第20トイレ 緊急事態 in 自宅のトイレ

April 30 [Tue], 2013, 0:02
去る、2013年4月28日(日) 21時過ぎ

自宅トイレから父の叫び声が・・・

なんだろうと思い

声をかけてみると

「鍵が開かない!」とのこと



『はっ!?』



鍵をガチャガチャしても

ドアの取っ手もガチャガチャしても

確かに開かない

隙間からよく見てみると

鍵というより

取っ手に連動して引っ込むドア側面のでっぱりが

引っ込まなくなって開かない模様


5分くらい厚紙でシュッシュしてみたんですがびくともせず

だんだん父がキレてドアを破ると言い出したので

管理会社のコールセンターに電話。

休日夜間に来てくれる鍵屋さんを手配してくれるとのこと

父を適当になだめつつ

待つこと約30分

鍵屋さん到着

ドアの中で取っ手と出っ張りをつなぐ金属棒が折れて引っかかったのでは

ということで

なにやらガチャガチャ始め

途中、道具を追加しに行ったり

鍵の仕組みについて雑談したり

そんなこんなで約30分ほどでしょうか



鍵屋さんの勝ち誇った顔!

ゆっくりと開くドア!!

無事、父は出てくることができました。


その後、壊れた部分を外してもらい

休み明けに管理会社と相談して

交換してもらう感じにしました。


金属棒ではなくバネが伸びて引っかかっていた模様


出っ張りを外した側面


本来取っ手は床と平行の位置なんですが部品を外したためグラングラン



閉じ込められてから解放まで

1時間20分ほどですかね


鍵屋さん曰く

トイレとお風呂の鍵は使用回数や水気等で

壊れやすい個所だそう

今回は同居の家族がいたからよかったものの

一人だったら危なかったとも



私は普段からトイレに携帯電話を持ち込む癖があるので

いざという時、助けを呼べますが

あんまりそういう人いないんですかね


みなさんもこれからは自宅のトイレやお風呂に入る時

携帯かパソコンを持って行きましょう!




さぁ、そんなこんなで

現在、我が家のトイレは鍵がかかりません

第19トイレ au

August 09 [Thu], 2012, 0:26
au

エーユーじゃありません

「あう」です!!



『エリアなかいち au』

所在地:エリアなかいち
条件:できたてホヤホヤ施設
面積:さすが観光を意識した施設!それなりです
特徴:職員のバックスペースみたいな感じ

第一印象:おぉ、正面から入ると職員さんに見られて恥ずかしいな・・・
清掃:さすがホヤホヤ!きれい!新しい!
飲食:ビールと枝豆




こないだオープンしました、

エリアなかいち内にある施設の一つです。

このエリアなかいち、結構いい雰囲気で

洗練されすぎてない感じが割とお気に入りなんですが

詳しくはホームページでも見てやってください★




さて肝心のトイレですが

新しくてキレイ

そして、まぁだいたいの必要設備は問題なく揃っておりました。

うん、よしよし。無難無難。


あぅ!!

ここセンサーの反応抜群!!


便座から腰を浮かした瞬間、流れる〜〜

センサーに感知してもらうために

手を振り振りする必要ナッシング

ここまで反応いいと

今までのトイレのセンサーは、なんだったんだって話ですよ。



そしてここの手洗い場、

私はじめて、泡で出てくる自動ハンドソープを体験いたしました。

トイレのハンドソープというと

あの緑のが多いですが

あれ薄めてたりするんですかね

よく泡立たないのに結構遭遇しますが
(まさか泡立たないほど私の手が汚いなんてことは・・・)

そんな危惧もナッシング

ここまで見ると、かなりいいトイレに思います。

が、

手洗い場の鏡の向かいに姿見が・・・

しかも合わせ鏡にならないようにか微妙にずらして置いてあって

見えそうで見えなくてちょっと見えちゃう状態

【図】 −−−−(手洗い)
     −−−(姿見)

う〜〜ん

あと利用者結構いると思うんですが

エアタオルが1個なのも、ちょっと不便ですね。



  【総評】
ショッピングエリアや美術館などと隣接している建物のトイレです。
夏場はビアガーデンが開かれ、今年は竿燈の妙技会もここで行われました。そう、ここは秋田の新しい集客施設として期待されている場所なんです。観光パンフレットも充実していますし、キッズプレイコーナーもありちょっと立ち寄るにはなかなかいい場所でした。ただ正面入口からすぐ職員カウンターがあり、その前を通らないとトイレには行けないのでただトイレを使うためだけに入るのはちょっと気おくれしてしまいますね。来年、美術館が本格オープンしたら、来客者はもっと増えると予想されます。秋田市民はもちろん、たくさんの県外客が訪れるトイレとして、このキレイな状態を長く保ってほしいと強く思います。








