2週間ぶりに@携帯 

2005年07月17日(日) 14時37分
 (可愛い系?の)I先生でした。
赤外線が終って、券立てに券を立てて、
椅子に座って待ってたら、
I先生「ちよっと待っててね」
って言われて、2〜3分待って、呼ばれたよ。
I先生「どう調子は?」
「金曜日、バイトで食品のライン作業をやったんですけど、
最初はどうにかついていけたんですけど、
痛くなってからはついていけなくなって…
テーピング巻いて貰ってたんですけど」

「ライン作業ってあんまりやらないほうがいいですか?」
I先生「そうだね、ライン作業は次から次へと
ひっきりなしにくるからやらないほうがいいね」
って感じの会話を。

日曜日にして(理学療法室)は暇だったらしく、
いつもあんまり話さないんだけど、
赤外線をやってた一人の患者さんと
話してたよ。

慢性してる… 

2005年07月14日(木) 17時12分
 約3週間ぶりにケアーマネージャーのK先生でした。
昨日、マネージャーに聞かれた質問をしてみたら、
ちょっと悩んでこんな↓答えが返ってきたよ。
・絶対に重いものはダメ
・やるんだったら、テーピングをして、
その上に包帯を捲いてガチガチに固定してやるとか、
ちょっと高いけど、スポーツ選手がしてるサポーターをしてやるしかないね。

・一生とは言わないけど、慢性しちゃってるから、
重い物を持つと今はすぐ痛みが出る。

こんな感じで結構、答えてくれたよ
K先生は「答えにはなってないですけど」って言ってたけど。
年内はダメだろうなぁ、慢性してるってことは。
ってことはライブも結構ヤバイよなぁ
ライブが近くなったら、聞こうっと。

可笑しかったぁ(笑) 

2005年07月11日(月) 17時34分
 今日のクリームマッサージの先生はT先生でした。
月・水・木の週3日しかいない先生なんだけど、
面白かったぁ(笑)
T先生「どこをやってるの?」
「膝と肘を」
T先生「膝と肘だけ?じゃぁ、膝からやろう。
足伸ばして。伸ばすと痛い?」

「伸ばすと足首が痛いんですよ」
T先生「何したの?」
「家、高台にあるんですけど、外の階段であと2段のところで下に…」
T先生「落っこちちゃったんだ」
「落ちそうになって慌てて手摺に掴まって」
T先生「落っこちそうになったんだ」
「そのときに足首を捻ったんじゃないかってI先生に言われて」
T先生「何でお前が知ってんだって言えばよかったのに」
「前に話したのを覚えてて、この間院長先生に診てもらったら、
腰じゃないかっと」
こんな感じで会話(?)をしたよ。
ってか話してなくても、先生にツッコめないよね。
話してないのに知ってたら、ストーカーじゃんねぇ
それにあと2段で上りきるところで、下に落ちたら後頭部打ってるし、
下手したら死んでるっていうの

考えてもいなかった 

2005年07月09日(土) 18時16分
 院長に診察してもらって、レントゲンを撮って、
診察室に入って院長「一時的な坐骨神経痛だね。
ビタミンの薬出しとくから。心配しなくて大丈夫だから」
って言われたんだ。
で、リハビリの先生M先生に呼ばれて、
カルテを見ながら話を聞いてたら、「椎間板ヘルニア」っていう判子が
押されてたよ
言ってることとカルテに書いてあることが違うっていうのが
すごい不思議なんだけど。
M先生「何か運動やってますか?またはやってましたか?」
「中学校のときに部活で卓球やってたくらいです」
M先生「もしかしたらそれが関係あるかもしれませんね」
って言われて、
ホットパック・低周波・干渉波・赤外線・肘&膝のマッサージか
腰のタオルマッサージのどっちかっていうふうになったよ。
う〜ん、腰自体は痛くないんだけどなぁ。
で、腰自体は痛くないから、クリームマッサージを選んだよ。
そしたら、またまた(尚成投手似?の)I先生だったよ。
ってか今週、月・木以外全曜日I先生だったんだけど。
因みにレントゲンもI先生。
こういうのは親の遺伝とか関係ないみたい。
だから余計にショック

(無題) 

2005年07月08日(金) 17時02分
 今日は(尚成投手似?の)I先生でした。
くるぶしを触ると痛みが走ることを言ってみたよ。
I先生「何かしました?」
「家の外の階段で」
I先生「あぁ仰ってましたね。
そのときに捻ってるのかもしれないんで、
1回診てもらったほうがいいかもしれないですね」
って言われたよ。
う〜ん、どうしようかなぁ!?
もう少し様子をみて月曜日診てもらおうかなぁ。
来週は日・月・土曜以外バイトの予約入れてるし。

