癒しの惑星

February 18 [Fri], 2011, 20:45
 西洋占星術のホロスコープを作成し、占われる方の状態をリーディングすることがあります。
通常、リーディングに使うのは下の10惑星です。

太陽 (自己、自意識、顕在意識、父、夫、精神)
月  (無意識、潜在意識、幼少時の環境、母、癖、肉体)
水星 (コミュニケーション能力、言葉、器用不器用、少年時に得意だったこと)
金星(女性性、恋愛。受動的な快楽。美的センス)
火星(男性性、肉体的な恋愛。能動的な快楽。スポーツ、攻撃、獲得、野心)
木星(社会性、ラッキーなできごと、ボランティア、慈愛、拡大)
土星(社会性、アンラッキーなできごと、制限、冷酷、固定)
天王星(集合的無意識、ひらめき、突発的なできごと、事故、アクシデント、革命)
海王星(集合的無意識、幻想、ファンタジー、夢、境界線をあいまいにする、詐欺、中毒)
冥王星(集合的無意識、創造のための破壊。人智を超えた強制的な力。運命。死と再生)

誕生時の10惑星の位置関係をリーディングすることにより、その方の方向性をリーディングします。

そして、現在の10惑星との位置関係をリーディングして、現状を見ます。
その他に補助的に、小惑星を使うことがあります。私が使うのは、小惑星キロン。
土星と天王星の中間の軌道を回る星で、やや彗星的でもあります。

別名「デッドヒーラーの星」といわれ、占星術師、セラピスト、ヒーラーなどにも適性のある星です。
トラウマ、傷、痛み、恐れ、不安なども表し、確かに刺激すると痛い星です。
人によって、星同士の配置の関係で、それほど意識しなくても済む人もいれば、キロンを解読しないと
ホロスコープ全体の意味がわからなくなる人もいます。

取扱注意、の星なので、私もいきなりキロンを読んだり取り扱ったりはせず、
ここにあるな、と念頭において10惑星のリーディングからはじめます。

占われる方のホロスコープの配置によって、キロンを取り扱うか、そっとしておくか決めます。
もちろん、占われる方の今回の相談内容や、様子も考慮にいれます。

触ると痛い星なのですが、避けて通れない場合は、リーディング内容をお伝えしています。
キロンの発する痛み、傷を意識することにより逆に、楽になる方もいるからです。
痛みでしか癒せない痛みもあるようです。
治療のあと、マッサージの後のような解放感を感じる方もいるようです。

取扱注意、の星ではありますが、私は癒しの惑星、と読んでいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一色 緑
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hosinosasayaki/index1_0.rdf