テーマ:1 ■ビール飲み比べ

February 17 [Fri], 2012, 22:58
こんにちは2012年ですね。

私ももう今年で○歳です。

そろそろ、その場の勢いではなく

お酒をおいしく飲めるようになりたいお年頃ってやつです★

特に!苦手なビール類を!!
(一口でオェーーってなっちゃう)

その苦手なビール!をseijyukuした大人の証として!

誕生日に!一気飲みしてやりたい!!


というわけで、【5日連続ビール祭り】を開催し

春の誕生日に備えたいと思います。

目指せ!ビールが飲めて尚且つ味の違いがわかる大人★




【1日目】
初日ということでノンアルで軽〜く肝臓にジャブを入れてみました
記憶に残る苦いビールを水で薄めたような味がします
が、これでも私にとっては十分ビール味です
ビール・発泡酒・第3のビール・ノンアルビール、この4つの味の違いはわかりません

まぁ、1缶飲めました(2時間半くらい)
本番は明日からです・・・



【2日目】
コエドビール、名前は聞いたことありましたがはじめて飲みました。
ビールです。
味って言われても「苦い」「濃い」「薄い」くらいしかわからない・・・
でもなんか、これはキレイな感じがします。全体的に。
バンレンタイデーなのでチョコを食べながら飲みました
一般的にチョコに合うかどうかはわかりませんが、
個人的にはしょっぱいお菓子よりは合うなぁと思いました

1缶飲めました(2時間くらい)



【3日目】
なにが桜なのか、よくわかりませんでした
チューハイみたいに桜(桃?)の味がするわけじゃないですね
甘かったらよかったのに
でもきっと、他のビールに比べたらフルーティなんだと思います

連日ビール飲むなんて(しかも一人で!)
ほんの少し前じゃ考えられなかったんですが、イケるもんですね
そんなに心理的抵抗はないです

1缶飲めました(2時間くらい)



【4日目】
スッキリしてます
口当たり、のど越しは水みたい!
苦味もそんなになくてスルスル入ります
薄いってこと?これでも十分ですが
「小麦のビール」ってことは普通のビールじゃないんでしょうか

1缶飲めました(1時間弱、眠かったのでがんばって飲みました)



【5日目】
苦っ!なんか濃い
これがビールのコクっていうやつなんでしょうか
あぁ、自分の吐く息が苦い
缶にしっかりと、驚愕の苦味って書いてました
ビール好きはこれくらい苦くないとなんですね

飲めなくはないですが、1缶はきついです
缶のデザインは好きなのに・・・

まだ飲んでます(2時間半経過、ギリギリですが飲みきれると思います)




さて、現在進行形でビール祭りは続いておりますが
(飴の消費量が激しいです)

みなさんの応援もあり

無事5日間あきらめることなく行うことができました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


正直、味の違いはよくわかりませんでしたが(まだまだ未熟ですね)

なんとなく各ビールの特徴みたいなものは

わかるようになった気がします。

書かれたキャッチコピーを見る→飲む→理解する

みたいな。

人間、やってみたら意外とイケるもんですね★



これを隔週くらいで行えたら、

誕生日には余裕でビール一気できるような気がしてきました!


この研究の結果を

誕生日にupできるよう、

これから、日々こっそり研鑽を積んでいきたい所存です。

乞うご期待!!

なぞ‐1 雨とキャベツ

December 15 [Thu], 2011, 23:49
最近、なぞなぞやっていますか?


しりとりの次にヒマつぶしとして行われるなぞなぞ

Wikipediaによると、日本で最初のなぞなぞは宇治拾遺物語の

嵯峨天皇(786~842年)が出題した【「子子子子子子子子子子子子」の読みは】だそうです。



さてここで一問

問い【上は洪水、下は大火事、これな〜んだ?」】

有名ななぞなぞですね。答えはそう「お風呂」です。


しかしこのなぞなぞ、これは湯船にお湯を溜める(沸かす)文化のある日本だから成り立つ(解ける)ものであり、シャワー文化の国からみたら「・・・え???」ではないでしょうか


