飛騨高山〜花見遊山〜

August 31 [Wed], 2016, 12:57
昨年の飛騨高山ウルトラから1年、本来ならウルトラでまたここに来るはずだったのだが、大病を患ったため今回はかみさんと一緒に観光で来ることとなった。ウルトラが目的であるとあまり観光はどうしても二の次になるので、そんな意味ではいい旅となった。ただ出戻り台風10号にはハラハラさせられた。雨が当初の観光地を変更する羽目になったがそれはそれで楽しい旅になった。

昨年に開通した北陸新幹線で富山駅まで行き高山線に乗り換えて高山駅に降り立った。昼前には着いてしったので隔世の感がある。昨年来た時には高山新駅舎を建替中だったので今回は新しい駅舎が見られると期待していたのだが完成は今年の12月ということ。期待していただけに少々ガッカリした。

宿泊先は高山パークシティホテルというペンション?で、一旦荷物を置かせてもらい高山市内を観光する。高山市内は思ったより狭いので半日歩いて回ってもいろいろなところに行ける。ペンションの奥さんに聞いたところによると、ここ高山市は京都の建築を手掛けた大工の棟梁が多く、また江戸の家屋も作っていたとのことから、江戸と京都が融合した粋な街になっているとのこと。高山はまさに歴史が作った街だった。

観光案内所でいただいたパンフレットをもとに高山の街をひとまわりした。京都と比べるとかなり小さな町で半日あれば主要な場所へは一通り行ける。特に造り酒屋のある古い町並みは私達を江戸時代にタイムスリップさせてくれた。夕方5時にもなると昼間あんなに賑わっていたお土産屋がピタリと戸を閉め人の姿がほとんど居なくなるのには驚いた。まさに田舎の町である。さらに日が暮れた後の町並みがこれまた良かった。道路から街路灯が出ているのではなく家の外灯が街路灯として機能しており、なんだか私の生まれる前に時代ににタイムスリップさせてくれたような雰囲気が心を和ませてくれた。

一日目の夕飯はペンションではなく駅前近くの「陣代」でうなぎ釜めしを食べた。旦那さんと奥さんが気持ちのいい人でまた高山に来る時は必ず寄ろうと思っていた場所である。昨年たまたま入ったこの店でウルトラに出る福島さんという人と一緒になり盛り上がった。偶然にもその人とごみちゃんが友達で、さらに泊まっている宿も一緒だったという偶然。さらにスタート地点でも会うという偶然のオンパレードでした。店はつい数日前まで旦那さんが腱鞘炎で2週間ほど店を休んでいたとのこと。今は回復したということだが、いつまでも元気で仕事を続けて欲しいものだ。おかげ様でオリンピックをじっくりTV観戦できました(笑)とは奥さんの話でした。いいこともあったんだと旦那さんの回復を安堵した。

高山城址公園はすごい高台の場所にあった。天守閣も石垣もない普通の公園である。石垣は幕府が再構築を恐れたため崩して他に移動させたとのこと。他の城址にあるような石垣を期待して行ったのだが少し残念だった。高山城址公園はさびしき敗者の城跡であった。

二日目は天候をにら見ながら予定通り新穂高ロープウエイに向かった。台風が懸念されたのだが天候は良い方に裏切られ日差しの強い天候となった。
第一ロープウエイを登ったところで第二ロープウエイが強風のため運行中止になっていた。再開に希望を持ちつつ遊歩道を散策した。いろいろな虫や植物を楽しんだ。それでも再開のめどは立たず新穂高ロープウエイを後にした。
今回ロープウエイとバス料金がセットになった切符を買った。その中にスイーツと温泉が入れるサービスが付いていた。スイーツはあまり期待していなかったのだが出されたドーナッツとコーヒーは暖かくて美味しかった。湯船の中から見える傘岳は綺麗だった。
第二ロープウエイが動かなかったため帰りにバスターミナルでその分払い戻しを受けた。

