イデアの浜辺

April 26 [Tue], 2016, 8:17
FXを始めたばかりの人は知識も経験もないので、負ける場合が多いです。FX初心者が負けないようにするには、損切りのポイントを設定することが重要です。また、1度の取引ではなく、トータルの損益を考えたほうがよいです。取引で9回勝っても、1度の大きな損失でトータルマイナスになることもあります。FXでリスクを負わないためには暴落のリスクを念頭において念頭においておくことが重要です。
暴落の危険性は低くてもリスクがゼロではないことを忘れずにトレードをしてください。FXに絶対という言葉は通用しないのでリスクがあるということも考えるようにします。

例えば、ドル取引は利益が出しにくいですが、その代わり、危険性も少ないです。FXで投資を始めるときに心に留めておきたいのがFXチャートから読み取る技術です。FXチャートとは、為替相場の動向をグラフの形にしたものです。

数字だけではわかりにくいですが、グラフ化が理解を助けます。


FXチャートを利用しないと利益をあげることは困難なので、読む技術を習得しておいてください。FX投資にトライする前に、所有通貨の数を決めておくという点も重要です。

所有する通貨の量をあらかじめ決めておき、それを超えるポジションは持たないでください。このようにしますと、勝利しても、利益は小額になりますが、損失も小額になります。

FX投資による利得は課税対象です。



その為確定申告が必要ですが、年間を総合的に見て利益を出せなかった場合にはしなくても大丈夫です。

とはいえ、FX投資を続けるなら、利益が出なかった場合とはいえ確定申告を行った方が好ましいです。
確定申告するならば、損失の繰越控除が使えるという事で、最長で3年間、損益を合計できます。



FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。


FX投資で得たお金には課税されるのでしょうか?FX投資による利益は法律上、「雑所得」とみなされます。
一年間の雑所得の総額が20万円以下であれば、課税対象となりません。

しかしながら、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告をする義務があります。

税金を納めないと脱税になってしまうので、注意してください。

FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、ですからどのFX業者を利用するかにより金額は違ってくるわけです。
その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり5万円あるいは10万円という会社も稀ではありません。

そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったり大きな額でスタートできる10000通貨の業者もありますが、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけばリスクを小さくできるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shun
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hotbhckgio5scr/index1_0.rdf