このように、なぞなぞにはその国または地域の文化・慣習・認識等が密接に関わっているものが多くあります。
というわけで、各国のなぞなぞを見ることで

異文化理解の一助になるのでは

というほど大げさなものではなく、
まぁ、「へ〜、あの国ではあれのことそう思っていたのね」くらいの気持ちで見ていきたいと思います☆





■答え「雨」
 
 問い

日本【天と地で綱引きをするものなんだ】
台湾【1本の竹があって天まで届く長さでハエも蚊もとまらぬもの】
タイ【緑鮮やか木々は緑、葉っぱはなくて種ばかり、なあに】←種metはつぶ(雨の)という意味も持っている
フィリピン【呼ばれて来てみりゃ、すぐ嫌われる】←呼ぶ=雨乞い
モンゴル【足なくして歩き、目なくして泣く】←前半は雲を指す
アフガニスタン【銃だよ。地面に落ちるが上には上がらないものなあに】←銃って??
 〃 【ジャングル(森)を洗うのはだあれ】
トルコ【雲が私の母で、風が父、川は娘です。私がいないときは人間は私を探しますが多すぎると嫌われます】
イスラエル【それが来ると「ようこそ」とみんなが言う。でもビックリして走って逃げる】
ロシア「森より背が高く、穂より細いもの」
ベラルーシ【細くて長いのに落ち込んだら草のかげになってみえないのは】
アゼルバイジャン【天で始まり、地で終わる】
アルメニア【天で生まれて、地で滅びる】←アゼルバイジャンと地理的に近いせいか似ていますね
ポーランド【家の周りに来てチプチプというもの】←cip cip
 〃 【私がいないと私を求め、私がいると私の前から逃げる】
ハンガリー【この世で一番強いかもしれないもので、どんな生き物よりも古く、時には翼で高く飛び、
         空の旅に飽きると、涙で地表を洗うものは】←ハンガリーは雪が答えのなぞなぞが多いです
フランス【私はよく求められ、待たれる。私が姿を見せると人は姿を隠す】
メキシコ【地上から天に昇り、天から地上へ舞い降り、
       神様でないのに、神様のように心待ちにされるものなあに】

こうして見ると、雨への主な認識として
・「天と地の間にあるもの、」
・「土地のためには降ってほしいが、人は濡れたくない」
・「植物を潤す」
・「細長いもの」
・「そのた」
に分かれているようですね。

ポーランドのは、cip cip=雨の降る音という語学知識がないとわからないものですね。
日本に置き換えると、【家の外でしとしとといっているものはなんだ】という感じでしょうか。



■答え「キャベツ」

 問い

モンゴル【79枚の着物を着ているけど1つもボタンのないもの】
トルコ【小人くらいの身長しかないくせに、お父さんが持っていそうな大きなターバンを頭に巻いている】
ベラルーシ【顔につぎあて、針はない】
アルメニア【服は12枚、どれも留め金はなし】
チェレミス【1人の子どもが100枚着ている】
エストニア【一人の紳士、背中に100枚のマント】
ラトビア【70枚も上着があるのに、どの上着もボタンがない】
リトアニア【1本足で立つ奥さんは100枚も着物を重ね着している】
フィンランド【つぎあての上につぎあて、縫い目はなし】
ポーランド【ボタンなしで70枚のドレス】
ハンガリー【つぎあてだらけなのに針で縫ったのではないものは】
ルーマニア【私は頭と身体の区別がなく、いつも1本足で立っています。
         数え切れないほど持っているシャツを全部着ています。私はなんでしょう】
イギリス【頭の中に心臓(heart)があって1本足で立っているもの】
ドイツ【畑のあぜに一本足で立ってるよ。ねじれた髷して、心はおつむに秘めて】
マルタ【カーペットを取り除けば取り除くほど美しくなるものはなにか】
カナダ【1本足で立ち、その頭の中にハートがあるものはなあに】
プエルトリコ【帽子の上に帽子、すてきな布の帽子。今から1年の期限の間に私がなにか当ててごらん】

・「服の重ね着・縫い目や留め金はない」
・「一本足」
の2つにわかれていますね。
欧米ではこれに「頭の中にハート」が加わる傾向があるようです。
*キャベツ(cabbage)の語源は、フランス語のcaboche=頭


しかし、「服の重ね着」のみを挙げている国は、玉ねぎとの混合が懸念されると思いますが、
玉ねぎのなぞなぞとの区別はどうなっているんでしょうね。

また気になるのは、
モンゴルの79、アルメニアの12、ラトビア・ポーランドの70という数字
これは日本で言う『八百万=たくさん』と同じだと考えていいのでしょうか。