街を散策中、商店街でお祭りがあり道端で地元の工芸品などが販売されていた。楽しく見て通り過ぎるつもりだったが、気がついてみるとコーヒーカップをお土産に買っていた。やはり旅は人との縁が楽しい。自宅に帰りそのカップで帰って飲んだコーヒーは一味違う味がした。

二日目の夕食は飛騨牛のステーキだった。ことの外うまかった。朝の朝食にでた料理といいこの夕食といい味付けはベストで食事は◎でした。今回お客は我々夫婦以外に一人だけでした。だからなのか奥さんといろいろなお話を伺うことができた。気がついてみれば11時半を回っていた。今は亡き旦那さんの話も聞くことができました。自分と性格が似ているところもあり生きているうちに一度お会いしたかった。最後には地域の話を集めたライブラリを見せていただいた。帰りにはその一部をまとめた本をいただいた。帰ったら読んでみようと思う。

三日目の朝は雨だった。台風が来ている先の旅行はすすまなかったが三日のうち二日雨が降らなかったのだから一日くらい雨でも仕方がないと諦める。だが雨の中白川郷に行っても楽しめないと思ったので帰りの金沢で観光することにした。そこに行く高速バスは時間指定で取ってあり変更は難しそうだったのだが、濃飛バスのターミナルで交渉し変更をしてもらった。本来はキャンセルして買い直すらしいのだが、金額も行き先も変わらず時間だけの変更だったので無理を聞いてもらった。助かりました。

金沢は帰りの新幹線に乗るために行く予定で観光まで想定していなかった。白川郷で過ごす5時間を金沢への観光に充てることにした。駅中の観光案内所でパンフレットをもらい検討した。

金沢は金の加工で有名なのでその案内所兼販売所へ行く。ここ金沢は戦中焼失を免れており昔ながらの家屋がたくさん現存しているらしく、高山に劣らず江戸のいい雰囲気を味わうことができた。各観光地区では江戸の風情が再現されており気持ちの良い空間で生活出来ることが羨ましい限りだ。
金の加工品は小さなものはワッペンから大きなものは襖までありとあらゆるものに施され展示されていた。本物の金の持つ輝きはやっぱり荘厳の一言である。それにしても金細工をここまで昇華させた先祖には敬服するばかりである。

この後金沢城に行ったのだが雨が時折強くなったり止んだりと観光には最悪の天気。それでも金沢城の玉泉院丸庭園は素晴らしかった。出来たばかりの庭園であるが、茶室から眺める安らぎと瑞々しい木々の趣が新鮮だった。古い庭園もいいが新しい庭園にも新たな感動を覚えた。

短い時間での観光ということで今回はバスの一日フリーパスポートを使った。観光地図で見ると個々の観光地が近いような気がしていたが、結構離れていたのと雨が降っていたのでずいぶんと助かった。

帰りの新幹線では、3日間の旅を思い出しながら金沢駅で買った駅弁の「柿の葉寿司」と「笹寿司」を味わった。やっぱり旅に駅弁はいい。日本人に生まれてよかった!

体のオーバーホール

August 22 [Mon], 2016, 12:46
大動脈解離を患ってから体調が優れない。
もう一年も経つというのに毎日すっきりしない日々が続く。
健康って素晴らしいことだと改めて気付く。
背中と腰の筋肉が張っているような状態が1年近く続いている。
慈恵医大の先生は大動脈解離とは直接は関係ないというがそれ以前はそんな症状が続くことはなかったので疑ってしまう。一度近所の整形外科に行ったのだが結局分からなかった。
こんな時にどこに行けば原因を探してくれるのか。今の病院のシステムは原因不明の病気に関してはお手上げである。

そんな中、俊平に鍼灸マッサージをしてもらった。初めて本格的にやってもらったのだが体が蘇生したような感じで気持ちが良かった。背中の張りが取れ、右肩の痛みが取れたのにはびっくりした。都合2回ほどやってもらったのだが肩の痛みは完全に無くなった訳ではないが著しい改善があった。すごいの一言である。
やはり60歳を超えるといろいろなところにガタがくるのか、今回の鍼灸マッサージは体のオーバーフォルをしてもらったようで気分が良かった。
俊平が静岡に行ってこの仕事を始めてから3年いい鍼灸師になったと思う。俊平にはこれからもっともっと精進を願う。東洋医学の可能性を追求していって欲しい。