かばってる 

2005年07月06日(水) 18時01分
 本日、2度目です。
院長に診察してもらったら、「左足のあとからついてくるね」
って言われたよ。
クリームマッサージの先生は昨日と同じI先生。
I先生曰く「怪我してなくても痛いっていうだけで
かばっちゃうから、自分ではひきずってるつもりなくても、
足だから目立っちゃう」
らしい。
薬はオステラック200とノイエルカプセル(胃薬)が処方されたよ。
やっぱ階段から落ちそうになったのが関係あるみたい!
いつもはカルテに肘とか膝の絵を書くんだけど、
今日はそのことを書いてたよ。

踝は痛くないんだけど… 

2005年07月06日(水) 12時21分
 踝を触ると膝や足首に痛みが走るのは何故
先週の土曜日、家の外の階段を上ってるときに
落ちそうになって捻ったのが原因かなぁ!?
今はこの言葉って差別用語だから使っちゃいけないんだろうけど、
お母さんとの会話なのであえて使います。
母「Kさんのお父さんに会った?」
「うん、会ったというか後姿だけ見たけど、なんで?」
母「足びっこ引いて歩いてた?」
「サンダルがあたって痛いからそう見えたんじゃない」
っていう会話を。
自分では足引きずつって歩いてるつもりないんだよね、痛いけど。
今日は診察医院長だから診てもらおうかなぁ。

ジンジンとヒリヒリの間 

2005年07月05日(火) 17時30分
 今日は診察券を受付に出して、物療券&番号札を受取るときに、
昨日、I先生に言われたことを聞いてみたら、支店に聞いてみて
って言われたよ。
(因みにマネージャーの答えは労災うんぬんだったら要るけど、
これからの仕事紹介に関しては要らないですって。)
クリームマッサージの先生は(尚成投手似?の)I先生でした。
I先生「どうですか?」
「ジンジンする感じで」
I先生「ジンジン?痺れますか?」
「痺れるっていうかジンジンとヒリヒリの間なんですけど」
I先生「ジンジンとヒリヒリの間ってどんな感じだろう。
温めても変わらない感じですか?」

「あんまり」
I先生「何か持ちました?」
「食器くらいです」
I先生「無理しないで。膝は?」
「階段上ってるときとかが」
って感じで終ったよ。

診断書 

2005年07月04日(月) 17時10分
 今日は(可愛い系?)のI先生でした。
I先生「調子どう?」
「今日、外寒いじゃないかぁ」
I先生「そうですねぇ」
「寒いと痛いです」
I先生「寒いとね」
「あの、作業確認の電話のときに毎回内勤スタッフに症状は?って
聞かれるんですけど、中身的には自分ではわかんないじゃないですかぁ。
毎回聞かれても困るんですよ」
I先生「そうだね、診断書書いてもらって出した方がいいかもしれないね」
「マネージャーとかは大丈夫ですか?で終るんですけど、
たまにいる内勤スタッフだと症状は?って聞かれるんですよ」
I先生「気まずいよね。ずるで休んでるわけじゃないし。
その旨を説明して診断書書いてもらった方がいいよ」

っていう会話を。
こうなるんだったら、最初に診断書書いてもらうべきだったのかなぁ
診断書、保険利かないからね。
いくらかかるんだろう
明日、受付の人に聞いてみよう。
それで検討しようかなぁ。

プチ情報は… 

2005年07月03日(日) 12時03分
 今日は日曜日なのでリハビリの先生は2人でした。
ケアーマネージャーのK先生と(尚成投手似?の)I先生。
因みにクリームマッサージの先生はI先生でした。
I先生「どうですか?」
「家、高台にあるんで、家に入る前に外に階段があるんですけど、
落ちそうになって、慌てて(手摺を)掴んだときに
捻った感じになって…」
I先生「あぁ、肘が」
「足なんですけど」
I先生「くにゃって…それは(足のカットバンを見て)
そのときの?」

「このサンダルです」
I先生「サンダルって意外と痛いんですよね。
昨日からここに来るまで素足にサンダルなんですけど、
当って痛いんですよね」

って会話を。
そんな先生の出勤時のプチ情報を聞いてなんの意味というか
うちは何て言えばいいんだって感じだよね
だいたいさぁ、サンダルって素足で履くじゃん。
とかで働いてる人は違うけどさぁ。
外で履くサンダルは素足でしょねぇ、普通。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hospitaldiary/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hospitaldiary
読者になる
Yapme!一覧
読者になる