キャベツの例に日本のなぞなぞがないので、なんとも言えませんが
私の中ではキャベツに対して「一本足」という発想はなく、
「青虫」や「しわ(葉脈)」といったキーワードの方がすぐ浮かんできました。

モンシロチョウがキャベツに卵を産みつけるイメージって、外国にはないのかしら・・・


さぁ、

ずいぶん長くなってしまいましたが

こんな感じで、これからもなぞなぞについて考えていきたいと思います。



最後に、私のお気に入りのなぞなぞを一つ

問い【木から木へ飛び移る白いものは?】オランダより

答えは次回の≪私となぞなぞ≫の記事で!

では、また〜




参考図書
「世界なぞなぞ大辞典」
編集:柴田 武
    谷川俊太郎
    矢川 澄子
発行:大修館書店

全国トイレシンポジウム in 横浜

November 12 [Sat], 2011, 22:07
2011年11月12日(土)

神奈川大学にて、

【第27回 全国トイレシンポジウム】が開催されました。

私もひょんなことから、参加することになり

2泊3日で横浜まで行ってきました!!



9時半〜18時というなかなかの長丁場でしたが

「う〜む」、「なるほど」、「へ〜ぇ」な話が多く

最後まで興味を持って聴くことができました。
(最後、腰が爆発するかと思いましたが・・・)


こちら↑が会場

神奈川大学はじめて行きましたが、
広〜いんですね!敷地の真ん中に普通に公道あるし

会場に入ると

グットトイレ選奨のパネルや
各企業のブースなど色々な展示があり

パンフレットをたくさんもらいながら席へ

ふと周りを見ると、みんなスーツ!?
企業の人かな?私もスーツで来ればよかった・・・


そんなこんなでドキドキしていると、
ついに始まりの時間に

今回のテーマは
「市民の命と暮らし/災害とトイレ」です。

それでは僭越ではありますが、少し内容を紹介させていただきます。

こちら↑は台湾の先生(建築系)による基調講演の様子

台湾はトイレにおいて非常に先進的であり、
2010年公布の公共建築物衛生設備設計手冊を中心に
多目的トイレの設計・配慮等についてのお話がありました。



こちら↑は自衛隊の方による東日本大震災時の活動報告

テレビでは救助や物資運搬ばかり取り上げられていましたが、
仮設トイレの支援などもしてくれてたんですね。
今回は発生時から、どういった経緯や情報により後方支援が行われたかの説明があり、
少し難しい内容でしたが、これは本当に聞けてよかったと思います。



こちら↑は神奈川大学にきている留学生参加の座談会

出身国と日本のトイレ事情の違いをはじめ、
留学生が必ず間違うあるあるネタ
みなさん、写真とか話をちゃんと準備してくださっていて、
とてもおもしろく聞けました。
確かに、和式トイレには「??」なポイント多いですよね。


以上のほかにも、

■横浜市の支援報告及びそれを踏まえた今後の備蓄等の計画

■工学院大学による帰宅困難者受け入れの報告と首都圏直下型地震のシュミレーション

■南三陸町の中学校の教頭先生が体験した、ライフライン停止時の避難所のトイレ対応

等、

今まで知らなかった、想像できなかったトイレに関する貴重なお話ばかりでした。

行けてよかった!!



さて、ここで

そもそもなんで行ったかということなんですが・・・


冒頭ちょっと書きました、「グッドトイレ選奨」

これに当ブログを応募しましたら(これにも長い経緯があるんですが省略)

まさか!選んでいただきまして

会場にパネル(これも作成に短い経緯があるんですが省略)を設置していただけることになり、

それで、運営の方からせっかくなので来ませんかとお声をかけていただいたという次第であります。


そして、会場に展示してもらっただけでも光栄なのに

あらあらまぁまぁ

奨励までしていただきまして!