びんずる祭りへ行く

August 07 [Sun], 2016, 11:59
6年前長野の串カツ屋「只今」でびんずる祭りなるものを知った。この店は友達の山の従兄弟がやっている店でびんずる祭りのウチワをもらったことが今回のびんずる祭りへ行くきっかけとなった。かみさんのリクエストで今回のびんずる祭りとなった。しかし嵐のコンサートや日取りの勘違いも重なり当日の祭りは見ることは出来なかった。

しかし前夜祭の雰囲気は味わうことはできた。串カツ屋「只今」で夕食を兼ねてその店を訪ねた。店の周りは前夜祭の喧噪でにぎわっていた。小布施見にマラソン以来だったがマスターは私を覚えていてくれた。うれしかった。山が予め予約しておいてくれたカウンターの席で食べた。その場で揚げる串揚げは野菜のうまさを引き出していて、アスパラガスとレンコンが特にうまかった。
話は前後するが串カツ屋「只今」へ行く前に駅で山と一時間ほど会った。いろいろ用事があり今回はいっしょに食事をすることが出来なかったが久しぶりに色々な話をした。自分の大動脈解離の話をしていたからか、何年か前に山も心筋梗塞でカテーテル手術をしたことを話してくれた。この年になると色々健康に不安なことが出てくるものだと感じた。

びんずる祭りのある日は(夕方3時頃からスタート)渋温泉に行くことにした。本当はレンタカーを借り中島家に寄って良ちゃんにお線香を挙げてこようと考えていたのだが、あいにく予約がいっぱいで今度にする。よって湯田中には長野電鉄で行くことにした。

同じ時期にかみさんの職場のカワワさんが渋温泉に行くと行っていたのでもしかしたら会えるかと思って行ったのだが、果たして本当に会えたのはびっくりした!奇跡です!!


渋温泉は猿の入浴CMで有名になった温泉で、あまり有名な温泉でないと思っていたのだが、千と千尋の神隠しの舞台となった温泉宿があるとかでその前で記念撮影もしてきた。
本来の目的である野猿公苑には今年の6月に生まれた子猿がいっぱいおり、物怖じしない愛くるしい姿しぐさは微笑ましいかぎりだった。CMでは冬場の寒い時に湯に浸かっている姿をながしているのだが、季節的に期待していなかったけれど、それを差し引いてもオリのないま近で見る猿のしぐさは新鮮でした。

動物をオリにとじ込めてしまう人間の身勝手さが無い分猿は伸び伸びしており、それを眺める人間も清々しい気持ちで猿を見ることが出来るのではないだろうか。
ここでは飼育員が自然の猿に餌ずけをしており別段飼っているわけではない。集まった猿を見るところなのだ。観光客には餌ずけを禁止している。それが観光客と猿の共存を生み出しているのだ。観光客が餌ずけをすると猿は人間を襲うようになるのだそうだ。日光の猿がその例なのか。

公苑では猿が人間をあまり意識せずに振舞っている。近くに寄ることが出来可愛い写真が撮れた。

東京マラソンを走って

February 29 [Mon], 2016, 12:24
東京マラソン、時間が掛かったが何とか無事完走できた。
ほっとしてる。
応援してくれたみんなに感謝しています。



本当は病気の療養でマラソンはダメなんだろうけど
東京マラソンぜひ走りたかった。
次はいつ当選するか分からないから。
今回はほんとうに走りたかった。
それにしてもこんな時に当選するか?
神様の気持ちを知りたい。

ただやみくもに走った訳ではない。いろいろ病気のことを調べて
リスクを軽減しながらトレーニングを重ねて行った。
はじめの3kmは歩きだった。
何か起きはしないかと心配しながらのリハビリだった。
30kmのトレーニングを出来るようになるには5ヶ月ほど掛かった。
7kg減った体重は徐々に増えていった。
それがそのまま体力となっていった。
それにしても体力というものは付けるのはすごく大変で努力が必要だが
落ちるのは早くて簡単だということを体で知った。(笑)

出走直前にニュースで大阪で車が歩道に突っ込み3人が亡くなるという事故が起こった。
自分と同じ大動脈解離で運転手が運転中意識不明となり数十人が怪我を負い3人が亡くなるという不幸な事故が起こった。
そんなこともあり一番心配掛けたのは嫁さんだったかもしれません。心配かけました。
でも何事もなく本当に良かった!

