意匠申請 

2004年11月02日(火) 21時21分
本日も特許庁へ行く。
やっと意匠の書類が出来た。
文面自体は簡単だけど、図面の用意がとても大変。
結局写真にしたけど。
申請書の仕様としては、正しいけど、写真が心配。
却下は無くとも、補正が必要かも。
本日、16000円。登録料。
帰りに、渋谷で久々のパク森かれー。うまかった。

これで、やっと活動できる。
一応、本日BNY銀座店のデニム担当のお姉ちゃんと話してきた。
でも、本で評価低いみたい。
ターゲットは、
伊勢丹、エゴイスト、フェイクデリック、デリカかな。
1億5000万で俺のアイデアを買ってください。
俺にブランドを作らせてください。
俺は、3年間は手取り700万もらえればいいです。
3年目で、5億の利益出します。
その時は、利益の10%は、特別功労金で貰います。
3年で利益出せなければ、許してください。
成功したら、10年後には、札幌にラグジュアリーホテルを作ります。
その時は、会社は、引退します。
ホテルの一室をもらえれば、それでよいです。

履歴書・・ 

2004年10月13日(水) 0時46分
今日、とあるファッション系月刊雑誌に履歴書を送った。
いちおう、転職よう。どうだろう。
同期がイマイチ、ふじゅんなんだよなぁ。

だから、だめかもしれない。
言っておくけど、じろーらもじゃない。

俺嫌いだから。あいつ。

商標登録申請 

2004年10月10日(日) 11時45分
直接、特許庁へ行って見る。

雨だったので、人が少ない。入館チェックは厳しい。

申請は、フォーマットさえあっていれば、ものの5分で終了。
識別番号を発行してくれるそう。なんか、弁理士みたい。

ただ、申請書発行の控えとしてコピーとるんだけど、
そのコピー代30円。

おっさんがコピー取るだけ。コンビニだと10円。
なんか、おっさんの為に、20円払っていると思うと腹が立った。
コピーとるだけで、共済年金とかもらえるんかな。
うらやましい。

でかいし 

2004年10月06日(水) 11時11分
トリミングされてるし。最小で送付しないと駄目なのね。
言っておきますが、リングのパーツは、925シルバーです。

これです。 

2004年10月05日(火) 22時32分
でも、わからないでしょ。これじゃあ。

残念。

本当の一歩 

2004年10月05日(火) 10時34分
久々です。
やっとできました。ホテルへの第一歩が。

ブランド確立する為には、その製品がないといけません。
それができました。
当然、女子向けの製品で、アクセサリに近いものです。
原価が、4万強なので、製品化は、少し考えないといけません。

プロトタイプのインパクトとしては、結構大きいと思います。
大体、市場にない製品で、製品名称も存在しないのですから。

現状は、意匠登録と商標登録の準備中です。
商標はほぼ提出寸前。意匠は、ドキュメント内容を精査中です。
全部、発明協会のおじさんに指導してもらいながら作成しています。

さて、製品量産化への道は険しいです。徒手空拳で何ができるのでしょう。
そして、この新製品に誰が感度良く反応するのでしょう?

本当にクズのようなアイデアかもしれません。でも、
「流行んないよ。そんなもの。」と言われて、流行った例は、いくらでもあります。

私は、売り上げることよりも、オリジネータになりたいと思います。
誰もしていないことをするからこそ、価値があると思います。

そうじゃなければ、本当のブランドなんてなかなか成立しないでしょう。
UA等も今では、立派なブランドですが、「何作ったの?」「文化です」
って言うのもありかもしれないですが、まずは、「今までないもの」を物理的な
モノを作るが、一番、判りやすいし、納得されやすいと思うので。

ちかじか、写真をアップします。超マクロか超俯瞰かどちらかの撮影で。
とにかく、また、モノはばらすことはできないので。

では。


すみません・・ 

2004年09月01日(水) 23時15分
フォームと改行が合わず、とても読みにくいですね。
すみません。まあ、謝るほど読まれてないけど。一応礼儀で。

知らない人でもぶつかったら、謝るでしょ。同じです。
東京では、通用しないけど。

ブランド話の続きだけど。
作るだけが ブランドじゃないのよね。最近は。
そのモノに対する選択眼すらもブランドになってしまうから。
それがセレクトショップでしょ。

ニューヨークのバーニーズ
言った時は、緊張したなー。(リンクは日本ですが。)
パリのコレットは、日本製品が多くて、びっくりしたのとちょっとがっかり。
それぞれ、一級の選択眼がブランドになっている。
日本では、UAだろうね。やっぱり。