なんかもう、恐縮しきりです。


最後、聞いたところによると、

今回はじめて一般からの応募をOKにしてみたら
それにまんまと応募してきたのが、私だったらしく
「これは!」ということで紹介してくださったみたいです。


このブログ
停滞しながらも、続けていた甲斐がありましたね★



ということで、シンポジウムのレポートでしたが

来年以降も参加できればいいな


そしてこのブログも、今回のことを励みに

これからものんびり各地のトイレを紹介し続けていきたいと思います。




第18トイレ 北海道 札幌

November 07 [Mon], 2011, 20:57
 
初☆北海道

きゃ 知り合いの結婚式に出席するため北海道に行ってきました。

結婚式がそりゃあもう、ステキで

まぁ、その模様は一旦置いといて、



さて、北の大地の w/c は・・・


『札幌 二条市場近く橋の上』(ちょっと合ってるか自信ありませんが)

所在地:札幌駅より徒歩20分くらい?
条件:夜は開いてないらしいです
面積:こういうトコにしては大きい方かと
特徴:うっすらしたガラス張りで外見は◎

第一印象:あれトイレ?あらー、洒落てること!
清掃:人通り多いとこですが、ままキレイでした
飲食:ゼリー飲料


二条市場で海鮮丼を食べたあと、駅に向かう途中で発見

外見はガラス張りで、

女性は写真左側から男性は右側から、多目的トイレは真ん中から入ります

さっそく入ってみると、入り口に張り紙があり

どうやらココは夜は22時か23時までらしいです(記憶あやふや)

24時間使えないのは不便ですが

たしかにココが夜中まで開いていたら、きっと溜まり場みたくなりそうですもんね。

それは危険です。

中はごく一般的な公共トイレでした。

個室は3つ(だったはず)、男児用の小便器もありました。

「うん、普通」と思い、特にもよおしていなかったので足早に退散

・・・と思っていたら!!!

個室に入った友達が

出てくるなり一言

「紙がなかった!紙がなかったよ!!」

えーーーーー!?

よく聞いたら、ペーパーホルダーもなかったとのこと

ということは

ココには常時紙がない??

女性はポケットティッシュの所有を確認してからじゃないと

入れませんね。

こんなとこに、危険が・・・


(近くにオブジェもあり、とってもステキ)



 【総評】
初めての海を越えてのトイレ訪問☆
平日の日中でしたが人通りも多く、チラチラ見てるだけでも何人か使用していました。道端の公共トイレにしては広い方かと。少し歩けば札幌駅や大通り、時計台などの名所もあり観光で行けば、ここを使用する機会がみなさんあるかもしれませんね。地元の方は川沿い(創成川?)を散歩コースにしているようでした。観光客に多く使用されるということ、イタズラや浮浪者の夜間立ち入りを防ぐという面から、夜間使用禁止&トイペなしは致し方ないですね。ただし!トイペの件については、入り口にデカデカと掲示をするなどして、使用前に確実に把握できるようにしてもらわないと絶対ダメです!今までも困った人たくさんいたんじゃないかしら(私の友達はポケットティッシュを持っていたので事なきを得ました)北海道は日本でも有数の観光地ですから、常に一見の利用者の目線に立って整備をしていただければと思います。

第1回 顕微鏡買っちゃった

October 25 [Tue], 2011, 22:18
なんかおもしろいモノないかな〜

と思って

通販サイトを見ていたら

ありました!

コンパクト顕微鏡(60~100倍)!!

これは絶対おもしろいでしょう

ということで、即買い。

さっそく手近にあったものを覗いてみました・・・

パソコンの横に置きっぱなしの食卓塩

花(コスモス)の芯のアップ。なんだかわからない

赤い実の、実と花芯(?)の付け根。雄蕊と雌蕊かな

ちょうどいた小虫。体長2〜3ミリで飛ぶやつ

みかんの皮の内側。白いトコ

毛糸で編んだ顕微鏡入れ


塩が一番きれい★


ってかコレ、覗く前の写真も撮っておかないとダメですね。

しかし、こんなによく見えるなんて

手軽で、非常におもしろいです。

雪の季節が楽しみになってきました。

次はナニを覗こうかしら

第17トイレ フレスポ御所野

October 14 [Fri], 2011, 19:41
ふ、フレスポ?

フレスポってどういう意味??

『フレスポ御所野』

所在地:御所野
条件:フレスポ内ya-yaさん隣
面積:ん、普通
特徴:パウダールームがっ

第一印象:外のベンチがかわいい
清掃:よし
飲食:ケンタッキー+ポテト


意外や意外、装飾のない

アッサリしたトイレでした。



しかし!ここで特筆すべきは

そう、パウダールーム!!


秋田では見たことないですね〜

こんな広くて大きな鏡があるトコは。

イスがないのが逆にスッキリ

化粧道具一式を広げても、まだ余裕♪

着替えもできちゃう?