5時間25分25秒掛かったが無事完走することが出来ました。
制限の7時間を覚悟していた割には上出来のタイムだった。
病み上がりにしては早く走れたかな。(笑)





ただ大動脈解離での影響かどうか、腰と背中の調子が終始良くなかった。
力が入らずフルスロットルできない体はけっこう重かった。
いまは療養中と認識しているのでこんなものでしょうか。

それよりも背中の調子が良くならないのが気になる。
背中の張りが引かない、嫁さんと娘に時々指圧してもらうが痛くなる。
MRIの検査で何か見つかればいいのだが。

天気は暖かく最高でした。
雨や雪でなくて本当に良かった!

今回はメールやFacebookでみんなから元気をいただいた。
やる気が出た、みんなの気持ちがすごく嬉しかった。
それにしても凄いツールだと思う。
こんな簡単に情報を共有できるとは。
いい時代になったものだと思う。
元気を共有できるツールとしてみんなに広めていきたい。

東京マラソンを明日に控えて

February 27 [Sat], 2016, 17:03
憧れの東京マラソンのスタートにやっと間に合った。
これが自分の今の心境だ。

大動脈解離というとんでもない病気になり
一時はもう走れないのではと希望を失いかけたこともあった。
しかし走ることの素晴らしさを捨てきれず
リハビリと称してのトレーニングを続けてきた。

側からは無謀と思われたかもしれないが
いろいろな知識を得て自分の体調を見ての行動だった。
けっして無茶はしなかったつもりだ。

おかげさまでマラソンを走るだけの体力が戻り
フルマラソン練習が出来るまでに回復した。(表面上は)
東京マラソンに当選していなかったら
走ることを諦めていたかもしれない。

私にとって走ることはいろいろな人との出会いの場だ。
こんな素敵なことはない。

いろいろ心配し応援、協力してくださった方々には本当に感謝です。
明日は心から走りを楽しんできたいと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:HOSOYan
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・Musicラン- 癒しの力
    ・Mac- Apple最高!
    ・Cabツーリング- 小バイク旅行
読者になる
【参戦したマラソン大会】
・青梅マラソン
・荒川市民マラソン
・武蔵小金井公園マラソン
・みさとCityハーフ
・いわて銀河ウルトラ50km
・小布施見にマラソン
・えちご・くびき野ウルトラ
・スイカロードレース
・白井梨マラソン
・戸隠トレールラン
・板橋Cityマラソン
・長野マラソン
・野辺山ウルトラ
・いわて銀河ウルトラ100km
・チャレンジ皇居50km
・東京柴又100k
・葛飾RUNフェスタ21km
・飛騨高山ウルトラ100km
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像HOSOYan
» 大動脈解離 (2015年11月15日)
アイコン画像おおひらふみぽん
» 大動脈解離 (2015年09月19日)
アイコン画像HOSOYan
» 飛騨高山ウルトラ2015 (2015年07月07日)
アイコン画像おおひらふみぽん
» 飛騨高山ウルトラ2015 (2015年06月29日)
アイコン画像HOSOYan
» オブマラレンジャー20 (2013年08月14日)
アイコン画像TOSHI
» オブマラレンジャー20 (2013年07月26日)
アイコン画像HOSOYan
» 東京柴又100Kウルトラ (2013年06月23日)
アイコン画像みなみ
» 東京柴又100Kウルトラ (2013年06月17日)
アイコン画像HOSOYan
» 東京マラソン歩道ラン応援 (2013年03月05日)
アイコン画像TOSHI
» 東京マラソン歩道ラン応援 (2013年03月04日)