これだけ商品が多いと仕方がないですが。

でも、この世にないものは、自分で作りたい。少ないかもしれないけど、
同じ事を考えて、ほしいと思っている人は必ずいるから。
その人たちのために、その人たちに「これがほしかった」と、
言われたいがために、頑張りたいと思う。

んー。頑張るって言葉、嫌いだけど。

そんな感じ。

私は、ファッション月刊誌は、男子女子問わず、全部立ち読みする。
これほんと。

今月の感想:
VeryやStoryのドクモ。これこそがんばってクオリティ
あげてるなぁ。。と。
特に最近。
ちょい前のVeryはすごかった。亭主の金持ち自慢でしか
載りようがないもの。
そりゃー、着ている物は、綺麗だけど・・・、
着ている人の昔は綺麗だったけど・・。

今がきたないの・・本当に。無残だな・・と思って読んでいた。
怖いもの見たさで。。

お休みです。


わらしべ長者 

2004年08月31日(火) 10時06分
今というか、ずっとコンピュータの仕事してますが、イマイチ好きではありません。
昔は好きでした。VAX使っていたころは。今でも、史上最高のコンピュータだと思います。

でも、本当は、物作ることが好きみたいです。
・家具
・服
が興味あります。

突然話しは飛ぶようですが、GAL好きなんです。渋谷あたりのGALを見ているだけで、
ドキドキします。何がすきって、あのファッションは良いです。、エロカワ。
そこで、いま、アクセサリを考えてついたのです。これから、作る所です。
それが、突然ひらめいて。俺がGALなら、ほしい!と思うものが。

詳細は、いえません。多分、実用新案は申請すると思います。そして、
どこかのお店に権利を売るようにします。後は、売り上げのインセンティブでもらおうかなと。

また、ほかにもアイデアがあるので、一つ一つ、具体化して、権利を売れればなぁ。と思います。
人は、実物見ないとやはり、ドキドキできませんよ。
その実物のディテイルが、人の心を動かすとおもっていますので。
だから、アイデアだけではなく、自分で作ってみる。
そして、良いところ悪い所を明確にして、改善点とともに話し合っていく。
だって、お客さんが買うのは、アイデアではなく、モノですから。
そのモノの訴求力は、作り手が、どれほど、そのモノをちゃんと見ているか、
にかかっていると思います。その最ものモノがブランド製品です。

世には、ブランドを歴史や素材やマーケティングで作ろうと動いている所もあるようですが、如何にそのブランドがちゃんとモノを見て考えて作っているかでホンモノかどうかが判ります。
品質とは、ちょっと違います。品質はよくて当たり前です。
例えば、職人が如何に、鞄を作るときに、糸の捌きを気にしているか、例えば、糸がねじれたままでも縫うのか、それとも、糸の捩れを解きながら縫うのか。
そんな、些細かもしれない仕事のやり方が多分、オーラとなって商品から出てくると思います。
それが出ているのが本当のブランド製品だと思います。
消費者は、そこをなんとなくでしょうけど暗黙知として、ブランドを認証していくと思っています。

つづく。

電化製品 

2004年08月24日(火) 23時38分
今日は、客室に置く電化製品ですが。

パリのホテルスクエアです。
2年前に行きましたが、ミニマムな部屋の構成でよかったです。
SEIMENSのブラウン管の大型テレビがかっこよかったです。独特の形でした。

これからの旬は、プラマイ0リアルフリートでしょうなぁ。

でも、10年後だと。また、でてくるでしょうが。
基本的にヘルムートラングがミニマムデザインで作ると即採用なんだけど。

今日は、疲れているのでこの辺で。
ホテルスクエアの写真は、暇な時、アップします。

頭にきた 

2004年08月23日(月) 10時26分
昨日(書いているのは翌日)、すごくたくさん書いたのに、サーバーにアップしたら、
サーバー死んでて、全部、消えちまった。

やめたろうかな。こいつ。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hotelduneige
読者になる
Yapme!一覧
読者になる