と思いましたが

ドアやカーテンがあるわけではないので

それはダメですね。


【総評】
ここは以前、職場に近く敷地内においしいイタリアンがあるのでたまに行ってました。ある日、トイレに入ってビックリ仰天!『こんなんだったっけ!?』 白めの照明は明るさも十分で清掃もしっかりされていました。いいんですけどね。いいんですけど、こういった小型のショッピングモールでしたら、もう少し冒険して特徴あるトイレにしてもいいのになと感じました。
しかしここ、駅からは遠くバスの便も悪く、自家用車での来店を前提とした立地。ここまで広いパウダールームに需要があるかは・・・。







このサイトについて

October 01 [Sat], 2011, 21:40
本日は当ブログ

「私と自由研究」にアクセスしていただき

ありがとうございます。

簡単にですが、こちらのブログの説明を下記いたします。

閲覧の際のご参考になさってください。



【概要】
2007年5月 私と干し梅 スタート
2008年9月 私とw/c に改編
そして、
2011年10月 私と自由研究 にリニューーアル

ということでリューアルしました当ブログ、いろいろ興味があることについて、積極的に調査・考察・紹介していこうという趣旨で新たに初めてみました。
が、しかし、そんなちゃんとしたものではなく、小学校の夏休みの自由研究のような気持ちで気楽にやっていけたらと思っています。
たま〜に思い出した時にでもアクセスしていただければ幸いです。



【各カテゴリについて】
左列のカテゴリアーカイブからご覧いただけます。

■私と自由研究→なんかいろいろ、1回限りのテーマ
■私と干し梅→干し梅を食べた感想
■私とw/c→トイレ訪問記録
■私と顕微鏡→コンパクト顕微鏡(60~100倍)で見たモノ


今後、増やしていけるようがんばります。



【コメントについて】
毎日更新しているブログではありませんので、コメントに対する返信が遅くなることが多々ございます。
ご了承ください。



少しでも楽しんでいただけたらと思います。

どうぞごゆっくり〜


第16トイレ ミルヴェ

May 06 [Thu], 2010, 21:35
お久ぶりです。

久しぶりすぎて、書き方を完全に忘れました。
(管理者用ページも全然変わってたし


『秋田市大森山動物園 ミルヴェ』


所在地:秋田市大森山
入場料:大人500円(年間パス1200円)
条件:正面ゲート横
面積:見た目よりは狭いな…
特徴:この春リニューアルされたばかり

第一印象:入口のドア、でかっ!
清掃:ま、許容範囲
飲食:シシカバブ−


ちょっと諸事情がありまして

一人で動物園に行ったのですが

ちょうどトイレが改築されたばかりと聞き、

さっそくのぞいてみました。

どれどれ、中は…

意外と狭いですね。

あのドアからして

高速のパーキングのトイレくらいあると思ったのですが

まぁ、園内にもう何箇所か設置されているので

このくらいの広さでも大丈夫なんでしょう。

個室も少しゴミが確認できますが

目立った汚れもなく
(改築されたばかりなので当たり前ですね)

ただ、内装が寒々しいのが気になりますね。

これ冬には相当寒いことでしょう

壁のタイルを茶色もしくはオレンジ系にするなどの

配慮があってもよかったのではないでしょうか。

手洗い場が二つあるのですが

この段差はオシャレ?と思いましたが

よく考えると、

きっと大人用と子供用ということなのでしょうね。

こういった工夫は家族連れの多い動物園には

非常にうれしいですね

そしてこの張り紙が

どのトイレにも貼ってありました。

紙おむつを流す人が多いのでしょうか

利用者側のモラルが問われますね。






【評価】
動物園内という立地に関わらず臭い(トイレ臭・獣臭)がまったく気にならなかったので、その点は非常にすばらしいと思いました。ただやはり、残念な点として、せっかく改築したのですからもう少し特徴のあるトイレにしてほしかったというとこがありますね。これでは本当にただ新しくしただけです。
ミルヴェも園内にミニアスレチックを造ったり、ミニ遊園地を稼働させたりと集客に頑張っているようです。今後もトイレを清潔に保つことで多くのお客さんに安心して利用してもらえるようにしてほしいですね。応援しています。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:K子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
ゆっくりしてってよね
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像K子
» 特別編  古代のトイレ (2010年01月06日)
アイコン画像ゆうこ
» 特別編  古代のトイレ (2010年01月05日)
アイコン画像K子
» 特別編  古代のトイレ (2009年09月30日)
アイコン画像B3
» 特別編  古代のトイレ (2009年09月30日)
アイコン画像K子
» 第15トイレ 秋田城跡公衆トイレ (2009年09月29日)