すごいなぁ、と思った。

同じ月齢の子たちがこんなに大勢集まることはめったにないので面白かった。

健診はというと、う〜ん。
いつもと違ってやっぱり緊張したのか、積み木は2つ積んであとはコップに入れたり出したり。
保健士さんにはバイバイしたけど先生にはバイバイできず(>_<)

歯科検診では歯ブラシで取れない歯石があるので歯医者さんで取った方がいいかもと言われた(>_<)
幼児の歯石はどうやって取るんだろう!?コワ〜。
歯は16本生えていて、歯並び噛み合わせ共にいい感じらしい。

身長は夢の80センチ越え(≧∇≦)
体重は10.9?s
成長曲線ど真ん中でいい感じ。

特に何を言われることもなく終了。よかった(*^^*)

それにしても待ち時間が長くて、ちゃりを追い掛け回して疲れたぁ〜(+_+)
他のお母さんもお疲れさまでした。

本番はしあさっての金曜日。ちゃりが生まれた愛染橋病院での健診だ。無事に卒業できますように。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hotmikan
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる