【 更新情報 】

スポンサード リンク

関西・京都でホタルの観賞

関西でもホタルの名所が多いのは京都。
京都には市内でもホタルを楽しむスポットがたくさんあります。
関西の中でもしっとりとした京都のたたずまいには幻想的なホタルの光が似合います。

京都のホタルの観賞スポットとして有名なのは哲学の道で、関西だけでなく全国から毎年大勢の人が訪れます。
他にも鴨川公園や嵯峨野、貴船などが知られています。

関西・京都でもホタルの住める美しい川を目指して幼虫の放流などの活動が行われています。
関西でも人気の観賞スポットの多い京都は、市内だけでなく宮津市の大江山周辺や田原など緑豊かな地域ではたくさんのホタルが見られ、祭りやコンサートなどのイベントも行われています。

京都はしっとりとホタル観賞を楽しむのにぴったりな街ですので、この時期旅行で訪れる方はぜひ楽しんでほしいですね。

ホタル観賞をする時は、静かにする、懐中電灯や車のライトなどで明るくしない、捕まえたり草むらを荒らしたりしないということをきちんと守ってくださいね。

関西・大阪でホタルの観賞

関西でもあちこちで見られるようになったホタルは、大阪の都心近くでも見ることができるようになりました。

関西でも一時期は河川の汚染など自然破壊が進み、ホタルの数は激減していましたが、自然保護への取り組みできれいになった川へホタルを放流するなどの活動も行われ、関西・大阪でもホタルの観賞できる地域は広がってきています。

関西・大阪では、新梅田シティ・中自然の森やビルの屋上に作られた公園ガーデン「なんばパークス」などにもホタルが放流され、都心で幻想的な光を楽しむことができますし、大阪・茨木市の住宅街にある西河原公園でも人口飼育させ放流した幼虫が成虫になった姿を見せてくれています。

大阪の都心では人口飼育や放流されたホタルですが、関西でも山あいの地域へ行けば、自然のホタルを鑑賞することもできます。

自然の中で見ることができる小さな集落のスポットなどでは、駐車スペースなどもないところもあるので、近隣の住民の方への迷惑にならないように気をつけることが大切です。

関西の「ホタル」祭り

関西でも「ホタル」祭りがたくさん開催されています。
5月下旬ごろから飛び始め7月中旬ごろまで見ることができ、それに合わせて「ホタル」祭りなどイベントもあちこちで行われます。

関西でもあちこちの観賞スポットで「ホタル」祭りが開催されます。
関西で「ホタル」祭りが開催されるのは6月上旬から下旬が多く、滋賀県米原市の天野川での「ホタル」祭りは有名ですし、大阪では都心にある新梅田シティ・中自然の森の「ホタル」祭りや、都島区の太閤園では癒しのコンサートなどさまざまな催しも開催されました。
中には関西でも7月上旬までホタル鑑賞ができるところもあります。

関西周辺では、三重県の大台町の内薗・栗谷・浦谷地区では7月7日までガイド付きの観賞会が行われていて、奥伊勢フォレストピアに宿泊か夕食を予約された方を観賞スポットへ案内してくれます。

関西では6月下旬が見ごろですが、関東北部や東北などになると7月から8月にかけてが見頃になります。見逃した方は夏休みに北の方へ足を延ばしてみるのもいいですね。

関西・兵庫でホタルを観よう

関西・兵庫にもホタルの名所はたくさんあります。

ホタルは毎年幼虫から成虫となる初夏のころ、2週間ほどの短い期間しか観ることができません。
関西・兵庫では6月上旬から下旬が見ごろとなっていますが、5月下旬から7月中旬まで年によって多少のずれがあります。

日本でホタルといえばゲンジボタルですが、日本では40種類、関西・兵庫では10種類ほどのホタルが生息していると言われています。
関西・兵庫でも一時期川の汚染や自然破壊などで激減していたホタルですが、自然保護への取り組みやホタルの放流などによって、多くの場所で見られるようになってきました。

関西・兵庫のホタルの鑑賞スポットには何もない小さな小川もあれば、ホタル祭りも開催されるなどイベントが楽しめるところもあります。

ホタルの里として町おこしの一環として祭りなどが開催されているところもあり、インターネットでもたくさん紹介されています。イベントなどは各地の市町村役場などに問い合わせてみると良いですね。

関西の「ホタル」の里

関西でも「ホタル」の里と呼ばれる名所がいくつかあります。

ホタルは初夏の風物詩。5月下旬から6月中旬にかけての少し蒸し暑い風のない曇りの日、午後7時くらいから8時ごろにかけて多く観られます。

関西でもいくつかある「ホタル」の里と呼ばれる場所。きれいな水にしか住むことができないので、関西でも「ホタル」の里と呼ばれるのは、水のきれいな自然豊かなところです。
関西の「ホタル」の里は、奈良公園の東大寺、和歌山県紀伊山地山麓の龍神村、、兵庫県養父町などなど・・・。

少なくなったとはいえ、関西でも山あいの地方など自然の豊かな場所では幻想的な乱舞を楽しめる「ホタル」の里はたくさんあります。

都会に作られた自然の森などにもシーズン前に放流してホタル観賞ができるところも多くあるようですが、和歌山県紀ノ川市にある鮎やドジョウも住む清流・貴志川のほとりにあるきしべの里公園では、珍しい養殖のゲンジボタルを観ることができる、「ホタル」の里となっています。
P R
カテゴリアーカイブ